コスメとメイクの研究室|すこみみラボ

コスメとメイクの研究室 |すこみみLabo

TPO別メイク ポイントメイク 40代からのメイク

【50代も若見え】マスクでも明るくきれいに見せるメイクポイントは?【40代も美しく】

【50代も若見え】マスクでも明るくきれいに見せるメイクポイントは?すこみみラボ

すこみみ

大人きれいを追求し続ける美容ブロガー/医療専門職/研修講師/広報担当のハイブリッドワーカー。メイクが好きすぎてメイクアップ認定講師まで取得した筋金入りのコスメマニア。髪も肌も目も思うとおりにいかなくなってきた50代を、楽しく・キレイに・軽やかに駆け抜けたい。詳しいプロフィールはこちら




マスクの毎日でメイクの楽しみを忘れかけてた室長のすこみみ(  @scomimicosme1)です、こんにちは。

 

毎年マスクの季節になると、確実に手抜きが進んでしまい、口紅も塗らない、チークもつけないのが当たり前になっていませんか?

室長
50代にもなると、誰も気にしないしいいか、なんてなりやすいのよね…

 

でも…

マスクだからとメイクをさぼると…
  • 食事の時に恥ずかしい思いをする
  • ただでさえ見えてる所が少ないからぼやけた顔になる
  • 気持ちがたるんでマスク不要になった時に一気に老け見えする
メイクはさぼっちゃダメ!
すこみみ室長

 

後悔するのは必然です。

 

そこでこの記事では、マスクだからメイクをさぼりたくなってしまう40代50代のあなたが、簡単で若見えしてキレイになれるマスクメイクのポイントを紹介します。

 

いつものメイクとは考え方や選ぶアイテムが違うので、ぜひチェックしてくださいね!

40代50代のマスクメイク、4つのポイント

青いサージカルマスク

マスクで顔が隠れるからアイメイクに力を入れましょう、なんていうのもちらほら見かけるけれど、それが生きるのは20代まで。

 

結論を先にいうと、40代50代のあなたにおすすめのマスクメイクでは、この4つが重要なポイントになります。

  1. 肌色は暗くせず、いつもより明るめに。
  2. マスクを汚さないためにもノーチーク。
  3. 唯一顔の見える目周りは、ハリと明るさ重視で若見えに。
  4. 口紅はいざ外す時のために塗る。マットなリキッドタイプで落ちにくく。

 

室長
気合入れ過ぎメイクは清潔感がなくてマスクに似合いません。

 

そもそもマスクというのは衛生用品ですから、ビジュアル系ミュージシャンでもない限り清潔な方がイイ感じ。

 

しかも、40代50代は肌の色つやハリに衰えが出てきますから、目だけが出ている状態では、凝りすぎると汚く見えてしまいます。

 

いろいろ試行錯誤してみましたが、明るさ重視で、少し物足りないかな?くらいのシンプルメイクが40代50代を一番美しく見せるという結論に達しました。

 

icon-mail-reply目次にもどる

 

肌色は暗くせず、いつもより明るめに

スポンジとリキッドファンデーション

 

マスクのない普段のメイクなら、40代50代で明るすぎるファンデ、というのは少々やぼったいので、標準色や首の色に合わせて顔より1トーン暗いくらいがおすすめ。

 

ところがマスクで顔を覆い、しかも額が前髪で隠れ、チークも見えない状態となると、そうした色選びでは顔に影が落ちたようになって、老けてくすんでしまいます

 

ファンデの色は、いつもよりやや明るめが垢ぬける

それを避けるために、マスクメイクのファンデーションでは「明るめの標準色」をぜひとも選んでみて。

 

そうすると、マスクをしていても、目元がそれだけで明るくなって、垢ぬけて見えます。

 

ファンデの前には透明感のあるピンク系の化粧下地を使い、肌色を補いましょう。

リキッド、エマルジョン、ミネラル、パウダリーを実験して比較。マスクにつかないファンデが見つかりました。

関連記事 落ちない崩れない!マスクにつかないファンデと有能アイテムは?

