スポンサーリンク

コスメとメイクを愛するみなさま、こんにちは。

室長のすこみみです。

 

もうすぐ敬老の日ですね。

みなさんはもうおばあちゃまやお母さまへのプレゼントをお決めになりましたか?

 

ある調査では、

現代のシニア女性の約8割が必要最低限以上のメイクをしており、

さらに7割近くの方が、今の自分に合ったメイク方法を知りたいと考えている

ことがわかったそうです。

 

でも実際は、メイク方法を知りたくても

どうやって化粧品を選んだらいいかわからなかったり

いろいろと勧められるのが苦手で、化粧品店で買うのがお嫌いな方もいらっしゃるはず。

 

また、ご家族に「いい歳をして」といわれたらどうしようとか、

恥ずかしいとかいう気持ちをお持ちの方も

いらっしゃるかもしれませんね。

 

みなさんの大切なおばあちゃまやお母様が、

「いつまでもキレイでいたい」「おばあちゃんといわれたくない」と

そっと抱いていらっしゃる美への欲求が、

そのような理由で叶えられていないなんていうのはとても残念です。

 

そこで今回は、

敬老の日に大切なおばあちゃまやお母様にキレイの魔法をプレゼントしよう!

というテーマで考えてみようと思います。

 

今年の敬老の日にプレゼントしたらきっと喜ばれる、メイクや化粧品など

大切なおばあちゃま・お母様がキレイになる魔法、

気持ちも積極的になってさらに人生を楽しめるような魔法を

一緒に探していきましょう。

 

 

敬老の日は化粧品やメイクなどキレイになる魔法をプレゼント

関連記事:敬老の日はまだまだ関係ない?60代のメイクと化粧品のおすすめは?

 

室長には、亡くなった祖母二人にまつわる

”キレイ”のエピソードがいくつかありました。

それは今でもとても大切な思い出です。

 

そのなかから忘れられないお話をします。

亡くなった二人の祖母と“キレイ”の思い出

私の二人の祖母(父方と母方ですね)はともに明治生まれの人でしたが、

育った環境も生活スタイルもまったく異なる二人でした。

 

父方の祖母はお嬢様育ちのおしゃれ好き。

結婚しても祖父が亡くなるまでは苦労をしたことがなかったそうです。

祖父がプレゼントした着物を着て、二人で宝塚を観劇して(戦前ですよ!)…

なんてこともある生活だったという話を父から聞いたことがあります。

 

祖父が亡くなって、生活も一変したはずなのに、

私の記憶の中ではいつも和服を着て、

ふんわりとセットした髪型で涼しげにしている人でした。

 

あの髪型はどう作っていたのだろうといつも不思議に思っていましたが、

実は週に1・2度、かならず美容院に行ってシャンプー・セットしてもらっていたのだと

大人になって母から聞きました。

 

贅沢なことだと驚きましたが、

いつもきれいな祖母は私の憧れであり、自慢でもありました。

今、自分がいつまでもキレイにしていたい、と思うのは、

あの頃の祖母がイメージにあるからかもしれません。

もう一方の母方の祖母は、

女手一つで母と母の姉、両親を早くに亡くした母のいとこたちを育てた人。

 

私が覚えている祖母は、働き者でじっとしていることがなく、

畑に出てばかりなので化粧っ気もほとんどなく、

自分のことなど後回し。

つらいこともたくさんあったのに、陽気でかわいくて、人気者でした。

 

そんな祖母に、20代のころの私がメイクをしてあげたことがありました。

顔のムダ毛を剃って、眉を整えて、

プレゼントした化粧品で、淡いメイクをしてあげて。

プロではないから上手ではなかったけれども、

私にメイクされる祖母は、まるで少女のように嬉しそうに笑っていました。

 

離れて暮らす祖母は、その化粧品を持って帰り、

私に買ってもらったことを周囲の人に話しては、いつまでも大切に使ってくれました。

 

あこがれの対象だった父方の祖母と、

優しくて大きくて、大好きだった母方の祖母。

 

二人が亡くなってもう30年近くたちますが、

年齢を重ねても綺麗でいることにこだわっていた父方の祖母、

こだわっていなかったのに、メイクをしてあげたら本当に喜んでくれた母方の祖母、

それぞれの”キレイ”に関するエピソードは忘れられません。

ふたりと同じようにキレイでいたいと思っているのに

年齢を理由に躊躇したり、時間がないとあきらめたり、

いつものご自分のメイクから変えられないでいたりする方も

あるいはいらっしゃるかもしれません。

 

でも私たち子供や孫は、大切な方に、

敬老の日、という言葉が似つかわしくないくらいにキレイになってほしい。

なにより、キレイになることで ”楽しい!” ”うれしい!” ”幸せ!” と感じてほしい。

そして、もっと素敵な笑顔を見せてほしい。

 

だから敬老の日をきっかけに、

ためらっているおばあちゃまやお母様のお背中を押してさしあげましょう!

スポンサーリンク

敬老の日にプレゼントしたいキレイの魔法①メイク

私が祖母に化粧品とメイクをプレゼントしたときに

物よりも喜んでくれたのが「孫がメイクをしてくれた」という行為そのものだったと思います。

 

私自身、プロではなくてただのメイク好きですから、

私にできたレベルであればみなさまにもきっと可能だと思います。

”メイクしてさしあげる”ことをプレゼント

メイクをされる、ということは”相手に触れられる”ということ。

 

他人に触れられることを好まないシニアの方もいらっしゃいます。

その時に「おばあちゃん」扱いでもされようものなら、

とても不快な思いをされると思います。

 

でも、メイクをしてくれるのがかわいい孫や子供だったら…?

照れくさいと思いながらも、きっとよろこんでくださるのではないかと思います。

 

それに、お金がとってもかかっていそうなことだと

散財させた、と申し訳なくお思いになる方もいらっしゃいます。

こんな敬老の日のプレゼントなら、

おそらく気兼ねなく楽しんでくださるのではないでしょうか。

 

息子さんや男のお孫さんのの場合はちょっと難しいかもしれないけれど、

奥様がいらっしゃっる方なら、代わりにしていただいてもいいかもしれませんね。

あとからマネしやすい簡単メイクがぴったり!

どこかにお出かけするようなかしこまったメイクではなく、

普段のおばあちゃまやお母様がちょっときれいになる、くらいのメイクがおすすめです。

 

メイクをしてさしあげると、多くの方は

「へええー」と感心しながら、きっと興味津々で鏡をご覧になると思います。

その時に「こうするといいのよ」とちょっとしたアドバイスをしてさしあげると、

自分でもやってみようかな、案外簡単そうだし、とお思いになるかもしれません。

 

そんな気持ちの変化を起こすことができれば、

敬老の日のなによりのプレゼントではないでしょうか。

ぜひ、ご自分でも再現できそうな程度の簡単メイクをしてさしあげることをおすすめします。

 

具体的には、

シニアの方向け簡単メイク

  • 下地とファンデーションがいっぺんに済むベースメイク
  • ほんのり淡くて健康そうに見えるチーク
  • アイホール全体に広めにあっさり入れた透明感のある色のアイシャドウ
  • 専用マスカラやパウダーなどで整える程度のアイブロウ
  • 血色よく、少し若やいで見える色味の口紅

というくらいが、簡単だけれど見違えるというレベルのメイクで

素敵だけれどご本人も真似しやすいのではないかと思います。

眉を整えてさしあげるととても喜ばれます!

これは自分の眉を整えるのも苦手という方がいらっしゃるので

できれば、でよいのですが、

簡単でもよいので、眉毛を整えてさしあげてはいかがでしょう。

 

私の祖母は眉が実に立派で、

はっきりいってボサボサでした。

 

私も形がはっきり変わるほどのことはもちろんできませんでしたが、

眉をスクリューブラシで梳かして、

あまりにも密集しているところはコームで確かめながら長さを揃え、

電動アイブロウシェーバーで確実に不要!と思えるところを剃ってあげました。

あとは明らかに足りないところをパウダーアイブロウで補っただけでも

とても垢抜けたのを覚えています。

 

実は母が祖母の眉をよく受け継いでいて、

今は母の眉を時々整えます。

 

今なら電動シェーバーも簡単に手に入るし、アイブロウマスカラもありますから

ぜひトライしてみてください。

 

アイブロウの色は髪や瞳の色に合わせましょう。

グレー系の髪色の場合は、グレーのアイブロウペンシルで足してから、

クリアタイプのアイブロウマスカラで整えてさしあげると良いのではないでしょうか。

 

眉を整えやすいアイブロウブラシについてまとめてあります

 

上手じゃなくても、一緒に笑いあいながらすることがなにより!

私の祖母は、私がメイクをしてあげたり手をさすったりすると、

「こんなシワだらけなのを、嫌がりもせずに触ってくれたんよ」と

よく周囲に話していたそうです。

 

嫌がるはずなんてもちろんなくて、

大好きで大好きでいつでもくっついていたかったのですけれど、

たったそれだけの行為が、祖母にとってはとてもうれしかったんだな、

と思うと胸が熱くなります。

 

もちろんみんな自分のメイクだってしくじることがあるくらいですから、

他の人にメイクを施すなんて、不安もありますよね。

 

私も祖母にメイクをしたころはまだまだ初心者だったし、

はみ出たり、ちょっと眉が不揃いになったりもありました。

 

でもメイクの失敗なんて、

祖母にとっては多分どうでもよいことだったのだと思います。

 

ちょっとした失敗を二人で顔を見合わせて笑ったり、

いつもよりちょっと若やいだおばあちゃまやお母様の顔を

鏡を通して二人で見てキャーキャーいったり、

そんな風に敬老の日を一緒に過ごすことこそが、

一番のプレゼントになるんじゃないかと思います。

 

敬老の日にプレゼントしたいキレイの魔法②メイクアップ化粧品

もしメイクをしてさしあげるなら、

できれば使った化粧品ごとプレゼントするのがよいとおもいます。

 

シニア世代の方にとって、

いちばん気になるけれど挑戦しにくい、

というのが、ファンデーションや口紅などの色のつくコスメかもしれません。

 

どんな色が似合うのか、どんなものを選んだらよいのかわからなくて、

すすめられるままに買ってみたり、適当に選んでしまったり…

 

そこで「こんなのが似合うわよ」「これなら簡単よ」という

おすすめのメイクアップ化粧品をお手本代わりのメイクと一緒にして、

敬老の日のプレゼントにしてはどうでしょう。

ベースメイクなら簡単に扱えるBBクリームやミネラルファンデーション

まずはベースメイク。

 

シニアになるとお肌も乾燥しやすくなり、

また、シワやシミなどの隠したいものも増えてきます。

 

昔ながらの化粧品選びをされている方なら、

ファンデーションの厚塗り・白塗りをされているかもしれませんし、

反対に「もうどうしようもないし」と、なにもされていない方もいらっしゃるかもしれません。

 

そんなおばあちゃまやお母様へは、

しっとりスキンケア感覚で使えて、シミやシワも気になりにくいBBクリームや

落とし方の簡単なミネラルファンデーションがぴったりです。

BBクリームなら、ひとつ何役もこなしてくれるのでらくちん!

BBクリームはもともと皮膚科や美容形成外科で

ピーリングを行った肌を保護するクリームとして誕生したということを

ご存知の方も多いと思います。

 

下地としても軽いファンデーションとしても使えてほどよいカバー力があるのに

肌に負担がかからないのは、この誕生のいきさつを考えれば当然ですね。

1本6役!アテニアBBクリーム

アテニアのBBクリームは、

美容液効果があって下地・ファンデ・コンシーラーの役割までこなし、

おまけに血色も補ってくれるので、シニアの方にぴったりだと思います。

⇒ 【アテニア BBクリーム】

「血色感」でカバーする 新発想のBBクリーム

 

塗り方も、BBならいわゆる「男塗り」のように

両手に伸ばし、その手のひらで顔の広い部分を押さえるようにしてつければ

薄づきになって簡単です。

 

こちらの  きれいになりたいChannel Kireininaritai Channel

の動画ようにされると、お肌にもやさしいと思います。

ミネラルファンデーションなら洗顔料やせっけんで落とせます

普段化粧し慣れていない方にとっては、メイク落としも面倒なもの。

 

もしおばあちゃまやお母様が普段あまりメイクなさらない方なら、

洗顔で落とせたり、

つけたまま寝たりしてもOKなミネラルファンデーションだったら、

この問題もクリアですね。

ETVOSエトヴォス ミネラルファンデーション

ブラシでクルクルすることで、薄づきなのにベールがかかったようにカバーしてくれ、

しかもお肌に優しく高保湿、というのがミネラルファンデーションの良いところです。

 

ミネラルファンデーションはブラシが必要になりますが、

ブラシもセットになっているものがあります。使いやすそうなものを選んでさしあげましょう。

ミネラルファンデーション スターターキット

 

つけたまま眠れる!24h Cosme

さらに、とにかく面倒なのはイヤ!というおばあちゃまやお母様には、

したまま寝たって大丈夫!というミネラルファンデーションだって今はあります。

それが24h cosmeです。

24h Cosme

 

いまや種類もとても豊富で、

入門編からエイジングケア用のものまでいろいろ選べるので、

ご予算に合ったものを選びやすいのもよいところです。

 

口紅は顔色が良く見え、縦ジワなどが消える大人向きのものを

口紅一本持っているだけで気持ちが華やぐのは誰だって同じです。

新しい口紅を持つだけでうれしい、という方だっていらっしゃると思います。

 

でも、どんな色やタイプのものを選べばよいのかわからない。

そうお思いのシニアの方もいらっしゃるのではないかと思います。

だからこそ「これ、絶対似合うと思う!」とキレイな色の口紅をプレゼントしましょう。

 

プレゼントなさる、これを読んでくださっているあなたが男性であるなら、

メイクをして差し上げるのも大変だと思いますし、

ファンデーションのことなんてお分かりになりにくいと思います。

 

それを考えると、

男性からのプレゼントならば、口紅が一番選びやすいかもしれないですね。

色選びも、あなたが「つけてくれたら綺麗だろうな」と思う色をお贈りすればいいんです。

 

今年の口紅の流行の中にマットリップがありますが、

シニアの方にはあまりおすすめしません。

縦ジワが目立ってしまうし、保湿力が今ひとつだからです。

 

おばあちゃまやお母様には、艶のあるものがぴったりお似合いになると思います。

アテニア プライムルージュ

大人の女性にぴったりな、こちらの口紅。

くすまずに顔色が映えるカラーが3色揃っています。

アテニア プライムルージュ

 

この口紅が大人の女性に向いているというポイントは

  • 隠しピンク設計で縦ジワや肌ぐすみを飛ばす
    どの色にもピンクが忍ばせてあり、これがレフ板のような役割を果たしてくれるので、シニアの悩みである唇の縦ジワやお肌のくすみまで飛ばしてくれます。
  • 密着艶オイルで唇がふっくらうるおう
    体温でとろけるオイルが、うるおい・なめらかさ・ツヤを実現してくれます。

流行にのって、アラフィフの私もマットな口紅を何本か買いましたが、

工夫しても色を変えても圧倒的に似合いません。

それはやはり老けて見えるから。

 

アテニア プライムルージュには

カジュアルからフォーマルの場面まで使い分けできる3色、

  •  上品に肌になじむ高感度の高いピンク系ベージュのサクラベージュ
  •  赤を潜ませた肌映え抜群の大人ルージュのチアーベージュ
  •  肌色がクリアに映え、女性らしさが際立つローズのスイートローズ

があって、どれもシニアの方にピッタリだと思います。

 

特にベージュは選び間違えると不健康にみえたりくすんで見えて、

若い人のようには似合わなくなってくるもの。

こちらのベージュ系ならそんなこともないので、喜んでいただけます。

 

1本ずつでも購入可能ですが、

今なら3色セットの価格そのままで

「アテニア スキンクリア クレンズオイル」のミニボトル1本がついてくるので

プレゼントにもピッタリです。

 

24h Cosme テイストミー リップ&チーク

ファンデーションでご紹介した24h Cosmeには

チークにも使える保湿力の高いリップがあります。

テイストミーリップ&チーク

 

ベージュ系よりも

コーラル系やローズ系のほうが、顔色がよく見えて若やぎます。

グレーヘアが素敵な方ならレッド系もお似合いになると思いますよ。

 

敬老の日にプレゼントしたいキレイの魔法③お化粧便利グッズ

最近はおしゃれに敏感でメイクもとてもお上手なシニアの方も多いですよね。

そんなおばあちゃまやお母様に、今さらメイクや化粧品のプレゼントは…

という方もいらっしゃると思います。

それなら、こんなグッズはいかがでしょうか。

老眼でアイラインがうまくいかなくなった!という方に

これは最近室長も悩み始めていることなのですが、

老眼が進んでくると、目元のメイクがしにくいのです。

まつげの間を埋めるようにアイラインを入れたいのに、隙間がわからない!

急いでいるときにこれって、大きなストレスなんですよ。

 

そんなストレスを解消してキレイにメイクを決めるお助けグッズは、

便利そうでもなかなか自分のために買うことがないかもしれません。

 

あったらいいけど自分では買わない。

そんなものをプレゼントされると、とてもうれしいものです。

メイクアップグラス

これ、テレビで時々紹介されることがありますが、ご存知でしょうか。

レンズが片方ずつ、下にパタンと倒せる老眼鏡、もといシニアグラスです。

だからもう片方でしっかりターゲットが確認できます。

ちょっと見た目もおしゃれなタイプならこちらがおすすめ。

ピンクがアクセントでかわいいですね。

拡大鏡つきミラー

これこそ「欲しいけれど贅沢でなかなか手が出ない」というもの。

折りたたみサイズの拡大鏡つきミラーをお持ちの方はたくさんいらっしゃると思いますが、

LEDライトがついた「女優鏡」風で、

拡大鏡のサイズが3つもついていてとっても豪華。

 

敬老の日、プレゼントの包みを開けたとたんに

「うわぁ!すごい」という声が上がること請け合いです。

眉毛や〇〇がボサボサなのを何とかしたい!という方に

先ほどは単品をご紹介しましたが、プレゼントするならぜひこんなセットで、

というものをご紹介します。

〇〇とは…?

眉用電動シェーバー+エチケットカッター

エチケットカッターとはつまり、鼻毛用シェーバー。

 

鼻毛はやっぱり見せたくありません。

これはいくつになったって同じです。

 

はさみですると危ないし、フェイスシェーバーとはなんとなく兼用したくないし。

でも買いにくいですよね。ネットで買えるってこんな時嬉しいです。

櫛つき眉ばさみ

子供さんがおばあちゃまに敬老の日のプレゼントとして差し上げるにもぴったり

もっとお手頃な便利グッズならこちら。

櫛つきなので片手で長い眉を揃えることができてとっても便利ですよね。

クシ付きマユハサミ ピンク

 

敬老の日にプレゼントしたいキレイの魔法④スキンケア化粧品

メイクアップのプレゼントもおすすめですが、

お化粧される方ばかりではないはず。

 

また、お化粧は十分お上手で、こちらが手を出すまでもない、

というおしゃれ番長なおばあちゃまやお母様もいらっしゃるとおもいます。

 

それならば、敬老の日にこそ、

おもいきり贅沢なスキンケアをプレゼントする、というのもひとつです。

 

「清水買い」するようなコスメを使うのにふさわしいのは、

プラチナ世代であるおばあちゃまやお母様だと思うのですが、

ご自分のことよりもお孫さん、と思っていらっしゃる方も多いと思うので、

この機会にこちらからプレゼントしてしまいましょう!

