スポンサーリンク

室長室長

みなさんこんにちは、室長のすこみみです。

 

先日、いま私がとても気に入っているファンデーションとして、

イヴ・サンローラン・ボーテ タン アンクル ド ポー

をご紹介しましたが、そちらはもうご覧いただけましたでしょうか?

 

今回はそちらの記事でもちらっとご紹介しました、

欠点をきれいにカバーしてくれる優秀下地、

YSL ラディアント タッチ ブラープライマー

について、使い方や順番、使用感・口コミなどをご紹介します。

 

関連記事:YSLの優秀ファンデ、タン アンクル ド ポーの色や使い方は?

 

 

 

ラディアントタッチブラープライマー / YSL

関連記事:今流行の肌とパウダリーファンデ、化粧下地の選び方ならこちらから!

pin

30ml ¥6,300(税抜)

※UVカット効果はありません。

 

YSLの名作ハイライター「ラディアントタッチ」の名を冠するメイクアップベース。

“radiant”とは「光を放つ」という意味。

ハイライター「ラディアントタッチ」と同じように光を使いつつ、

マットでツルンとした肌をつくってくれるメイクアップベースです。

公式サイトはこちら

 

肌をマットで均一に整える効果と、光と艶を与える効果の2つを両立させた画期的な処方。独自の光拡散効果で巧みに光を操り、毛穴、小じわ、くすみなどの欠点を瞬時にカバーする優れたブラ―(ぼかし)効果を発揮。さらにゴールドパールが肌を艶やかに輝かせます。4種の美容オイルが肌に潤いを与え、ファンデーションの仕上がりとモチを高めます。

ラディアントタッチブラープライマーの特徴

このメイクアップベースには大きな3つの特徴があります。

  1. 「ソフトフォーカスクリスタルジェル」によるブラー(ぼかし)効果
    ごらんの通り、このメイクアップベースは透明です。この透明なジェルによってツヤと透明感を与えながら光を飛ばし、毛穴や小じわ、色ムラなど見せたくないものをぼかしてくれます。
  2. フラットゴールドパールによる立体効果
    上の写真では一部拡大してみましたが、肌に伸ばすとはっきりとは分からなくなるような繊細なゴールドのパールがジェルに入っています。でもこのゴールドパールが、実際に肌に乗せると自然に輝いて、立体感を出してくれます。
  3. オイルによる潤い
    肌に伸ばした瞬間に、ジェルなのにオイルのような質感を感じます。実はこのプライマーには4種のエモリエント成分を含むナリッシングオイル(nourishing:栄養満点の)が入っているんです。ジェルなのにオイル。不思議な質感ですが、これが、ツルンさせるタイプのベースなのに肌が乾燥しない理由のようです。

ラディアントタッチブラープライマーの使い方

スポンサーリンク

それでは使い方です。

買った時に悩んだのは

「1回量」「使う順番(コントロールカラーとどっちが先?」「のばし方」。

ということで、今回はこの点を中心にまとめます。

1回の使用量

公式サイトに使用量は書かれていません。

写真は1プッシュの量です。

伸びがとても良く、テクスチャーもスルスルしているので

1プッシュで十分全顔をカバーできます。

つける順番

公式サイトには

  1. スキンケア
  2. スキンケア後の肌に直接つける
  3. ファンデorパウダー

の順番で説明があるだけです。

 

「ん~じゃあ、色補正のコントロールカラーやUVカット用の下地はいつ??」

 

となってしまいますよね?

それで皆さんどうされているかを調べてみました。

同じYSLの下地の場合

UVカット+コントロールカラーの

YSL トップシークレットCCクリーム(SPF35・PA+++)

pin

を使っている方は、おおよそブラープライマーを後にしているようです。

私もサンプルのみ使ったことがありますが、軽いテクスチャーのものなので、

どちらが先でも滑りに影響するようなことはなさそうな印象でした。

もっとしっかりしたテクスチャーの下地併用の場合

もっとしっかりした、ジェル状でない下地を併用している人はどうかと思い探したところ、

ランコムのUVエクスペールBBを併用しているという方もいらっしゃいました。

こちらはかなりしっかりしたテクスチャーですが、

ブラープライマーを後に塗ったほうが断然持続したというご意見のようでした。

室長の場合(軽くてUVカット+色補正もするTHREEの下地と併用)

私はとても軽い感触のUVカット効果もある

THREEのコントロールカラー、アンジェリックコンプレクションプライマー

を併用していますが、

悩んだ末、ブラープライマーの前、ブラープライマーの後の両方試してみました。

結果、前後どちらでも、あまり塗る際の滑りの良さや化粧もちには影響しませんでした!

結局どっちが良いの?

今多い、ジェルっぽいものなら

ブラープライマーの前後どちらでも邪魔にならないと思いますが、

もっとしっかりしたテクスチャーの下地を併用する場合は、

ブラープライマーを後にする方が良いかもしれません。

ブラープライマー自体は軽い質感で伸びの良いものなので、

つけること自体は前後どちらでも大丈夫そうな気もしますが、

化粧もちやUV効果なども考えた場合、

手の甲などで一度試してみるとよいと思います。

 

トップ シークレット CCクリーム とアンジェリックコンプレクションプライマーの記事はこちら

2017夏おすすめ化粧下地で艶肌ヘルシー肌!使用感や評判(口コミ)は?
コスメとメイクを愛するみなさま、こんにちは。室長のすこみみです。 夏のベースメイクにおいて、ファンデーション選びと同じくらい重要なのが化粧下地選び。 ...

ランコムのUVエクスペールBBの記事はこちら

2017夏おすすめ化粧下地は肌に優しいのに日焼け止めも!?口コミは?
コスメとメイクを愛するみなさま、こんにちは。室長のすこみみです。 紫外線は5月から7月ごろにとても強くなる、というのはもはや常識ですよね。 私は子供の...

使い方(のばし方)

後でおすすめ動画でもご覧いただけると思いますが、

あまりテクニックが要りません。

 

というのも、軽くて柔らかくてスルスル伸びるジェルだからです。

 

肌にのせて急いでのばさないと乾いてしまうというタイプのものでも

毛穴がツルンとする下地にありがちなパテのようなものでもありません。

両頬・額・鼻に5点置きしたら、

内側から外側に向かって薄くなるように伸ばします。

小鼻の周りや顎、目の下の三角ゾーンのように、

アラの目立ちやすいところにはきちんと乗るように丁寧につければOKです。

ラディアントタッチブラープライマーの使用感

それでは私と使った方たちのレビューです。

ラディアント タッチ ブラープライマーの室長レビュー

こんなテクスチャーは初めて!良くのびる!

というのがファーストインプレッション。

テクスチャー・つけやすさ

ジェルだけど伸ばすとオイルのようなしっとり感が強く感じられます。

でも、ギトギトするようなことはありません。

のばし終えたらサラリとしあがります。

とてものばしやすくて、細かいところまでなじませやすいです。

ファンデーションとの相性

同じブランドのタン アンクル ド ポーを使っているからということもあるでしょうが、

とてもファンデーションとの相性が良いです。

 

とくにタン アンクル ド ポーはサラサラタイプのリキッドですので、

サラリとしてツルンとなった肌だととてものばしやすいんですよね。

 

ただし、この感触であれば、

後にくるファンデのタイプは問わずに綺麗になじむと思います。

仕上がり

とてもきれいに仕上がります。

感激、といっていいくらい。

 

ツルンとするし、ファンデと相まってサラッとしつつしっとり。

あとでかさついたりベタベタすることもありませんでした。

 

キラキラはあまり、というかほとんど感じませんでした。

明るさについても目立つほど変わる感じはありません。

が、手の甲にのばしてみると、

ごくごく細かな粒子のキラキラが、ところどころできらめいている感じ。

ただしファンデやパウダーを上から重ねたらあまり目立たない程度なので、

普段使いしてまったく問題ありません。

化粧もち

もちはとても良いです。

オイルが入っているとは思えないくらい、崩れません。

反対にジェルだからといって乾燥を感じることもありません。

乾燥崩れなし、皮脂や汗も今のこの暑い時期(7月)でもほぼ問題なく、

昼はタッチアップなしで大丈夫です。

夕方軽くティッシュで押さえて、かるくパウダーをつけるくらい。

汚く崩れることはありませんでした。

香り

つけた瞬間の香りは、よくあるYSLのコスメの香り。

とても良い香りですが、香りが苦手な方にはどうなのかな…私はこの香りは好きです。

 

ただ、少し時間を置くと、ちょっとオイルっぽい香りが混じるんですよね。

その香りが唯一私がちょっと気になる点です。

でも、ファンデーションを重ねた時点でまったく気にならなくなります。

ラディアント タッチ ブラープライマーを使った人の口コミ

OK顔

「マットでサラサラ」と「毛穴が目立たなくなる!」という評価がとても目立ちます。また、「ビニールを貼ったように」凸凹が消えて肌がフラットになる、化粧持ちが良くてお直しがほとんどいらない、という口コミもよく目にしました。

もっと困った顔

日焼け止め機能がついていないことを指摘する声はやはり多かったです。あとは、良い商品ゆえに価格の高さがネックと感じるという声も。

アットコスメの評価点は5.1(2017年7月現在)で、同時点の化粧下地ランキング6位。

ですからあまりよくない口コミはみられませんでした。

日焼け止めの機能についても、

今はファンデーションの日焼け止め機能も優秀ということもあり、

だから選ばない!というよりは「ついていたらなお良いのに」という程度の評価でした。

おすすめの動画

この独特のテクスチャーや塗った感じを動画を見てみましょう。

 

まずはレビュー動画。

C CHANNEL から、中田クルミさんのレビューです。

お次は海野ユキさんのレビュー&使い方動画。

「香りチェック」の表現がおもしろいです!

今回は3本目までいってみます!

channel Shii ShioneさんのCHITCHAT、メイクしながらおしゃべりする動画です。

0:39ころからブラープライマーのレビューが見られます。

どの動画を見ても、まずのびの良さが伝わったのではないかと思います。

いろいろなコスメをつかっているYouTuberさんからみても、

かなり独特で優秀な下地であることがわかりますね。

まとめ

2017のおすすめ化粧下地はツヤ肌・毛穴レス?評判・口コミは?

毛穴レスになれる優秀下地は↑こちら↑でもいろいろご紹介しています

  • イヴ・サンローラン・ボーテの化粧下地「ラディアントタッチブラープライマー」をご紹介しました。
  • 「ぼかし効果」「立体効果」「潤い効果」の3つが特徴で、独特のテクスチャーと見た目を持ち、なんともいえないフワスルな触感にきらめくゴールドパールはほかにはない下地です。
  • 毛穴を目立たなくし、マットさが持続するにもかかわらず、ジェルなのにオイル配合であることによって、乾燥肌の人でも大丈夫な潤いを保てる点、自然な明るさを作れる点が口コミでも高評価でした。
  • 乾燥肌の室長自身も現在愛用中ですが、乾燥崩れや皮脂崩れもなく、手放せなくなりそうです。

いかがでしたか。

 

ツルンと仕上げるこのタイプの下地は

乾燥肌の私には合わないだろうと勝手にきめてかかっていました。

 

でも結果はみごとに私の予想を裏切るもので

あとにつけるタン アンクル ド ポーと合わせて、

乾燥することもなく、すべすべセミマットで若々しい肌を作ってくれました。

 

百聞は一見にしかず。

肌タイプで決めつけず、まずは一度、

このブラープライマーとタン アンクル ド ポーをお試しになってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

キレイな肌に見せるためのベースメイクについてはこちらがお役に立ちます!

「もともと肌がキレイな人」に見せる!ベースメイクの情報まとめ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう