コスメとメイクの研究室|すこみみラボ

コスメとメイクの研究室 |すこみみLabo

ポイントメイク

50代のアイブロウを図解!おすすめペンシル・パウダーで眉美人に。

外国人女性の右眉と右目とブログタイトル




こんにちは、アラフィフ美容ブロガーの室長すこみみ(@scomimicosme1)です。

 

すこみみ室長ウィンクアイコン
室長
50代の今、わたしは眉がすごく大切なパーツだと思ってるの。

 

わたしが一番時間をかけるポイントメイクって、実はアイブロウなんですが、これが結構難しい。

 

ちょっとお手入れをサボるときれいな形がわからなくなってしまうし、ボサ眉で可愛いっていう歳はとっくに過ぎているし。

 

そこでこの記事では、50代からの顔を美しく縁取るアイブロウ、眉メイクについて解説します。

 

もう前髪で隠さなくても大丈夫。あなたの眉も今日からアカ抜けます。

 

こんなあなたにおすすめ

眉は怖くてあたれない

眉の整え方がわからない

若い時と眉毛が変わって困っている

左右の高さが揃わなくなった

どんなアイテムを揃えたらいいのか悩んでいる

 

整える前に知っておくべき、眉毛の年齢変化

すこみみ室長困惑顔アイコン
室長
なんだか前より眉毛が整えにくくなったのよね。

 

年齢とともに、髪の毛にうねりやクセを感じるのと同じように、眉毛にも年齢変化があらわれるんです。

 

お歳を召された方で、とても眉毛が長い方がいらっしゃいますよね(いわゆる長寿眉ね)。あれは本来抜け落ちるはずの眉毛のターンオーバーが悪くなってそのままになっているためで、眉毛の老化現象のひとつなんです。

 

それから白髪が混ざることも(たまーに私も混ざってる…「金髪?」と思ったら白かった!)。白髪って硬いから、他の眉毛とうまくなじまないし、扱いにくいですね。

 

あと抜け毛。代謝で抜けたらその後にまた生えてくるはず…が、生えてこなくて穴あきになってしまうのも、50代を過ぎればあり得る変化です。

 

髪の毛のセットに難儀するのと同じように、眉毛も年齢とともに扱いにくくなるのを実感するはず。

 

こんな眉毛をずーっと放っといてたまにカットや毛抜きをすると、整えたい形はわかりにくくなっているし、大幅に手を入れなきゃいけなくなっているしでとっても大変。

 

すこみみ室長ウィンクアイコン
室長
50代を超えた大人こそ、定期的にお手入れをしなきゃだめってことね。

 

まずは揃えたい、眉毛を整えるツール・アイテム

眉を整えるブラシやペンシルなど

 

すこみみ室長ウィンクアイコン
室長
必要なツールは揃えてね。

眉毛の長さを整え、余計な毛を抜くために必要なのはこのアイテム。

 

揃えたいツール

アイブロウシザーズ(眉バサミ)

スクリューブラシ

アイブロウコーム

電動シェーバー

 

アイブロウシザーズ(眉バサミ)

なんでも良さそうに思えるかもしれませんが、実はしっかり選んだほうがいいのがアイブロウシザーズ。

 

まずフィット感。小さいハサミは、持ちての部分が指に食い込んで痛みを感じるものもあるので、手に馴染むものを選びたいものです。

 

そしてもちろん刃先。細かな部分を思った通りにカットするためには、刃先が細く尖ったものがおすすめ。

 

衛生面やお手入れしやすさを考えると、ステンレス製がいいでしょう。

 

すこみみ室長アイコン
室長
ハサミは、ちょっと高くてもいいものを選びたい!

 

ほんのちょっと切りたい、というときには、質の高いハサミが一番。ちゃんとお手入れすれば使い続けられるから、ぜひ先行投資してください。

 

KOBAKOは貝印から出ている美容系ツールのシリーズ。わたしもアイブロウシザーズのほか、ネイルケアのアイテムも愛用しています。

 

 

スクリューブラシ

眉をカットする前には、必ず毛流れを整えます。

 

眉の毛流れを整えるのにおすすめなのは、歯ブラシ型よりもスクリュー型のブラシ。「眉を梳かせた!」という手応えが断然上です。

 

マツキヨや100均でも買えるけれど、ブラシの首の部分がヤワなものは避けたいし、ブラシの毛もしっかり植わっているものがおすすめ。

 

すこみみ室長ウィンクアイコン
室長
いいなと思うのはやっぱりコスメブランドやブラシブランドのものね。

 

たとえばこのアディクションのスクリューブラシ。コスメブランドの中でもアーティスト系ブランドのブラシは、プロユースのものだから使いやすさ満点です。

 

 

アイブロウコーム(眉用コーム)

眉をカットする際に絶対使うものがアイブロウコーム。

 

コームで眉毛を梳きおろして、はみ出た毛だけをカットすることできれいな形に整えられるので、これなくしてはカットはできません。

 

よく見かけるのは歯ブラシ型ブラシと対になったプラスチックコームですが、わたしは「マスカラコーム」といわれる金属コームも愛用しています。

 

どちらかというとプラスチックのほうが粗目、金属のほうが細い目です(細かいから金属はまつげにぴったりなんですよね)。

 

すこみみ室長アイコン
室長
金属コームもぜひ使ってみてね。

 

 

電動シェーバー

大人の場合は、うぶ毛をきちんと剃るほうが絶対いい!アカ抜け感が違ってきます。

 

この場合のシェーバーは断然電動がおすすめ。肌を痛めませんし、安全だからこそ肌に添わせてきちんと剃れます。

 

フェイス用だけでなく、眉用の小さなパーツや眉用カバーがついているタイプを選んでしまえば、難しさもありません。

 

すこみみ室長アイコン
室長
手頃な価格だから、定期的に新しいものに買い替えてます。

 

 

すこみみ室長ウィンクアイコン
室長
アイブロウブラシのおすすめもチェックしてね。

 

 

 

1か月に1度はやりたい、眉毛の整え方の基本

眉毛を整える女性

 

なんだかんだで、眉毛はすぐに生えてきます。

 

カットや毛抜きして形を良くしても、だんだん型くずれしてしまうので、いつでもきれいに眉を描くためには、1か月に1度は眉を整えたいものです。

 

すこみみ室長困惑顔アイコン
室長
ちょっとうっかりすると崩れて、整えるのに苦労するのよね…

ボサボサ眉と形の整った眉のイラスト

イラストの下の絵が、わたしの思う、理想的な大人眉の整った形。ゆるやかに角があって、眉頭も眉尻も程よい太さで正統派美人眉ですね。

 

すこみみ室長大喜びアイコン
室長
細すぎても古いし、太すぎ直線眉は若すぎ…これは賢そうでエレガント。

 

こうするためには、

 

step
1
長すぎる眉毛、眉頭より低い位置まで伸びた眉毛は不要

眉がボサボサしていると、50代になると思った以上に印象がぼやけます。

 

ただアイブロウマスカラで流れを整えるだけでは、このぼやけた感じは変えられないので不要な毛をカットしましょう。

 

眉頭の長すぎる毛は上のイラストのようにラインを合わせてカットするとボサ感が減ります。

 

また、眉頭下の高さより眉尻が低い位置にあるとタレ目になって、たるんだ印象が強くなるので要注意!

 

step
2
眉コームをあてて、はみ出る毛をカット。切り過ぎ注意!

毛流れに沿って、下向きに生えたところは上から下にコームをあて、はみ出た長い眉毛をカットします。逆に、眉頭から眉山までの上向きの毛は下から上に当てればOK。

 

ザクザク切って、あとからみたら穴が空いたように短くなっているところがあってはいけないので、ちょっとずつ、丁寧に揃えていきましょう。

 

眉山近辺の、上向きと下向きの眉毛が合流するあたりは、密集した感じになって扱いにくいところですが、丁寧に繰り返して量を調節します。

 

step
3
うぶ毛は電動シェーバーで剃る

うぶ毛をきれいにすると、アカ抜け感がアップします。眉周りや眉間のうぶ毛は、電動シェーバーを使ってきれいに剃ります。

 

目元が明るくなるし、アイメイクはのりやすく、眉の形もはっきりします。

 

すこみみ室長アイコン
室長
慣れていても間があくと整えるの大変。こまめにね。

 

左右のバランスを揃えてアカ抜け眉に、アイブロウの描き方とおすすめアイテム

若いときと違って、なるんできているし顔のクセはあるしで、左右の眉の高さが違う!なんていうことになりがちで、上手にアイブロウが描けなくなるんですよね。

 

すこみみ室長困惑顔アイコン
室長
私は左眉が高すぎる…

 

ココがポイント

ついつい片方ずつ完成させがちだけど、左眉尻を描いたら右眉尻、のように、部分ごとに交互に描いて行くとバランスが良くなります。

超定番な眉の位置取りや描き方はこんな感じです。

 

アイブロウ2

 

画像に描きこんだ線は、眉の位置を取る時の定番で、このモデルさんのメイクに合わせたわけではないんだけれど、定番どおりに測ってみたら、このモデルさんの眉がまさに理想的でしたね。

 

step
1
スクリューブラシで毛流れを整える

まず最初は、スクリューブラシで眉頭から眉尻に向けて梳かし、毛流れを整えます。

 

step
2
左右のバランスを見ながら全体のフォルムを作る

アイブロウパウダーとアイブロウブラシで眉の全体のフォルムを作ります。

 