自分では勇気の出ない、清水買いスキンケア化粧品をプレゼント

最近のスキンケア界の話題といえば、

「日本初のシワを改善する薬用化粧品」としてテレビでもたくさん流れた

ポーラ リンクルショットですね。

室長の友人にもまとめ買いしている人がいて興味津々です。

エイジングケア研究の最先端、ポーラ B.Aの2品

リンクルショットのように

「改善する」という言葉を使ってよいようなスキンケアを出せるのって、

実はすごいことなのです。

つまりポーラは今、エイジングケア研究の最先端を走っているということなんだと思います。

 

そこでここでは、

おばあちゃまやお母様にぜひプレゼントしていただきたい2つをご紹介します。

エイジングケア美容液 B.Aセラム レブアップ

ハリ感やうるおい感が気になるおばあちゃまやお母様に、

ぜひおすすめしたい美容液なこちらです。

ポーラ最高峰ブランドB.Aの美容液【B.A セラムレブアップ】

 

こちらは発売されてから、

MAQUIAやVOCE、美的といった

美容マニアの愛読雑誌ですべてベストコスメ1位を取った美容液です。

 

30代から使う美容液とうたわれてはいますが、

B.Aはポーラのハイエンドラインのスキンケアであり、

さらに上の世代の方がお使いになってもよいと思います。

レビューを読んでも50・60代の方からの評価も高いのが分かります。

 

美容液はプラスアイテムなので、

なかなか自分では手を出しにくいもの。

 

こちらはうるおいはあるけれど夏にも使えそうなさっぱり感もあるので、

9月の敬老の日にさし上げても、すぐに使えそうです。

高級感のあるモダンなボトルも、プレゼントにピッタリだと思います。

日焼け止め日中クリーム B.Aプロテクター

ノーメイク派のおばあちゃま、お母様になら、

こちらのちょっと贅沢な日焼け止め日中クリーム、B.Aプロテクターがおすすめ。

日中用エイジングクリーム【B.A プロテクター】

 

こちら、室長も今使っているのですが、

だたの日焼け止めと思ったら大間違いの、すごいクリームです。

紫外線だけでなく、今お肌の大敵といわれている近赤外線、

そしてもちろん乾燥からもお肌を守ってくれるクリームなのです。

 

お肌の大敵、光による乾燥についてはこちらで解説しています

 

日焼け止めと考えたらちょっと贅沢と思えるお値段ですが、

日中用のクリームでもあり、

全顔使用で3か月もつこちら(デコルテまでなら2カ月)。

 

他の日焼け止めのようにカピカピしたり青白くなったりしないで、

すっと肌に馴染みます。

そして保湿力が高い!とってもしっとりするんです。

だから、敬老の日を過ぎて秋が深まってもしっかり使えます。

 

これならノーメイク派のシニアの方にもピッタリのプレゼントだと思いますよ。

 

今年の敬老の日は化粧品やメイクでキレイをプレゼント!まとめ

関連記事:シニアの方に遅れを取らないように、乾燥・エイジングケアは今からしっかりと!

  • 今年の敬老の日に大切なおばあちゃまやお母様にプレゼントしたい”キレイの魔法”を考えました。
  • メイクをしてさしあげることは、きっとなにより喜んでいただけるのではないかと思います。
  • メイクをお好みでない方には、ちょっと贅沢なスキンケア化粧品をプレゼントするのも素敵ですね。
  • メイクアップ化粧品やメイクの便利グッズをプレゼントして、その使い方をお教えしながらメイクアップ、も心のこもったプレゼントだと思います。

いかがでしたか。

 

その方のことを考えて、

一番喜ぶことをしてさしあげたい、一番喜ぶものをさしあげたい、という

「さしあげる心」こそが、プレゼントの一番大切な部分だと思います。

 

大好きなおばあちゃまやお母様のことを思い浮かべながら、

素敵な敬老の日になるように、じっくり計画を練ってくださいね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

ご自分でキレイを追求される素敵な60代女性にはこちらの記事がおすすめ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう