コスメとメイクの研究室|すこみみラボ

爪と手の悩み

【爪のピンクの部分を伸ばす方法】50歳が3か月で美爪になったネイルケアを解説

50歳でも3か月で変わった爪のピンクの部分を伸ばすたった1つの簡単ネイルケア

すこみみ

大人きれいを追求し続ける美容ブロガー/医療専門職/研修講師/広報担当のハイブリッドワーカー。メイクが好きすぎてメイクアップ認定講師まで取得した筋金入りのコスメマニア。髪も肌も目も思うとおりにいかなくなってきた50代を、楽しく・キレイに・軽やかに駆け抜けたい。詳しいプロフィールはこちら




ポイント

この記事では「爪のピンクの部分」が伸びる方法を、ネイルサロンに通う時間やお金をかけられないあなたのために、わかりやすく解説します。

 

キレイに細く長い爪になりたいのに、がんばって伸ばしても伸びてくるのは白い部分。伸ばしたいのはピンクの部分なのに、どうやったらいいのかわからなくて悩んでいませんか?

 

実は、爪のピンクの部分を伸ばす方法は、たった1つの簡単な方法をちゃんと守るだけなんです。

 

まずはごらんください、これが以前のわたしの爪です。

以前の筆者の右手の爪

白とピンクの境目はガタガタ、ささくれだらけで汚い状態でした

 

子供のころからの不格好なチビ爪で悩んでいたわたしですが、この方法を徹底して3か月後、こんなにきれいになりました

 

筆者のケア3か月後の爪

ピンクの部分が長く、全体に細長くなりました。たった3か月でここまできれいに!

 

50歳までチビ爪をどうしても克服できなかったわたしが、あっという間にひとに褒められる爪に生まれ変わった方法は、毎日たった1つ+ときどきおこなう2つの簡単ネイルケア

 

たったこれだけ!簡単ネイルケア

  1. 保湿(毎日するのはこれだけ!)
  2. 甘皮ケア
  3. 正しい爪カット

 

このネイルケアをまじめに続けるだけで、あなたの爪のピンクの部分は3か月で伸びてきます。

 

これなら、毎日すき間時間に1分、②③のスペシャルケアを時々するだけです。これならあなたにも実践できます。

 

仕事柄ジェルネイルができない人、子育て中で時間もお金もあまりかけられない人でもできる方法を、動画も使ってくわしく解説するので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

この方法はこんなあなたにおすすめ
  • 平たいチビ爪がコンプレックス
  • ネイルサロンには通えない
  • 仕事柄ジェルネイルができない
  • 育児中でついつい深爪してしまう

※タップで動画つきの解説にジャンプします

動画や写真でくわしく解説します
すこみみ室長

 

50歳でもたった3か月で美爪になりました

筆者の現在の爪(ケアから3年後)

3年後、今の爪です。できやすかったささくれもほとんどできません。さらにきれいになりました

 

3年前まで、生まれてから50年、ずっとわたしの爪は平たくて扇形で、伸びてくるのは白い部分ばかりの汚爪でした

 

子供のころから爪をかむ癖があり、いつも深爪の状態。いっこうにピンクの部分は伸びず、人前で手を使うのがとてもいやでした。

 

そのチビ爪が、3か月でシュッと伸びた爪に!その後もリバウンドすることなく、3年たった今では、上の写真のように、長さも形も見違えるようになりました。

 

\3か月で変わる/

※タップで動画つきの解説にジャンプします

 

美爪になったら毎日がうれしいことの連続

きれいに整った女性の爪

50歳を過ぎてからのケアだったので「これでだめならもう一生醜い爪のまま。絶対になおす!」と強く決意してのネイルケアでしたが、実際のところはまったく厳しくつらいものではありませんでした

 

続けているうちに、周りの人に「きれいな爪ですね」「うらやましい」「どうやったらそんな風に細長くなるんですか?」といわれるようになりました。大好きな化粧品を買う時も、以前は手元を隠すようにお金を渡していましたが、今では自信をもって手を出せます

 

それに、白い部分が伸びたのではなく肉とつながっているピンクの部分が伸びたので、日常生活にも支障がなくなり、痛みや力の入りにくさなどの悩みも消えました。

室長
短いより長いほうが生活しやすいのよ

 

\3か月で変わる/

※タップで動画つきの解説にジャンプします

 

どうして爪を伸ばしてもピンクの部分は伸びないの?