いきなりペンシルだと難易度が高いし、強すぎる眉になって、失敗したときにもフォローしにくいです。

 

その点パウダーであれば、ふんわりとつくし、スクリューブラシや綿棒でぼかしたり拭ったりして修正がきくのでぜひそうしてみて。

 

すこみみ室長ウィンクアイコン
室長
おすすめパウダーは、今なら断然イプサですね。

 

 

イプサアイブロウ クリエイティブパレット

引用:イプサ公式サイト

 

これは色が自然で、とても使いやすいんです。ピンクとオレンジのパウダーは、髪の色に合わせて選んで眉頭にいれるんですが、地肌の色のままよりもずっと自然な仕上がりになるんですよね。

 

全体のフォルムは左上の薄い色で取るのがベスト。

 

これはまた、付属の小さなブラシがとっても優秀で、アイシャドウブラシ的なブラシ(写真下の方)とアイブロウブラシ(写真の上段の方ね)は厚みが2種類あって、薄い方はまさに1本1本眉毛を描ける感じ。

小さな付属ブラシは普段ほとんど使わないけれど、これは全部使っています。

 

 

すこみみ室長アイコン
室長
わたしは最近、イプサのアイブロウリキッドライナーも使ってます

イプサのアイブロウリキッドライナーは、他のブランドのアイブロウリキッドライナーとは一線を画する感じ。

 

イプサのリキッドライナーはアウトラインを描いて全体の形を作るためのアイテムなので、びっくりするくらい薄付きです。なんならパウダーアイブロウよりもさらに自然に仕上がるので、怖がらずに使ってみてほしい!

 

 

step
3
眉山・眉尻の位置を決め、眉尻の位置には印をつける

慣れてくれば印はいらなくなるけれど、上の方のモデル写真に描き込んだ位置をめやすに、眉山や眉尻を決めます。

 

すこみみ室長アイコン
室長
鏡で横顔をチェックしたほうがいいですよ。

 

正面だけ見ていると、眉尻の位置が高すぎて筋肉とあっていなかったり、不自然に跳ね上がっていたりしておかしくなっていることがよくあります。

 

ほかの人はあなたの横顔を見ることも多いから、正面顔だけで形を決めてしまわないようにしましょう。

 

step
4
眉山と眉尻のポイントをつなぐように眉尻を描く

眉尻は、細いペンシルか、イプサよりもう少し色の出るリキッドアイブロウで1本1本丁寧に描き足します。

 

太く描いたり、パウダーとブラシだけで描くと、ちょっと繊細さに欠けるかなという気がします。

 

すこみみ室長ウィンクアイコン
室長
おすすめのペンシル&リキッドアイブロウはこちら。

エレガンスのアイブロウペンシルはかなりのロングセラー。本当に眉毛1本を描ける感じです。

 

SUQQUのリキッドペンは水・汗に強いから安心。うっかりマロ眉になったらいやですものね。

 

step
5
眉頭を放っといたらダメ。淡くぼかして

眉頭を濃く描いたら貼り付いたような眉になるけれど、全く手を入れないのもNG。全体の連続性がなくなって、マヌケな顔になります。

 

淡い色、もしくは上のパウダーのピンクorオレンジでヌケ感を作ります。連続性があるように、眉山方向に向かってスクリューブラシでぼかしましょう。

 

step
6
アウトラインをぼかして自然に

アウトラインは力を抜いてそっとスクリューブラシでぼかしましょう。

 

ただし、あまり一所懸命にぼかすと、描いた意味がなくなるから気をつけて。

 

50代からの美しいアイブロウ|まとめ

  • 年齢とともに眉毛は変化。1か月に1度は整えると扱いやすくなります。
  • 揃えたいのはシザーズ、スクリューブラシ、コーム、電動シェーバー。
  • 左右のバランスを揃え、細すぎず、ナチュラル過ぎない眉がおすすめ。

 

すこみみ室長大喜びアイコン
室長
眉が決まったら、ぼやけた顔とサヨナラできます。

アイメイクよりアイブロウ、50代からの品ある美しい眉メイクにぜひ挑戦を!

スポンサーリンク



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

すこみみ

室長のすこみみです。メイクアップ認定講師資格持ってます。 雑誌やYouTubeなどで取り上げられるコスメやメイク、試してはみたもののどうも仕上がりがしっくりこない、オフィスには向かない、そもそも肌の悩みがあってメイクが映えない! 当研究室では、そんな悩みを持つオトナ女子が輝くためのコスメとメイク、そしてスキンケアを研究していきます。詳しいプロフィールはこちら

-ポイントメイク
-

Copyright© コスメとメイクの研究室 |すこみみLabo , 2019 All Rights Reserved.