TPO別メイク

落ちない崩れない、マスク美人のベースメイクとマスク選びのコツ。花粉症・インフルエンザの季節に!

更新日:

崩れない崩さない!マスク美人になるコツとベースメイクって?




 

 

今回は、花粉やインフルエンザの季節、マスクをしても落ちないベースメイクとマスク選びについてお話しします。

メイク崩れを防ぎたい方はこちらもご覧ください

 

マスクをするとメイクが落ちる3つの原因

 

室長
マスクをするとこすれるから…?という位の理由は浮かぶのではないかと思いますが、他にも理由があるんです。

 

ここでは、マスクをするとメイクが落ちやすくなる3大原因についてお話しします。

 

原因1 マスクと肌との摩擦

マスクと肌とが密着すると、メイク、特にファンデーションが落ちる…ような気がしますが、密着するだけでは盛大に崩れることはありません。

 

どちらかというと、完全に密着しないからマスクが動いてしまい、その時にマスクと肌が擦れ、その擦れによってメイクが削げてしまう、というのが正解です。

 

原因2 乾燥によるメイク崩れ

マスクをする季節は特に乾燥がひどい季節ですが、意外なことに乾燥すると皮脂の分泌が進み、メイクの崩れにつながるのです。

 

乾燥肌の方はこちらもご覧ください

 

原因3 湿気・ムレによるメイク崩れ

眼鏡をしている人ならお分かりかと思いますが、マスクをすると眼鏡が曇ってしまうこと、ありますよね。

 

あれは、口の周りがマスクで覆われることによって、汗や呼気(吐く息)が水蒸気となり、マスク内にこもるために起こることです。

 

この水蒸気は水分によるメイクのヨレも起こしますが、蒸発するときに乾燥も引き起こします。

 

すると、その乾燥によって皮脂の分泌が進み…あとは原因2のとおりです。

 

室長
それに、マスクと肌の摩擦やマスクの中のムレは、ニキビや肌荒れの原因にもなってしまい、ますますメイクが崩れやすくなります

 

詳しくは、こちらのチョコさんのブログがおすすめ。スキンケアからベースメイクまで、私も参考にしている情報が満載です。

関連記事はこちらです

 

マスクをしてもメイクが崩れないようにするアイテム選びのコツ

 

室長
原因が分かったところで、今度はマスクをしてもメイクが崩れない、アイテム選びのコツをお教えしますね

 

メイク崩れを防げるマスクを選ぶ

先ほども書いた通り、マスクでメイクが落ちてしまう原因は

  • マスクと肌が擦れてファンデーションが取れてしまう
  • マスクのせいで肌が乾燥する

です。

 

こうならないようにするためにマスク選びを変えてみるのもひとつのアイディアです。

 

ココがポイント

マスクでメイク崩れを起こさなないようにするには…

  • つけたらずれることのない、フィットするものを選ぶ
  • 乾燥を防げるものを選ぶ
  • 「メイクが落ちにくい」といううたい文句のものを選ぶ

 

室長
私のおすすめで、口コミでも好評なアイテムはこちら。

 

ネクスケア マスク プロ仕様 小さめサイズ

 

ポストイットでも有名な3M(スリーエム)のマスク。安心の日本製です。

 

同じシリーズで「のどの乾燥に良い」というものもありますが、そちらはクチコミを見ると”ムレる”とあるので、こちらのほうが崩れ防止のためにもおすすめ。

 

ネクスケア マスク プロ仕様の口コミ

  • フィットする
  • 眼鏡が曇らない
  • 苦しくない
  • これがないと困る!

 

あまり店頭で見かけないマスクなので、まとめ買いする方が多いようです。

 

私の職場は指定のマスクがあるのですが、それ以外ではやはりこのマスクが定番。

 

マスクはこまめに替えるほうが良いので、100枚はすぐ使ってしまいます。気に入ったものはストックしておくと安心ですね。

 

寝るときにつけても苦しくないのでとてもいいですよ。

 

メイクをキープしやすいマスク ベビーピンク 小さめ

 

最近はこういった「メイクが落ちにくいマスク」が増えました。

 

室長
こちらのマスクはベビーピンク色で、肌もくすんで見えないところがおすすめ。

 