おすすめ
マスクをしている美しい女性
落ちない崩れない!マスクにつかないファンデ5選を評価。最強は?【2020メイク有能アイテム】

続きを見る

 

コンシーラーはあえて使わない

どのタイプでも、クマにコンシーラーをつけると、マスクと擦れて、崩れたりマスクが汚れたりしてしまいます。

 

だから、マスクメイクではコンシーラーはあえて使わないのがおすすめです。

 

そのうえで、目元のファンデーションは水をつけて固く絞ったスポンジでタッピングし、肌への密着度を高めることも忘れずに。

icon-mail-reply目次にもどる

 

マスクを汚さないためにもノーチーク

パウダーコンパクトにブラシでパウダーをつける女性の顔が映っている

 

40代50代の普段のメイクでは、くすみを払って血色を補うためのチークは必須アイテム。

 

ですが、マスクで隠れてしまうし、つければマスクを汚すしで、つける意味がほぼありません。ここはあえてノーチークでいきましょう。

 

そのかわり、肌はピンク系下地と明るめのファンデでくすませないようにし、色味は口紅で補えば案外大丈夫です。

icon-mail-reply目次にもどる

 

唯一顔の見える目周りは、ハリと明るさ重視で若見えに。

目を伏せた女性の目元のアップ

さて、いよいよマスクメイクの仕上がりを決める最大のポイント、アイメイクです。

 

ポイントとはいえ、目しか見えないから、そこに力点を置く、というのはやりすぎになりがち。

室長
皮膚がたるんで重く見えがちな40代50代のまぶたに強いアイメイクは似合わないわ。

 

まぶたがたるみ、若い頃より目が小さくなったと感じませんか?

 

そんな老けた目もとでガッツリアイシャドウに太めアイライン、ボリュームマスカラなどの濃いアイメイクをすると、目は一層小さく見えるし、シワっぽいまぶたの縁にアイシャドウが溜まったり、年齢とともにひどくなる涙目でアイラインが滲んだりファンデやパウダー、アイシャドウがカピカピになるしでキレイじゃありません。

 

マスクを着けた状態では、その汚さが余計に目立ってしまうので、ハリと明るさ重視で若見えを目指しましょう。具体的なポイントはこう。

  • まぶたのシワっぽさをスキンケアで撃退する(それは、可能です)。
  • アイシャドウはより粒子の細かいブランドコスメを使ってツヤを仕込む。
  • アイラインはプチプラペンシルでOK。まつ毛のすき間を埋めるだけがちょうどよい。
  • マスカラはウォータープルーフ、セパレート&カールでスッキリと。
  • アイブロウはパウダー&マスカラでやや明るめの太眉でバランスを取る。

 

まぶたのシワっぽさをスキンケアで撃退する

すっきりとしたアイメイクにしたくても、まぶたの皮膚が老けたシワっぽい状態では決まりません。

室長
シャドウがよれたり溜まったりしないよう、ハリのあるまぶたにするべき!

 

これには普段のアイケアが重要な役目を果たします。

 

40代50代のまぶたにハリを与え、重さを払う役目を果たす上まぶた専用の美容液ジェルのリッドキララ を使うと、アイシャドウベースもいらないくらい、なめらかなまぶたになるので本当におすすめ。

室長
高級ブランドの高いアイクリームより、コスパも良くて日中も使いやすいの。

まぶたがピッと張って、アイシャドウがキレイに乗ります。

\使い続けられる値段で安心/

解約縛りなし、アマゾン・楽天よりもお得。

 

皮膚がピンと張って、アイシャドウがキレイに乗るので手放せなくなります。二重もはっきり!

関連記事 リッドキララは効果なし?みんなの口コミを実際使った室長が検証!

おすすめ
花とリッドキララ2本と化粧箱
リッドキララは効果なし?みんなの口コミを実際使った室長が検証!

続きを見る

 

アイシャドウはより粒子の細かいブランドコスメを使って明るさとツヤを仕込む

マスクメイクでのアイシャドウは、色よりも明るさが重要。

 

そこでおすすめなのが、微細なパールが入った、上品なツヤの出るパウダーシャドウです。

 

室長
パウダーシャドウは、プチプラよりも断然デパコスがおすすめ!

なぜプチプラよりデパコスなのかというと、プチプラでは粉が散って密着しにくく、パールの細かさも今ひとつだからです。

 

ここでほしいのは、強い光ではなく、あくまでも「ツヤ」。これはデパコスの圧勝なんです。

 

マスクメイクになって、わたしが一番手に取るのが、トムフォードの4色パレット、アイカラークオードの限定色27A。

 

これの上左の白っぽい色を大きな熊野筆のアイシャドウブラシで1~2回つけた後、上右のピンクを二重幅にほんのり入れるだけです。

室長
メリハリをつけようと思わず、くすみを払うつもりくらいにするのがポイントです。

ブラシがいいと、余計なパウダーが乗らないのですっきりキレイに仕上がります。

 

竹宝堂アイシャドーブラシG-3

引用:竹宝堂公式サイト

 

アイラインはプチプラペンシルでまつ毛のすき間を埋める

アイラインはアイシャドウとは逆に、プチプラに良いものがたくさんあります。

 