爪切りを使って爪を切る女性

 

爪をほめられるようになってから、チビ爪で悩む友人から、爪を見せられて相談されるようになりました。みんな、昔の自分と同じような深爪、チビ爪。話を聞くと、全員に共通するNG行動がありました。

 

チビ爪に共通する習慣

ちょっとでも白い部分が見えると爪切りで切ってしまう

爪の内側のゴミみたいなものが気になって、すぐ掻き出してしまう

家事や仕事でつい爪を道具代わりに使ってしまう

 

実はこの3つに共通することがあります。それは爪の「ハイポニキウム」を剥がしてしまっている、ということなんです。

 

\3か月で変わる/

※タップで動画つきの解説にジャンプします

 

爪のピンクの部分を伸ばすなら「ハイポニキウム」を剥がしてはいけない

 

筆者のハイポニキウム

薄皮のように見えるのがハイポニキウム。わたしはもう指をはみ出ています

 

ハイポニキウムとは別の名前を爪下皮(そうかひ)といって、手のひら側から爪の裏側を見たとき、指と皮膚をつなぐようにある、薄く半透明な膜のような部分のことです。

 

ココがポイント

爪のピンクの部分を伸ばしたいなら、このハイポニキウムに栄養を与えることがとても大切です!

 

爪のピンクの部分に関係があるハイポニキウムは絶対に剥がしちゃダメ!

ハイポニキウムは、

  • 指と爪の間から雑菌が入るのを防ぐ
  • 爪と指先の皮膚をつなぐことで爪をはがれるのを防ぐ

と、爪を健康に保つためのとても大切な役割を果たしています。

 

ココがポイント

ハイポニキウムは、絶対にわざと剥がしたり、汚れと間違えて掻きだしたりしてはいけない部分です。

 

また、ハイポニキウムは爪のピンクの部分の長さにとても深く関係しています

  • ハイポニキウムがしっかりある人の爪は、ピンクの部分が長く大きく、白い部分の根っこのラインであるスマイルラインも、本当に笑っている口元のようにきれいなカーブを描いています。
  • 逆にハイポニキウムがほとんど見えない爪の場合、どんなに爪を伸ばしてもピンクの部分は短く、スマイルラインもガタガタになってしまいます。

 

室長
まさに以前のわたしの爪がこれ。ハイポニキウムなんてほとんど見えませんでした

 

ハイポニキウムが剥がれてしまう原因

ハイポニキウムはとてもデリケートなので、乾燥や日常のちょっとした負荷で剥がれてしまいます。そう、さっき書いたチビ爪の人に共通する習慣が、その負荷なんです。

 

チビ爪に共通する習慣

ちょっとでも白い部分が見えると爪切りで切ってしまう

爪の内側が気になって、すぐ掻き出してしまう

家事や仕事で爪を道具として使っている

室長
爪をすぐ切る人は、ハイポニキウムも一緒に切るからピンクの部分が伸びてこないの!

 

\3か月で変わる/

※タップで動画つきの解説にジャンプします

 

【動画あり】爪のピンクの部分を伸ばすたった1つの方法「1回1分間のネイルオイルでのケア」

50年来のチビ爪をわたしが克服した、たった1つの方法。それは「ハイポニキウムをオイルで保湿する」ことでした。

 

もちろんそれ以外にも、伸びかけた爪の先を守ること、爪と手先の生活習慣を変えることなど、育った爪を維持することも大切。でも、爪そのものを育てるときには、「ハイポニキウムの保湿」がなにより重要なんです。

 

保湿に使うのはネイルオイルでもセラム(美容液)タイプでもよいですが、ばっちり保湿するならやはりオイルがいちばんおすすめです。

 

オイルがおすすめな理由

保湿キープ力に優れている

爪がツヤツヤになる

爪の縦スジやささくれを防げる

 

室長
動画でわたしが使っていたオイルとハンドジェルはこちら

 

1分で終わる、簡単ネイルオイルケアの方法

あらためてオイルケアの方法を解説しますね。


  • 爪の裏側にオイルを落とします

    オイルを爪の裏側にたっぷり垂らします

    爪先を上に向けて、爪の裏側(ハイポニキウムのあるところ)にオイルをたっぷり落とします。刷毛のタイプよりスポイトタイプの方がねらったところにねらった量を落としやすいです。


  • 量は爪の両側を伝うくらいがGood

    爪の両側に垂れてくるくらいが適量です

    爪の裏側にたっぷり垂らすと、そのまま爪の両側をオイルが伝っておりてきます。このくらいが適量です。

  • 軽く圧をかけながら刷り込みます

    オイルを爪の表裏、甘皮に刷り込みます

    爪の裏表、そして甘皮と、指先全体にオイルをたっぷり刷り込みます。軽く圧をかけるようにマッサージします。

  • 夜はハンドジェルをプラス

    夜はハンドジェルを加えて手全体をマッサージします

    寝る前はハンドジェルを加えた手全体のケアをプラス。Siro jam(シロジャム)はSNSで知ったハンドケアアイテムですが、翌朝手のシワっぽさが解消して、しかも肌がフワフワに柔らかくなるのがお気に入りです。

  • 全体になじませて終了!

    オイルとハンドジェルを全体になじませます

    指についたオイルと混ぜながら、指、手の甲、手のひら、手首まで保湿します。ここまで本当に1分で終わります。


 

室長
こちらの写真で使っていたオイルとハンドジェルはこちら

 

ネイルオイルでケア後のハイポニキウムはうるうるツヤツヤ

ネイルオイルでケアした後のハイポニキウムのうるおいはこんな感じ。うるうるつやつやですよね。

ネイルオイルでケアした後のうるおった爪先

乾燥しやすいハイポニキウムもとてもうるおいます

ハイポニキウムを保湿するだけで爪はすぐに変わってきます。皮膚と同じように、ハイポニキウムも乾燥すると硬くなってボロボロになり、はがれやすくなります。だから、徹底的に保湿することが重要なんです。

 

動画でも説明していますが、たっぷり保湿するなら、スポイトタイプのネイルオイルがとくにおすすめ。刷毛のタイプもありますが、うっかり刷毛の先でハイポニキウムを傷つけないように気をつけましょう。

 

また、爪からあふれたオイルは指や手に伸ばせば、爪だけでなく手もツヤツヤしっとりになり、ますます美しくなります。

 

まずは1日1回から!すぐにはじめられるネイルケアのタイミング

いまは医療従事者に限らず、すべての人がこまめに手洗いをし、消毒用ジェルやアルコールを使っています。つまり、いつも以上に1年じゅうハイポニキウムは乾燥しているということです。

 

まずは寝る前の1日1回からでも、毎日欠かさず保湿をする習慣をつけましょう。ただ、保湿に使う時間は1回ほんの1分足らず。仕事をさぼらずともしようと思えばできる範囲ですから、できるかぎり回数を増やすようがんばってみて。

 

保湿するタイミング

朝、家を出るとき

手を洗った後、消毒した後

昼休み

仕事終わり

洗い物の後

お風呂の後

寝る前

 

日中はオイルが使えないあなたにはネイルセラム(美容液)

仕事や家事の間はオイルを使えない!というあなたは、日中は美容液タイプのネイルセラムを使ってみましょう。すぐに乾くからキーボードも汚しません。

室長
動画でわたしが使っていたネイルセラムはこちら

 

まじめに保湿をくりかえせば、チビ爪のピンクの部分は2週間ほどであきらかにわかるほど伸びはじめます。そして3か月もたつ頃には、他人の目に触れても恥ずかしくない程度の爪の形になってきます。

室長
美容ブロガーがいうのもなんだけど、伸ばすなら、化粧直しより爪の保湿が大切よ!

室長おすすめ

オイル&セラム3選へ

※タップでジャンプします

 

爪をきれいに伸ばすなら正しい「甘皮ケア」を

お湯に指先をつけて甘皮ケアをする女性

もっとも大切なのは保湿ですが、爪をきれいに伸ばしていくなら正しい「甘皮ケア」と「爪のカット」をマスターしましょう。

 

甘皮はクルクル回転させて起こしましょう

甘皮というと、爪の生え際にある皮のことをいっていると思いがちですが、実は、お手入れしていない爪の表面にはりついいている薄皮も甘皮なんです。だから、生え際の皮の部分だけ取りのぞいても甘皮のケアとしては不十分。甘皮のケアでは、まずこの薄皮の部分をきれいに取り除いていきましょう。

室長
この薄皮が多すぎるとささくれの原因にもなるのよ!

甘皮ケアのポイント

甘皮はウッドスティックで回転させながら取りのぞく。前後に押してはダメ!

甘皮は前後に押してとってはいけません

ついやってしまいがちなのが、爪や金属製のプッシャーで、前後にガシガシと甘皮を押していくこと。でもこれを技術を持たないアマチュアをやってしまうと、薄皮だけでなく、爪の表面まで削ってしまいます。

 

また、甘皮のすぐ近くにある爪母(爪を作る組織)に余計な圧をかけてしまい、横線が入った爪が生えてきたり、爪がでこぼこになってしまったりするので、使わないようにしましょう。

甘皮を押す金属製プッシャー

実はわたしも金属製プッシャーを持っていますが、足の爪にごくたまに使うくらいです

 

甘皮ケアのやりかた

室長
甘皮(薄皮)の処理の手順はこんな感じよ

準備するもの

ウッドスティック(100均でも買えます)、化粧コットン、お湯の入ったボウル、できればキューティクルリムーバー

 


  • 甘皮をふやかします

    甘皮を処理する前にお湯でふやかします

    少し熱めのぬるま湯をはったボウルや洗面器に10分くらい指先をつけて除去する薄皮をふやかします。お風呂上りすぐなら省略しても大丈夫。また、先にキューティクルリムーバーをつけてからお湯に入れると、さらにやわらかくなって処理しやすいです。


  • コットンをウッドスティックに巻く

    コットンをさいてフワフワの面を出します

    何層かになっているコットンをさいて、真ん中のフワフワ面を出します

    コットンをスティックに巻きつけます

    ウッドスティックをおいてクルクルします

    コットンをスティックに巻きつけます

    くっついてきたコットンをしっかりスティックに巻きつけます

    コットンを巻いたウッドスティック

    厚すぎると使いにくいのでこのくらい薄く


  • やさしくクルクルこすります

    コットンを巻いたスティックで薄皮をこすります

    コットンを巻いたスティックで薄皮をこすります

    乾いた状態で甘皮をこすってはいけません。キューティクルリムーバーを爪まわりにつけるか、巻き付けたコットンを湿らせるかして、力を入れすぎないようにして、やさしくこすります。

  • 処理後はオイルで保湿します

    処理が終わったらかならずオイルで保湿します。


 

 

ウッドスティックはネットでも買えますが、Seriaなどの100均でも買えるので探してみてくださいね。

Seriaのウッドスティックとネイルファイル

Seriaのウッドスティックとネイルファイル(紙やすり)

 

爪のカットはネイルファイル(紙やすり)で

爪の長さを整えるのは、かならずネイルファイル(紙やすり)を使います。面倒だからと爪切りを使うと二枚爪やハイポニキウムに衝撃をあたえて痛む原因になります。

ネイルファイルで爪を整えます

爪に対して45度の角度でネイルファイルをあてて、一定方向に動かします。

 

アマチュアのわたしたちが、ネイルファイルを往復させて爪を削ってはダメ、やさしく一方向に動かしましょう。

 

爪がかけにくく、伸びやすいのはラウンドスクエアの形。

 

先端は平らに、サイドはまっすぐにファイルをかけ、最後に角の部分を丸くなるように整えます。

 

室長おすすめ

オイル&セラム3選へ

※タップでジャンプします

 

これをやっちゃダメ!伸びたピンクの部分をだめにする7つのNG行動

ネイルケアする女性

ここまでかいたとおり、爪のピンクの部分を伸ばすたった1つの方法は「ハイポニキニウムの保湿」ですが、その伸びたピンクの部分を剥がさないように爪を守ることも必要

 

ここでは伸びたピンクの部分が剥がれてしまうNG行動とかわりの行動を紹介します。

 

爪切りは絶対使ってはダメ

爪切りを使ってはダメというイラスト

 

爪切りを使うと二枚爪になってしまいます。また、ハイポニキウムも傷つけます。

 

爪が伸びたな、と思ったら自爪専用の紙やすりをつかって一方向に向かってかけましょう。往復させるのはダメ。紙やすりは近所のドラッグストアでも手に入るので、ぜひポーチにひとつ入れておいてください。

室長
仕事中に気になって爪切りで切ってしまう人が多いけど、やすりを使わなきゃだめよ!

 

爪で缶を開けてはダメ

感を爪で開けたらだめなイラスト

 

爪を道具に使うのはとにかくやめて。

 

その中でも多いのは、爪で缶を開けることです。今はキーホルダーになっているプルオープナーもありますが、そんなものを買わなくても、身近にあるほかの硬いもので代用できます。キッチンばさみとかね。

 

逆にいうと、そんな硬いものでないとプルトップは開けちゃいけないんです。絶対に爪を使わないようにしましょう。

 

お風呂でお湯に手をつけたままにしてはダメ

お風呂でお湯に手を入れたままはNGのイラスト

 

これ、やりがちですね。

 

でもお湯につけたままにすると爪も皮膚の一部なのでふやけて柔らかくなり、傷みやすいんです。だから長風呂するときは手は外に出しておきましょう

室長
わたしはスマホを持っておくようにしてるわ

 

洗い物するときも同じです。ゴム手袋をして爪を守りましょう。

 

爪を使ってガシガシシャンプーしてはダメ

ガシガシシャンプーしたらダメなイラスト

 

爪が柔らかくなっているところに爪を立ててシャンプー、なんてしてはいけません。頭皮にもよくありません。

 

シャンプーは指の腹でするか、シャンプー用のシリコンブラシを使いましょう。わたしがもうずっと手放せないのがウカ(uka) の スカルプブラシ ケンザンです。SNSでもよく紹介されているから知ってる人も多いはず。

室長
気持ちいいしスッキリするし爪は傷めないしで大活躍です

 

キーボードをガシガシたたいてはダメ

キーボードを強くたたいたらダメなイラスト

 

わたしはブライドタッチでガンガンタイピングしますが、爪は立てないようにしています。

 

爪もハイポニキウムも痛めやすいので、親の仇のように力いっぱいタイピングしないようにしましょう。

 

シールをつま先ではがしてはダメ

シールを爪ではがしたらダメなイラスト

 

シールはがしも爪を道具にする行動なのでNGです。

 

ちょっと爪が伸びたからって便利に使おうとすると、ハイポニキウムも一緒にはがれます。シールはがし液を使うとか、ほかの道具を使うとかして爪を使わないようにしましょう。

 

物を雑に扱ってはダメ

爪をぶつけたらだめなイラスト

 

うっかり爪先を車のドアノブにぶつけたり、電動歯ブラシのブラシ部分を勢いよく抜いて洗面台にぶつけたり、ガーデニングで小さな花芽を取るときに爪を使ったり。

 

生活の中で無意識のうちに物を、そして爪を雑に扱うことがわたしたちは案外あります。でもそれは思った以上に爪とハイポニキウムに負担を与えていることを意識しましょう。

 

意識と行動を変えていくと、だんだんとうまく指の腹を使えるようになり、爪先を守れるようになってきます。

室長
ていねいに動作をするようになると、それだけでしぐさも女らしく、美しく見えるから不思議

 

室長おすすめ

オイル&セラム3選へ

※タップでジャンプします

 

実際に愛用中!爪のピンクの部分を伸ばすためのネイルオイル&セラム3選

ネイルオイル4種

スポイトや筆ペンタイプなど、ネイルオイルもいろいろあります

 

ネイルオイルは高いものを使うより、こまめにちゃんと使うことの方が大切です。

室長
もちろんプロ御用達のものは香りも質もよくていいんだけどね

ここではわたしが自分で購入して使っているネイルオイルと、ネイルセラム(美容液)のなかから特に気に入っているものを3つご紹介します。

 

4種類のネイルセラム(美容液)

こちらは美容液タイプのネイルセラムです

 

8つの商品からトップ3を一覧表で比較!

このなかから特によかったオイルを2つ、セラムを1つに絞って、それぞれの特長を一覧表にしてみました

 

  1位 2位 3位
商品名  シャイニーピュアオイル  OPIプロスパネイル&キューティクルオイル 佐藤製薬ネイルリペアセラム
保湿力
浸透性
10ml 28ml 5ml
価格 1,650円(税込) 3,960円(税込) 2,420円(税込)
コスパ
製造国 日本 米国 日本

 

1位のシャイニーピュアオイル と2位のOPIプロスパネイル&キューティクルオイル はどちらも大好きで、交互に使うくらいなので、順位は本当につけにくいのですが、サラッとしているのに保湿力が高く良い香りのシャイニーピュアオイルをここでは1位にします。

 

ボトルもコンパクトなので携帯しやすく、職場でも使いやすいところが大好きです。

 

2位のOPIは逆にボトルが大きいのですが、わたしが購入しているフェムネイルのオンラインショップ では、実は定価5,940円 が 3,960円(税込)になっていてとてもお得です。ホームケアには大容量でたっぷりつかいたいし、コスパもとても良いと思います。

 

そして3つめのおすすめは美容液タイプの佐藤製薬ネイルリペアセラム。わたしも仕事中にはこれを使うことが多い大好きなセラムです。上の方の動画でご紹介したとおり、つけてすぐキーボードをたたいても汚さない浸透性・速乾性が助かります。

 

1位から3位はどれもとても良い商品なので、あなたの用途や日常の生活状況によって選んでもいいですね。

ネイルオイルがおすすめの方
ネイルセラムがおすすめの方
  • 日中もこまめにケアできる
  • オイルは苦手
  • 仕事上オイルは使えない、子供につくから使いたくない
  • 昼はセラム、夜はオイルと使い分けたい・・・ネイルリペアセラム
室長
これなら続けられる、というものを選ぶのが一番よ!

 

 

まとめ|爪のピンクの部分を伸ばす方法

爪のピンクの部分が美しく伸びた爪

最後に、爪のピンクの部分を伸ばす方法についてまとめます。

 

くりかえしになりますが、爪のピンクの部分を伸ばすためにまずおこないたいたった1つの方法は「ハイポニキウムの保湿」、スペシャルケアは「甘皮ケア」と「ネイルファイルでの爪カット」です

 

また、それもあわせて、確実にピンクの部分を伸ばすなら次のことにも気をつけましょう。

 

爪のピンクの部分を伸ばすポイント

こまめにハイポニキウムを保湿する

甘皮を丁寧にケアする

爪切りを使わずネイルファイルで整える。

そして、爪を道具代わりに使わない

50歳になるまで平たく扇形のチビ爪にコンプレックスを持っていたわたしが、ひとに褒められるまでの細く長い美爪に生まれ変わったのは、なによりもまず保湿をしつこいほどおこなったから。

 

乾燥を防ぐ習慣をつければ、爪はかならず健やかに育ってきます。

 

あきらめていた美爪を手に入れると、自信がついて、堂々と人前で手を出すことができます。

室長
ぜひみなさんもしっかり保湿をおこなって、美しく細長い爪を手に入れてくださいね!



  • この記事を書いた人

すこみみ

大人きれいを追求し続ける美容ブロガー/医療専門職/研修講師/広報担当のハイブリッドワーカー。メイクが好きすぎてメイクアップ認定講師まで取得した筋金入りのコスメマニア。髪も肌も目も思うとおりにいかなくなってきた50代を、楽しく・キレイに・軽やかに駆け抜けたい。詳しいプロフィールはこちら

-爪と手の悩み
-

© 2021 コスメとメイクの研究室 |すこみみLabo