ちなみに女性の場合は、小さいサイズや女性用を選ぶ方が、マスクがガサガサ動くことがなく、メイク崩れだけでなく感染も防ぎやすくなります。

 

サイズはぴったりしたものを選ぶようにしてくださいね。

 

メイクが崩れにくい化粧下地を選ぶ

ファンデーションを塗る以前に、下地で崩れにくくしておくことももちろん大切です。

 

崩れにくい下地、というと夏向きのものをイメージしやすいかもしれませんが、今の下地はとても優秀です。

 

ディオールスキン フォーエヴァー&エヴァー ベース SPF20/PA++

私が今愛用しているのがこちらのベース。

 

冬でもかさつかず、しっとりしながら肌を明るく整えてくれます。しかもそのあとにつけるファンデがとにかくヨレない!

 

なんと16時間崩れない!というのが売りだそうです。

 

佐藤 優里亜さんの動画では、Diorのアーティストが塗り方を教えてくれています。

下地の場面は1:58頃からです。

 

ちなみに室長は乾燥肌の敏感肌。

でもこれは秋冬このまま使って大丈夫そうです。

 

 

MIMURASSカバー

うるおいと崩れにくさを同居させるのって、実はとても大変。

 

でもこちらの MIMURA SSカバー では、それが実現しちゃうんです。

 

 

マスク美人になるためのベースとして私がこのMIMURA SSカバーをおすすめする理由は、こんな使い心地が期待できるから。

 

MIMURA SSカバーの特徴(一部)

  • 汗をかいてもサラサラでテカらない
  • シワ・毛穴・凸凹も目立たない
  • 少量で長持ちするので、厚塗りが不要
  • メイク崩れを防止できる
  • 皮膚にうるおいをあたえる成分や肌荒れ防止・老化防止の成分を配合

 

薄づきメイクでサラサラ、しかもうるおいが期待できる。

 

まさにマスク装着時のメイクのためにあるみたいな下地です。

 

アットコスメの口コミを見ても、認証済みの会員で、100件以上の口コミをしている人が複数リピート買いしていて、しかも評価点が6点7点と高い!

 

アットコスメのランキングで2位、さらにVOCEの化粧下地月間ランキングでも1位と、ユーザーにも愛されている下地なのです。

 

ほんの少しの量で十分のびて、しかも化粧直しがほとんどいらないとなると、マスクを頻繁に外せない季節には本当にぴったりです。

 

この冬、私もディオールと併用していこうと思います

 

 

室長
化粧下地についてはこちらの記事もご覧ください
関連
ツヤ肌毛穴レスな下地タイトル
【2018】おすすめ化粧下地はツヤ肌・毛穴レス?口コミは?

続きを見る

 

マスク美人になるための落ちないベースメイクテクニック

花粉症のメイク崩れをメガネで防止!統計的な効果やおすすめ眼鏡は?メガネの下はあっさりメイクで!

室長
ベースメイクの作り方を工夫するのも大切です。
花粉によるメイク崩れにはコンタクトよりメガネ?防止効果はあるの?
花粉によるメイク崩れにはコンタクトよりメガネ?防止効果はあるの?

続きを見る

 

ベースメイク前の保湿はしっかりと

はじめの方でお話しした通り、肌の乾燥は皮脂崩れのもと。

 

ですから乾燥を防ぐためには、メイク前やお化粧直し時に保湿をしっかり行うことが大切です。

 

ファンデーションはリキッドやクッションで薄く、がおすすめ

ファンデーションをリキッドにするか、それともパウダリーにするかはとても迷うところです。

 

持ちの良さを考えるとパウダリーが良さそうな感じもしますが、密着度を高めて薄くつけるという点で、私はリキッドとクッションをおすすめします。

 

今よく使っているリキッドファンデーションはクリニークのこちら。

 

そして、クッションファンデーションで私の今イチオシはこれ。

 

こちらは#O-02が標準色です。

 

カバー力で2種類あって、「H」はしっかり、「L」はライトです。

 

大人の肌に私がおすすめしたいのはH。VOCEでベストコスメになったのもこちらです。

 

そしてこのファンデはケース別売りなので、忘れずに。

 

また、リキッドファンデーションを使うときは、密着度を高めるために、ファンデーションを肌にのせたらビューティーブレンダーなどの

スポンジで、ポンポンとタッピングしましょう。

ビューティブレンダーの使い方5選!おすすめ動画もご紹介

続きを見る

 

ファンデーションとマスクの間には無色のパウダーを

リキッドファンデーションを塗ったら、トランスルーセントタイプのパウダーを上からはたいて、マスクとの間に透明のフィルターをかけましょう。

 

そうすることで、直接マスクにファンデーションがつくことを最小限に防げます。

 

たとえば、私がいつもポーチに入れているのは化粧戻しパウダーPAFUCO。

 

本当に全くの無色のパウダーで、その名のとおり、化粧を直すというより朝の状態に戻してくれます。

 

室長
全くの厚塗り感がなく、簡単にむらなくしあがるんです!

 

化粧した感が欲しい場合には、ちょっと物足りないかもしれませんが、マスクの時にはそれくらいがちょうど良く、綺麗なままにできるので、ありがたいパウダーです。

 

「化粧戻し」に興味があるかたはクリック>>PAFUCO

 

そして、よりしっかりカバーするなら、ベーキングメイクを使うのも手。

化粧崩れを防止するベーキングメイクとは?海外で流行のメイクテクニック?

続きを見る

 

ただし、ベーキングメイクは一歩間違うと乾燥します。取り入れるときには十分に保湿してくださいね。

 

仕上げはフィックススプレーでばっちり固定!おすすめ2選

 

ここまでメイクが仕上がったら、最後におすすめなのがフィックススプレー

 

いろいろなブランドからミストは出ていますが、ここでは保湿機能だけでなく、メイクを固定する機能が高いものを選ぶのがポイントです。

 

私のイチオシはメイクアップフォーエバー フィックス&ミスト。

こちらのおすすめポイントは、さすがプロユース、というくらい強力な固定力

 

じつはこちら、今、たった今!リアルタイムで。

 

室長が使っています。すごいです。

 

朝メイクの仕上げに5プッシュくらいスプレーして3時間経過していますが、

 

マスク(フィックス&ミスト使用中)

 

ご覧ください。

ファンデもコントゥアリングもハイライトもチークもして、けっこうしっかり作りこんでいるのですが(マスクで隠れるのにねぇ…)

 

マスクにはほぼついていないでしょう?

 

ちょっとリップがついていますが、YSLのリップティントをぐりぐりたっぷりつけている割には、ちょっとしかついていないことにも注目です。

 

すごい。本当にすごいです。

 

室長
近くにいる人を捕まえて見せびらかしたいくらいです。

 

バッグに入れるなら小さいサイズもおすすめ。

 

 

もうひとつおすすめなのが、クラランス フィックス メイクアップ 。

 

 

室長
ピンクのボトルが可愛いし、とっても良い香りなんです。

 

同じクラランスのフレグランススプレー、オーディナミザントとよく似たボトルなので、フィックススプレーには見えない高級感

 

ローズの香りが心地よく、マスクをしているときの不快感が緩和されそうなのがおすすめのポイント。

 

口コミでも、香りとフィックス効果の高さで高評価のようです。

 

室長
もちろん保湿効果も見込めるので、フィックススプレーはマスクをしている間、特に手放せませんよ!

 

まとめ

 

  • マスクの季節、崩れず快適に過ごすためのアイテムやベースメイクのコツについてまとめました
  • マスクによってメイクが崩れる原因は「マスクと肌の摩擦」「乾燥による皮脂崩れ」「湿気やムレによるヨレや乾燥」です
  • メイクが崩れないようにするには「摩擦やムレが起きないようなフィットするマスク」「崩れにくい化粧下地」「乾燥を防ぐための保湿」「薄づきのリキッドファンデ」「フィルターとしてのパウダー」そして「仕上げのフィックススプレー」がポイントです

 

室長
少しでも快適に過ごせるように、みなさんもいろいろトライしてみてくださいね。

 

メイク直し用に乾燥肌さんがポーチに入れてる保湿コスメは?

続きを見る

 

スポンサーリンク



-TPO別メイク
-

Copyright© コスメとメイクの研究室 |すこみみLabo , 2019 All Rights Reserved.