柔らかくてまぶたの縁を傷めることなく、つけてすぐならスッと爪の先で伸ばすと目尻の仕上がりがキレイにできるし、なおかつその後はまったくよれたり落ちたりしないので、もう何本もリピ買いしているのが、キャンメイクのペンシル。

 

カラバリも豊富だし、どこでも手に入るしで、わたしは必ずストックも買っておきます。

室長
今回のメイクでは、黒よりもダークブラウンが優しくてぴったり。

 

マスカラはウォータープルーフ、セパレート&カールでスッキリと

気温によってはマスクをするとムレてしまうから、マスカラはウォータープルーフが絶対的におすすめです。

 

40代50代のメイクでは、ボリューミーなマスカラは不似合い。

 

さらに今回のマスクメイクはすっきり明るい目元がコンセプトなので、カールキープができてキレイにセパレートするタイプのものがぴったりです。

 

これもプチプラで十分…というよりも、わざわざプチプラを選びます。

 

メイク巧者の多くが使っている、キャンメイクのクイックラッシュカーラーなら、理想的な仕上がりが得られます。定番のコームタイプだけでなく、ブラシタイプも使ってみる価値あり!

室長
これもブラウンにしてみてね。

 

アイブロウはパウダー&マスカラでやや明るめの太眉でバランスを

最後はアイブロウ。

 

アイシャドウやアイライン、マスカラがすっきり、優しい仕上がりな分、アイブロウはナチュラルな太眉にするとバランスがいいんです。

室長
いつもはやや太めで緩やかに角度をつけるわたしですが、ストレートめがマスクには合うと断言します。

 

わたしはRMKのパウダーアイブロウでふんわり仕上げた後、固まりにくいインテグレートのアイブロウマスカラでアッシュブラウンの色味を加え、立たせます。

 

RMKのパウダーアイブロウは、付属のブラシが薄くて秀逸。小さいのにとっても描きやすいんです。パウダーも軟らかすぎず硬すぎずで、今やこれしか使いません。

 

icon-mail-reply目次にもどる

 

リップはマットなリキッドタイプで落とさない

リキッドリップ

リップについては、ティントタイプにしてみたり、色付きリップクリームにしてみたり、リップコートを使ってみたりと、ずいぶん試行錯誤しましたが、これだ!と行き着いたのが、メイベリンのスーパーステイ マットインクを指でつける方法

 

チップで直接つけると乾くのにも時間がかかるし、マスクにもついてしまうのですが、これを指でポンポンつけ、ほんの少し時間をおいてしっかり乾かせば、もう全くと言っていいほどマスクに移りません。

 

少し濃いめの色が多いのですが、このつけ方で、しかもアイメイクがすっきり目なので、バランスが取れます。

 

カラーも豊富で、イエベ・ブルべ、どちらにも合う色が見つかります。

室長
イエベ春のわたしは15番と175番が好き。ほんとに落ちないの!

 

今回のメイクは落ちにくいアイテムぞろい。一日の終わりにはしっかり、でも肌にやさしく落とせるクレンジングを選びましょう。おすすめはこの贅沢なクレンジングバーム。

おすすめ記事 ララヴィクレンジングバームでとろけるメイク落としを体験【動画あり】

おすすめ
ララヴィクレンジングバームでとろけるメイク落としを体験動画付きすこみみラボ
【LalaVieレビュー】ララヴィクレンジングバームでとろけるメイク落とし体験【動画】

続きを見る

 

icon-mail-reply目次にもどる

 

まとめ

  • 40代50代も明るく若見えし、キレイになれるマスクメイクは、肌色を明るめに仕上げ、すっきりアイメイクにするのがポイントです。
  • アイシャドウを軽く滑らかに仕上げるためには、普段のアイケアが欠かせません。
  • 目もとを軽く仕上げる分、リップははっきり目のマットタイプにすることでバランスを取りましょう。

このメイクにしてから、1日中キレイが保てて、マスクをしていても憂鬱さが減りました。

 

ポイントは、くれぐれも面倒くさがらずに、どうせ隠れるからと手抜きをせずに

 

今手抜きをすると、いずれマスクをしなくなったときに、そのツケが必ず回ってきます。

室長
簡単にきれいになれるから、ぜひ試してみてくださいね!



  • この記事を書いた人

すこみみ

大人きれいを追求し続ける美容ブロガー/医療専門職/研修講師/広報担当のハイブリッドワーカー。メイクが好きすぎてメイクアップ認定講師まで取得した筋金入りのコスメマニア。髪も肌も目も思うとおりにいかなくなってきた50代を、楽しく・キレイに・軽やかに駆け抜けたい。詳しいプロフィールはこちら

-TPO別メイク, ポイントメイク, 40代からのメイク
-

© 2020 コスメとメイクの研究室 |すこみみLabo