コスメとメイクの研究室|すこみみラボ

コスメとメイクの研究室 |すこみみLabo

ファンデーション 40代からのメイク

40代におすすめ!ミネラルファンデーションの選び方【シミ毛穴カバー力】

40代におすすめのミネラルファンデーション

すこみみ

大人きれいを追求し続ける美容ブロガー/医療専門職/研修講師/広報担当のハイブリッドワーカー。メイクが好きすぎてメイクアップ認定講師まで取得した筋金入りのコスメマニア。髪も肌も目も思うとおりにいかなくなってきた50代を、楽しく・キレイに・軽やかに駆け抜けたい。詳しいプロフィールはこちら




  • ミネラルファンデーションのカバー力では40代のシミや毛穴を隠しきれなさそう…
  • ミネラルファンデーションでは40代の老化肌対策にならない?
  • 40代にも使えるミネラルファンデーションはどんなタイプ?

肌にやさしく、素肌のように軽いつけ心地で負担が軽い、というイメージのあるミネラルファンデーション。でも、40代になり、シミや毛穴などの大きな肌悩みを感じている肌には物足りないのでは?と考えてしまいますよね。

この記事では、そんな40代のあなたがミネラルファンデーションを選ぶときのポイントを解説します。この記事を読めば、悩み多き年齢肌のあなたにもぴったりなミネラルファンデーションを選ぶことができます。

室長
20代とは違い、薄づきで肌にやさしいだけのファンデーションでは美しくなれません!

ココがポイント

40代がミネラルファンデーションを使うときは(1)UVカットがきちんとできるもの(2)肌にやさしいだけでなく、肌の老化も抑えるもの(2)シミや毛穴などの肌悩みも隠しやすいもの を選びましょう

40代のミネラルファンデーション選びのポイント

40代になると、それまでとは明らかに異なる肌の悩みが増えてきます。

 

40代ではまだまだシワは気にならなかった、というのがわたしの実感ですが、明らかに変化を感じたのがシミ。若い頃から蓄積した日焼けや不摂生による肌のダメージが、この頃になると急に肌の表面に現れてきた、という感じです。肌の新陳代謝も悪くなって、隠しようがなくなり「老化」という言葉が急に身近に感じられてくるのが40代でした。

室長
20代、小麦色の肌が流行っていた時にベテラン先輩にいわれた「40代になったらなったらツケが回ってくるわよ」というセリフが頭の中をグルグル回ったわ…

 

40代〜50代に聞いた肌の悩みグラフ

データ引用:コーセー公式サイト

 

これらの肌悩みをこれ以上悪化させないためには、日焼け止めやファンデーションによって、外から肌に悪影響をおよぼす要因を防ぐ必要があります。さらに、すでに表に現れてしまった気になる「シミ」やたるみによる「毛穴」も、できる限りうまくカバーしなければいけません。

40代がミネラルファンデーションを使うなら、ただ薄づきで自然、そして肌に優しいだけで満足できた20代の時とは違って、肌の老化を防ぐとともに、衰えた肌をカバーしてくれるものを選ぶ必要があることを意識してください。

40代は、

外的要因を防ぎやすく

現れたシミや毛穴などの肌悩みをカバーする

ミネラルファンデーションを選ぶ

 

UVカット効果が望めるミネラルファンデーション

レイチェルワインミネラルファンデーション

肌の老化に紫外線が大きな影響を与えることは、女性ならもはや誰でも知っていることです。ミネラルファンデーションを選ぶ時にも、UVカットの効果が高いものを選ぶことが大切です。

室長
ここで気をつけなきゃいけないのが、強けりゃいいってもんじゃない、ってことよ!

 

肌の老化防止にUVケアは欠かせませんが、日焼け止め自体で肌荒れを起こす人もいます。

散歩や買い物で屋外に出る、または家の中に入ってくる紫外線を防ぐ、さらには軽くスポーツする程度というのであれば、SPF50+、PA++++の非常に高い数値のものを選ぶ必要はありません。

ちょうど良いUVケア

  • 散歩やお買い物などの日常生活・・・SPF 10〜20、PA++
  • 屋外での軽いスポーツ・レジャー・・・SPF 30以上、PA+++
  • 炎天下での外出、マリンスポーツなど・・・SPF50以上、PA++++

上記を考えると、ミネラルファンデーションを選ぶ時には、SPF 25、PA+++くらいのUVカットができる、ルースタイプのものを選ぶのがおすすめですまた、ほとんどのミネラルファンデーションには、酸化チタンや酸化亜鉛といった物理的に紫外線を跳ね返す働きのある「紫外線錯乱剤」の成分が含まれています。紫外線錯乱剤は、化学反応で紫外線をブロックする「紫外線吸収剤」とは異なり、アレルギーを起こしにくく、肌が弱い人にもおすすめできるUVカット剤です。

 

パウダリータイプやクリームタイプのものには、SPF30を超える高いUVカット比率のミネラルファンデーションもあります。また、ルースタイプのものでもSPFが20を切るものもあります。買う際にはご自分の使用目的に合わせた選択をしましょう。

重ねても厚塗りになりにくいミネラルファンデーションであれば、春から先の紫外線の強い季節であっても、こまめに化粧直しをすることでUVカット効果を保つことができます。これ以上の日焼けによる悪影響を防ぎたい40代にとって、ミネラルファンデーションの使用はおすすめといえます。

肌の老化を防ぎやすいミネラルファンデーション

レイチェルワインミネラルファンデーション

ミネラルファンデーションというと「肌にやさしく低刺激」というイメージを持つと思いますが、正直なところ、40代にとってはそれだけでは物足りない…

 

40代なら、日中はメイクしっぱなしという人がほとんどですから、防腐剤、界面活性剤、合成色素など肌に負担の大きい成分、クレンジング剤の必要な油分が入っておらず、それでいて乾燥を防いでくれるスキンケア成分が豊富なミネラルファンデーションを選ぶことが大切です。例えば、レイチェルワイン の場合、タルクなど、乾燥やかゆみを引き起こす原因とされている成分が入っていないほか、「ラウロイルリシン」という成分を配合することにより、パウダーによる乾燥感を防いでいます。

 

デパコスの高機能ファンデーションのような保湿感は、はっきりいってミネラルファンデーションでは感じにくいです。しかし、ミネラルファンデーションは肌への負担となるトゥーマッチな成分を含まず、軽いつけ心地を保てるという面で、長い目で見ると肌の老化を防ぎやすいのです。

室長
でも、負担が軽いからといって、洗顔しないで寝たりしちゃダメよ!

ケミカル成分が入っていないミネラルファンデーションは、肌の老化を防ぎやすいといえます。また、乾燥するイメージのあるパウダーですが、ミネラルファンデーションの中には、肌に安心なうえ乾燥間を防ぐ成分が入っているものもあるので、そのような製品を選ぶのがおすすめです。

 

シミや毛穴などの肌悩みを隠しやすいミネラルファンデーション

エトヴォスのファンデーション

軽いつけ心地が特徴で、ナチュラルメイクにぴったりなミネラルファンデーションですが、一方で「薄くてシミが隠れない」「毛穴が目立ってしまう」「くすみが飛ばないんじゃない?」という心配があるのもわかります。

室長
でもうまくカバーできるコツがあるの!

ミネラルファンデーションのつけ方はどのブランドでも大体共通で、蓋やシャーレに少量出したら、カブキブラシのような専用ブラシにクルクルして含ませ、その後は軽く肌の広い面(頬)にポンポン、クルクルと馴染ませていきます。

 

40代の場合、これをたった一回、短時間で済ませるのではカバー力が足りません。おそらく、何もつけていないにも程がある!という仕上がりになるので、2、3回、この動作を繰り返して、クルクルする時間も長くすると、カバー力が増します。

 

この動作を繰り返すことで、ブラシに含まれたミネラルファンデーションが肌に移っていくわけですが、この時、力を入れずにふんわりと、ブラシで「磨くように」つけていくのが最大のポイントです。そうすることで、まるで一枚ベールをかけたような、写真加工アプリで「フォーカス」をかけているみたいな仕上がりが得られます。光が拡散されてシミや毛穴などの肌悩みが飛ばされるので、薄づきなのにきれいに見せることが可能になるんです。

ミネラルファンデーション使用前の手

ミネラルファンデーション使用前の手。赤みがあります

ミネラルファンデーション使用後の手

ミネラルファンデーション2回塗布後。薄づきですが、ふんわりフォーカスがかり、肌トーンが上がっています

無加工無修正の50代半ばの手の甲の写真で、ぱっと見わかりにくいかもしれませんが、実際に見ると、肌にベールをかけたようになり、きれいに見えます。医療職で手洗いアルコール消毒で荒れている現在のわたしの手にしてはうまくごまかせていると思います。これは結構短時間のクルクルでしたが、量を少しだけ足し、やさしく長めに磨いていくことで美しく見せることが可能です。

 

このつけ方ができるのは、ルースパウダータイプの、いわゆるスタンダードなミネラルファンデーションです。リキッドやクリーム、パウダリータイプではこのようなつけ方はできません。あまり何も考えず、力を入れずにクルクルとつけていくだけですから、実はほとんどテクニックいらず。これが、リキッドやクリームになると、慣れない人の場合つけすぎてよれてしまいます。手が汚れやすいのも面倒です。また、パウダリーだとせっかくのミネラルファンデーションの良さを、取りすぎのせいで厚ぼったくしてしまうことも。

 

カブキタイプの大きなブラシに粉を完全に入れ込んでから重ねていくルースタイプのミネラルファンデーションなら、肌に厚ぼったさを与えることなく、光の拡散効果で加齢によるシミやたるみ毛穴を飛ばすことができるので、自然に肌悩みを隠したいなら、ぜひ使ってみてください。

関連記事
レイチェルワインミネラルふぁんでーしょんの使用感、口コミ コスメとメイクの研究室すこみみラボ
レイチェルワインミネラルファンデの口コミ&体験レビュー!

続きを見る

40代ならルースタイプで適切なUVカット効果のあるミネラルファンデーションがおすすめ

以前と違って、ミネラルファンデーションを販売するブランドはとても多く、しかもルースタイプだけではなく、リキッドやクリーム、パウダリータイプなど、選びきれないくらいの種類が出ています。

 

40代のシミやたるみ毛穴などの肌悩みを自然にカバーしつつ、これから先の肌の老化を防ぐなら、肌への負担が少なく、かつ、案外テクニック要らずな「元祖」ミネラルファンデーションであるルースタイプのミネラルファンデーションがおすすめ。これが一番おすすめです。また、ルースタイプならUVカット効果も日常生活向きなものが多いというのも魅力です。洗顔料で落とせ、汗ばむ季節も気軽に付けたせて日焼け止め効果を保ちやすいので、ぜひ使ってみてくださいね。



  • この記事を書いた人

すこみみ

大人きれいを追求し続ける美容ブロガー/医療専門職/研修講師/広報担当のハイブリッドワーカー。メイクが好きすぎてメイクアップ認定講師まで取得した筋金入りのコスメマニア。髪も肌も目も思うとおりにいかなくなってきた50代を、楽しく・キレイに・軽やかに駆け抜けたい。詳しいプロフィールはこちら

-ファンデーション, 40代からのメイク
-

© 2022 コスメとメイクの研究室 |すこみみLabo