スポンサーリンク

コスメとメイクを愛するみなさま、こんにちは。

室長のすこみみです。

 

今の流行肌はセミマット、「少しメイクした感」のある肌。

ファンデーションはそんな肌を作ってくれるパウダリーが人気です。

 

ですが、ご存知の方もいらっしゃるとおり、

室長はリキッドファンデーション大好き。

 

そこで今回は、

流行のセミマット肌をリキッドファンデーションで作ることができる

YSLの人気ファンデーション、

 

イヴ・サンローラン・ボーテ

タン アンクル ド ポー

 

について、色選びや使い方、レビューとおすすめレビュー動画を中心にご紹介します。

 

今の流行肌については、こちらでご紹介しています!

 

タン アンクル ド ポー / YSL

関連記事:夏もやっぱりリキッドファンデが好き?崩れ対策やおすすめは?

pin

25ml ¥6,600(税抜)

全7色(標準色B30)

SPF18 PA+++

インク構造にインスパイアされたリキッドパウダーという構造が採用されており、

肌に乗せるとリキッドがパウダーに変化する、

とてもとても軽い!ファンデーションです。

 

化粧崩れの原因となりやすい

皮脂・汗・乾燥に強いという特徴があり、

毛穴や色ムラもカバーしてくれる、ということで

優秀ファンデの予感がします。

公式サイトはこちら

触れたくなるようなフォギー肌、一日中続く
「リキッドパウダーファンデーション」
リキッドがするすると心地良くなじみ、さらさらのパウダーに変化。羽のように軽く、肌と一体化するようにぴたりと密着。

製品特徴
1. 未体験のフィット感、つけていることを忘れる軽やかさ。
2. くすまない、崩れない、一日中美しさが続く。
3. フォギーなヴェールで洗練された肌に。

タン アンクル ド ポーの色の選び方

スポンサーリンク

タン アンクル ド ポーは全7色。

色のイメージは下の画像の通りです。

引用元:http://www.yslb.jp/?p_id=Y20150

わりとこの色のイメージが実物と近いな、という感じで

標準色B30はご覧のとおりやや暗めで赤みがない印象。

というか、すごくニュートラルで赤みも黄みも強くない色といったらいいでしょうか。

 

口コミをみると一段明るめのB20を使っている人が多いようで、

画像を見てもB20が人気NO.1色ですね。

こちらの色も、赤みも黄みも強くない、という口コミが複数見られます。

さらに公式サイトのカラーチャートを見てみましょう。

 

引用元:http://www.yslb.jp/?p_id=Y20150

 

やはり、赤み・黄みに転んでいない色が多いのですね。

これは個人的にはとてもうれしいですし、

B20もしくはB30でぴったりくる、という人が多いのではないでしょうか。

なんといっても「日本人の肌色に合わせて開発された」というのがありがたいです。

 

7色というのは国内販売のファンデーションでいえば

決して少ない色数ではなく、偏りのない色展開でもあるので

気に入った色を探しやすいと思います。

タン アンクル ド ポーの使い方

こちらのファンデーションについては、

普段ビューティーブレンダーやファンデーションブラシを愛用する私も

指で伸ばすのが大原則です。

スポンジやブラシを使うと吸いとられてしまうと思うので注意が必要です。

 

まず、私はこのファンデの前に、ツルンとした肌にしてくれる

YSL ラディアント タッチ ブラープライマー

色を補正してくすみを飛ばしてくれる

oin

THREE アンジェリックコンプレクションプライマー 02 JUST PEACHY

の2つで下地を作っています。

 

THREEのプライマーについてはこちらをご覧ください

 

ファンデーションの手順は…

  1. 外フタを取ると中にスパチュラ付きのキャップがあります。
  2. 1回量は、このスパチュラについてくる量で充分だと思います。
    液だれに気を付けて引き抜きます。
  3. 手の甲やパレットにスパチュラの表裏についたファンデを取ります。
  4. 指でくるくるなじませてから(なじませすぎるとその間に揮発しますから
    気を付けて)、素早く目の下の三角地帯(目の際は避ける。目の下1センチくらい、
    鼻の脇に置く感じ)に置き(片方ずつが良いと思います)、
    中指or薬指の全体を使ってササッと外側に伸ばします。
    ぐずぐずせず、1回で伸ばすのが汚くしないポイント!
  5. 手の甲に残っている分+指に残っている分で、額・鼻・あごに伸ばし、
    さらに残った分で細かいところに伸ばします。
  6. 私は首や顔の一番外側の境目のところは水を絞ったビューティーブレンダーで
    ぼかしています。
  7. これでOK。パウダーは不要です。

目の下の三角地帯はいちばん厚くついてよいところ。

そこにさえついていれば「メイクした感」がでます。

そこから外に向かって薄くなると、立体感も出て、仕上がりも自然になります。

 

とても簡単に使えるファンデーションですが、

使い終わったら、スパチュラ付きのキャップはしっかり締めてください!

これが中途半端だと、外ブタにくっついてしまって取れなくなったり

揮発してしまうそうです。

(BAさんに力説されました)

タン アンクル ド ポーの使用感・口コミ

それでは、タン アンクル ド ポーの室長レビューと使った方の口コミです。

タン アンクル ド ポーの室長レビュー

結論から言うと、私はとても気に入っていて、

珍しく、リピする!と思っています。

それでは細かく感想を書いてみますね。

テクスチャー・のび

pin

購入のきっかけはサンプルパウチを使ったこと。

このパウチ、普通のリキッドファンデのサンプルと少し違い、

写真のようにペラペラのシートをはがしたらごく少量が入っている、というものなのですが、

すごく少量なのに、とってものびが良くて余裕で全顔メイクできました。

 

肌にのばしている間はまるでオイルのようななめらかでふわふわでスルッスルのテクスチャー。

けっして乾かず、のばしている途中で指が引っかかったり止まったりすることがありません。

そしてばし終わるとサラサラのパウダータッチに変化して、よれない!

このテクスチャーが全く肌に負担を感じさせず、とても気に入っています。

標準色なのに、日本のファンデにありがちな明るめの色ではなくてちょっと暗い。

それがとても好きです。

先に書いた通り、赤みにも黄みにも転んでいないので、

時間が経っても赤ぐすみや黄ぐすみが出てきません。

カバー力・仕上がり

基本薄付きなので、高いカバー力はありません。

でも、まったくカバーしないわけでもなく、ほどよい感じです。

セミマットな仕上がりなので、まさに今流行の「ほどほどにメイクした感」があり、

仕事でもプライベートでも違和感なく使えます。

もち

私は乾燥肌なのですが、乾燥崩れは起きません

また、暑くて湿度の高い日でも皮脂や汗による崩れも目立ちません

正確に言うと、もしかすると多少崩れているのかもしれませんが、目立ちません。

毛穴落ちも私はありませんでした

 

ほめすぎ?と思うくらいですが、個人的にはほんとうにおすすめです。

タン アンクル ド ポーを使った人の口コミ

OK顔

「リキッドなのにサラサラ」「マットなのに素肌っぽい」「セミマット」「軽い!」など、テクスチャーに関する絶賛が多いです。また色についても「くすまない」「赤みがない」「白浮きしない」とニュートラルでクリアな色に対する高評価が目立ちました。カバー力については「ほどほど」で「ちょうどよい」くらいの評価でした。

もっと困った顔

「SPF値が低いので下地でUV防止」という意見は複数ありました。また、もちについては人によって「崩れやすい」という意見もありました。

肌質の個人差があるので、もちろん全員に好評ということではありませんが、

総じて高評価で、アットコスメの評価平均点は5.0と高い結果でした。

タン アンクル ド ポーのおすすめ動画

それではおすすめ動画を見てみましょう!

 

. 杉本 佳菜子さんも室長と同じく

夏のファンデーションとしてタン アンクル ド ポーにぞっこんだそうです。

標準色より1段明るいB20を使っていますが、

手に取った印象、割と落ち着いた色に見えると思います。

 

もうひとつ、なつましhouseのなっちゃんさんのレビューです。

こちらは質感の変化がよくわかる動画です。

まとめ

2017夏おすすめ化粧下地で艶肌ヘルシー肌!使用感や評判(口コミ)は?

美肌作りのもう一つの主役、化粧下地(ベース)選びのお役に立ちます

  • イヴ・サンローラン・ボーテの「タン アンクル ド ポー」を特集しました。
  • リキッドなのに肌に伸ばすとパウダーになる高機能のファンデーションで、皮脂・汗・乾燥によるくずれを防ぐという謳い文句どおり、時間が経ってもきれいな状態を保てるファンデとの口コミが多く、室長も同じ印象を持ちました。セミマットなしあがりで、今っぽい肌を作れます。
  • もう一つの特徴として、ニュートラルで使いやすい色展開があり、これも、時間が経ってもくすみがないと好評かを得ていました。
  • 使用時は、スパチュラ付きの中キャップをしっかりしめることだけは忘れずに!

いかがでしたか。

私の場合は、

こんなに気に入ったリキッドファンデは久しぶり!絶対リピ!

というくらいに気に入ったファンデーションでした。

 

春夏はもちろん、秋までは余裕で使えそうなファンデーションです。

(冬は保湿をしっかりしたほうが良いかも?また追ってレビューしますね)

色や質感に興味を持った方、ぜひお試しくださいね。

 

旬の肌を作るなら、こちらのまとめ記事が便利です!

「もともと肌がキレイな人」に見せる!ベースメイクの情報まとめ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう