40代、50代になると、メイクをしてきちんと感を持たせることは仕事のマナーでさえあります。

でもきちんとさせるだけで自分らしさや流行を取り入れられないのもつまらないですよね。

自分のしたいメイクが許されるのはどこまでなのか。

今回は、おすすめのメイク動画もご紹介しながら、40代からの大人の通勤メイクの法則について考えます。

スポンサーリンク

信頼されて自分らしさもある、大人の通勤メイクとは?

大人の通勤メイク10の法則とは?どこまでが許されるライン?

 関 連  乾燥によるメイク崩れ対策は?メイク直しの方法と道具って?

すこちゃんすこちゃん

40・50代ともなれば、職場で責任ある立場になっている人も多そうですよね。

室長室長

その通りね。ただ自分が好き、というだけではいけなくて、立場にふさわしい通勤メイクが必要になってくるのよ。

責任ある立場になっている40・50代の女性であれば、ただトレンドを追うだけのメイクではいけません。「この人になら任せられる」と思われる清潔感やきちんと感、TPOに合わせられるマナーや常識を感じさせるメイクが「求められます」。

 

そう。大人のメイクは「自分がしたい」だけではダメ!「周囲に求められる自分」を意識したメイクでなければいけないのです。

 

流行の色を取り入れるにしても、明度を一段落としてみたり、広い範囲ではなくアイラインにこっそり仕込んでみたりするなどして「イタい人」と思われないようにしなければいけません。

 

でも、逆にバブルを引きずったメイク法や色の使い方から進化していないのも問題。青みピンクがはやっているからといって、自分が20代だったころと同じアイテムを使ってしまい、「昭和っぽいメイク」になってしまわないよう注意が必要です。

 

また、20・30代の女性なら似合うかもしれない色味のないベージュのワントーンメイクは、40代以上の女性にははっきり言って似合いません。下の画像のように、どんなにきれいな人でも地味で具合が悪そうに見えてしまいます。ベージュを使う場合はワントーンを避け、リップやチークの色で血色を補うようにすることをおすすめします。

色味のないメイクは、大人似は地味すぎ。
色味のないメイクは、大人には地味すぎ。
引用元:https://www.biteki.com/

40代からの大人の通勤メイク10の法則

女性とメイクブラシ

それでは具体的に、40代からの大人メイクでは、どういった点に気をつければよいのでしょうか。

法則1 「清潔感」は肌の透明感で作る

大人の肌に現れやすい、乾燥やくすみ。これらは肌から透明感を奪い、くたびれた印象を与えます。透明感のためにはまずはスキンケアが重要。保湿やエイジングケアをしっかり行いましょう。

 関 連  大人の肌にハリ・ツヤを取り戻す基礎化粧品のおすすめは?

 

そのうえでベースメイクはほど良いセミマット肌をファンデーションで作り、ほのかなラメやパールの入ったフェイスパウダーでツヤや透明感を演出しましょう。

 関 連   「もともと肌がキレイな人」に見せる!ベースメイクの情報まとめ

 

ディオールのフェイスパウダーは室長も使っていますが、ラメ感は本当にほのかに感じる程度。キラキラしないで透明感が出るだけなので、大人の通勤メイクにぴったりです。

清潔感のある大人メイクの動画としておすすめしたいのが、メイクアップアーティスト兵藤小百合さんの「大人のキレイになるメイク」。

どの動画も大人の女性にとてもおすすめです。

法則2 人に不快感を与えない、マナーとしてのメイクが大事

はじめに書いたように、責任ある立場にある40代からの大人なら、自分の好みだけでメイクをしてはいけません。

 

可愛いからといって20代に流行っているメイク方法やアイテムをそのまま取り入れると、似合わないばかりか軽く見られますし、面倒に感じてメイクをしなかったり、忙しいことを言い訳に手抜きメイクにしたりするのもNG。

 

メイクは相手に不快感を与えないためのマナー、という認識を持てるのが大人の女性です。やりすぎややらなすぎになっていないか確認するなら、いつものメイクをした自分を自撮りして、客観的な目で判断するとよいでしょう。

法則3 ベースメイクと美眉とリップで「きちんと感」を出す

20代30代の頃と違って、大人の通勤メイクでベースメイクやアイブロウ、口紅の手抜きをすると、一気にお仕事顔でなくなってしまいます。

 

もし寝坊してしまっていくつかのメイク工程を省略しなければならないとしても、ベースメイクと眉だけはいつもどおりに丁寧に作りましょう。

 関 連  アイブロウブラシで美人眉に変わる?おすすめブランドと口コミは?

 

急いでいるときでもガタガタ眉にならないアイテムとして室長が愛用しているのが、こちらの眉用テンプレート

 

こちらは、眉メイク名人、メイクアップアーティストの尾花ケイコさんがプロデュースしたテンプレートです。持ち手がついていていつでも同じところにピタッと合わせることができるため、急いでいるときにも安定して同じ眉の形が作れます。

 

おすすめの使い方は、時間のある時にこのテンプレートを使ってわざとしっかり眉を描き、はみ出た部分を抜いたり電気シェーバーで剃って形を整えておくこと。

 

そうして形を作っておいて、毎日メイクではテンプレートでポイントとなる眉山や眉尻、下のラインのガイドラインをざっくり取るだけにします。後は細いペンシルやパウダーを使って足りないところを足し、抜け感のある眉を作りましょう。

 

最近の動画で参考になったのは佐藤 優里亜さんのこちらの動画。抜け感もありつつきちんとした眉が美しいです。

 

リップメイクに関しては、仕事では輪郭をちゃんととったほうがベター。セミマットからやや艶のある、赤系やコーラル系リップで、きちんと色を差しましょう。

リップライン
引用元:http://be-story.jp/

法則4 自分が好きなだけじゃダメ!周囲とのバランスも重要

繰り返しになりますが、責任ある立場にいる大人の女性は自分の「好き」だけでメイクするわけにはいけません。上司や同僚、取引相手から信頼を得るには、周囲から浮いて見えないメイクであることもとても大切です。

 

とくに、男性の多い場であれば、相手をびっくりさせない、ベーシックなメイクがおすすめ。女性だけなら理解してもらえる色選びやテクニックも、男性にはわかってもらえないことが多いです。

 

「どうしてそんなメイク?」と疑問を抱かせたらその時点でアウト!ツヤありすぎのハイライトやリップグロス、ボリュームつけすぎのマスカラなどはまったく理解されないと思った方が良いでしょう。

法則5 お疲れ顔はNG!生き生きとした表情をメイクで演出

朝いちばんやお昼休み後でも、疲れた顔に見えるのはダメ。

 

疲れた顔になんの対策も立てていないのは、セルフマネジメント不足の人に見えてしまいます。忙しいことはお疲れ顔や振り乱した髪が許される理由にはなりません。

 

どんなに忙しくても、きちんとメイクをして血色を補うようにしましょう。

法則6 たるみまぶたが大敵。目もとははっきり、すっきりと

40代を超えると、明らかに変わってくるのが目もと。まぶたが重たくかぶさって、きりっとした印象が薄くなってきます。

 

目もとをはっきりさせようとして、ボリュームのあるマスカラをつけたり、長いエクステをつけたりするのは逆効果です。かえって目もとが重たく見えて、はっきりするどころか目が小さく見えてしまいます。

 

アイシャドウはむしろシンプルに単色使いにし、ラインはまつ毛の間を埋めるように。極端なはね上げラインはせず、ミリ単位で水平に延長するにとどめます。

 

最近室長がしているのは、明るめのピンクベージュの単色シャドウを、今までよりもやや広めにのせること。

 

たとえば下の写真は小田切ヒロさんのメイクですが、アイホールに広げるシャドウをいつもよりも5mmオーバーでつけているそう。単色でもこうすると自然な立体感が得られます。

オトナアイメイク
引用元:http://be-story.jp/

上のメイクで使っている単色アイシャドウはこちら。

もうひとつ、室長が新しく購入して愛用しているのが、嶋田ちあきさんプロデュースのこちらのベージュピンク。ほのかなラメの入った、しっとりタイプのシャドウで、抜け感がありつつ女らしい目元になります。

 

たるんできたまぶたにアイラインを入れることに、難しさを感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな場合は、まぶたを引き上げるとまつ毛の際が良く見えるのでぜひやってみてください。鏡を見降ろすかんじにするのもおすすめ。お手本になる動画はこちら。

動画はリキッドタイプですが、ペンシルタイプでもまぶたの引きあげ方は同じです。

 

もちろん、メイクですっきり見せるだけでなく、普段からの目元ケアでたるみまぶたを解決することもわすれずに。アイプチを使わなくても、今は目元の印象を変えてきれいな二重を作れるアイテムがあるので、ぜひ試してみてください。

 関 連  リッドキララを50代の室長が3本使い切り!変化は?体験を口コミ!

法則7 最低限のメイク直しで済む、くずれない肌に

大人の肌は、乾燥によってメイクが崩れやすくなります。また、外勤をする方の場合はテカリも気になるでしょう。

 

でも、だからといって、こまめにメイク直しするのは考えもの。隙がなさすぎるし、顔のことしか考えていなさそうにみえてイタい感じもします。

 

朝、手をかけて崩れないメイクをしておいて、昼食後に最低限のメイク直しで済ませるくらいが、ふるまい的にも美しいと思います。

 

雑誌などではクリームやリキッドが相変わらず大人におすすめとなっていますが、ヨレたりかえって乾燥したりする気がします。

 

室長も本当に様々なベースメイクをしてきましたが、朝したまま、パウダーのつけ直しすら不要でかつ適度なカバー力と自然さで今とても気に入っているのが、ミネラルファンデーションです。ツヤ感の強いものよりも、セミマット系のしあがりになるものがおすすめです。

 

レイチェルワインはお試しのセットから使い始めましたが、本当に良くて今は現品を購入しています。現品にはパウダータイプのコントロールカラーやコンシーラーもあって、とてもミネラルのシリーズとは思えないしあがりになります。

 関 連  レイチェルワインのミネラルファンデーションの口コミと使用感は?

法則8 リフトアップして見える、重力に逆らうメイクを

40・50代になると、顔の輪郭も変わって、なんとなく四角っぽい顔にみえることもあります。

 

これに逆らうには、リフトアップしてみえるよう、目の錯覚を利用したメイクをマスターするのがいちばん。

 

綺麗な血色に見せるコーラルやサーモン系のチークをほんのり高い位置に入れたり、シェーディングを頬骨下に軽くいれると、シュッとした輪郭が戻ってきます。シェーディングを入れる場合は、グレーっぽくない自然なベージュブラウン系がおすすめです。

 関 連  シェーディングとハイライトで小顔になる!コントゥアリング情報まとめ

 

コントゥアリングを極めた室長が愛用しているのはエトヴォスのパウダータイプ。これでシェーディングすると、本当に自然な立体小顔になるのでやめられません。

エトヴォス ミネラルシマリングデュオ ハイ&シェイド

 

リフトアップして見えるチークの入れ方のおすすめ動画はこちらです。

法則9 自分自身が光るメイクを知る

ここまでは責任ある立場の女性として、きちんと見える、マナーを忘れないメイクをメインに考えてきましたが、これを意識しすぎると、画一的なメイクになりかねません。

 

アップで鏡を見ながらメイクするだけでなく、引いて見て、バストサイズや全身サイズで自分を見つめてみましょう。

 

そうすると、自分の顔立ちや雰囲気、服装にしっくり来ているかどうかが見えてきます。メイクばかりが前面に出ていないかどうか、服装に溶け込む色選びができているかどうかなどを客観的に見て、自分自身が際立つメイクをめざしていきましょう。

法則10 大人っぽいだけじゃだめ!可愛げを残す

信頼感を得るメイクであることは大切ですが、全く隙のない雰囲気になってしまうと、これも良くありません。

 

私がいいなと思う40・50代の通勤メイクのお手本は「逃げ恥」の時の石田ゆり子さん。

 

仕事はできるのに、実は可愛いところのたくさんある「ゆりちゃん」て、とても素敵でしたよね。仕事で認められつつ同僚や部下に愛されていた、あの雰囲気を目指したいものです。

 

石田ゆり子さんをモデルにしたメイク本なら、大人の女性の可愛げをマスターできちゃいます。コスメやメイクツールもたくさん紹介されていますよ。

まとめ

ポーチとコスメ

 関 連  メイク直し用に乾燥肌さんがポーチに入れてる保湿コスメは?

 

40・50代の通勤メイクに必要なのは、

  • 清潔感
  • 疲れの見えない生き生き感
  • 信頼感や好感度
  • イタい若作りに見せないかわいらしさ

です。

 

忙しいからといって手抜きしていては、とたんに疲れが現れて「ザ・ベテラン」という感じになってしまいます。そうならないよう、さっそくご自分のメイクを見直していきましょう。

 

室長室長

今の自分に合ったメイクをマスターして、上司や仕事相手からは一目置かれ、後輩から憧れのまなざしで見られる女性でいてくださいね。

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう