スポンサーリンク


こんにちは、室長のすこみみです。

 

ざわちんにものまねメイクをされた山Pが、自分のラジオで女性のメイクについて

「女性はメイクのテクニックがあればキレイになれるってことでしょ?」

「メイク落としてみないとわかんないね、本物がね」

と語ったそうですが、ご存知でしたか?

 

「メイクを落としても同じ顔なのかな…」

メイクを日常することのない男性なら、山Pにかぎらず感じていそうな疑問です。

 

流行のモテメイクを研究して、せっかくきれいにかわいくしても、

男性にこんな疑問を少しでも持たれたらがっかりですね。

 

でも、男性はこちらが頑張るほどモテメイクそのものには興味をもっていません。

(だって山Pですらこんな程度の考え方なんですよ?)

それどころか、よほどおしゃれに敏感な人でもないかぎり、

メイクの違いになど気づかないし、メイクした顔を見て感じるのは、

「落としたら違う顔なんじゃない?」なんです。

 

興味がなく、違いがよくわからないという一方で、

男性が好きではないメイク、つまり「モテないメイク」というのは確実にあります。

 

メイクが大好きな女子とは違う男性の目線で考えないと、

せっかくの「モテメイク」がそんな「モテないメイク」になりかねません。

そしてこれはお付き合いしている彼やだんな様など、

モテたい相手が身近な男性であれば、もっとおこりやすいことなんです。

 

そこで今回は、

彼やだんな様など、みなさんが愛されたい、

身近なただ一人の男性に愛される本当のモテメイクについて考えます。

 

 

モテメイクなのに愛する彼にはモテない5つの理由

関連記事:2017年のモテメイクは”ほんの少しの引き算”がカギ!

 

雑誌やネットでフィーチャーされるモテメイクを研究し、

一つひとつ外さないようにメイクしているつもりなのに、

彼氏やだんな様の反応は今ひとつ…がっかりですね。

なんでなのか、その理由を考えてみましょう。

 

理由1 あなたに似合っていない

 

雑誌に出ているモテメイクやBAさんにすすめられるモテメイク用コスメを

そのまま使っていませんか?

 

人の顔は十人十色。

 

可愛い顔立ちの人もいれば

クールビューティーな顔立ちの人もいるし、

パーリィなメイクで輝く人もいれば

マットなメイクのほうが美しさが際立つ人もいます。

 

ファッションだってそうです。

可愛いスタイルの人もいれば、カジュアル好きの人もいます。

 

流行を作る側がすすめるモテメイクをそのまま取り入れても

あなたに似合うかどうかはわかりません。

 

あなたに似合っていないメイクを、彼がかわいいと思ってくれるかどうか。

わかりますよね。

 

理由2 メイクの違いに気づかれていない

 

女性がこだわるところに男性は無頓着。

一所懸命キレイでやりすぎにならないメイクを施しても、

案外男性は気づかないものです。

 

ましてや二人の関係がすでに落ち着いたものである場合、

ほんの少しのメイクの違いに目が行くことはあまりないかも。

 

タイミング的にも

自分に興味を持たれなくなったのかを心配になるかもしれませんが、

そんなことはなくて、単純に変化に気づかれていないだけかもしれません。

 

それは彼の気の緩みで、ちょっと腹の立つことではありますが、

あなたが彼との関係に何を求めているのかをよく考えてみて。

 

刺激的な恋愛関係でいることを求めているのでなければ、

そこは目くじらを立てるところではないと思います。

 

理由3 やりすぎに見えてドン引きされている

 

ネットで「モテメイク」と検索しただけで

ヒットする記事、今の時点で576,000件!

 

すべてがやり方やコスメの紹介であるはずはありませんが、

こんなに情報過多だと、あれもこれもと取り入れて

やりすぎメイクになってしまいそうですね。

 

ちょっとちょっと足りないくらいのメイクの方が、

隙があって男性はお好みともいいます。

 

2017年のモテメイクは”ほんの少しの引き算”がカギ!
  コスメとメイクを愛するみなさま、こんにちは。室長のすこみみです。 突然ですが、今回はモテメイクについて考えてみます。 コスメ・メイクが好...

 

涙袋をキラキラさせたり濡れたような唇にしたり、

ほんのり上気したような頬にしてみたり。

どれもかわいいかもしれませんが、一度にしたら盛りすぎかもしれません。

 

彼との関係に結婚や落ち着いた恋愛関係を求めているならそれは逆効果。

女性の意気込みが見えすぎてドン引きしてしまう男性もいるので気をつけましょう。

 

理由4 時間がかかりすぎて嫌がられている

 

モテメイクをした自分を見てほしいと思う相手が

同居している彼やだんな様の場合、

結果よりもメイクのプロセスが嫌がられている可能性があります。

 

顔を洗ってスキンケアしてベースメイクをしてポイントメイク。

そのあとで髪を巻いて…というプロセス、

ちゃっちゃと支度を済ませる男性には、まったく理解できない行程です。

 

支度ができるまで待たせていたり、洗面所を独占していたりしていませんか?

そんなことがあれば、出来上がりがどんなにきれいでも、

「そんなことにばっかり時間をかけて」と思われかねません。

 

理由5 お金がかかってそうと思われている

 

化粧品がいくらするのかなんて、男性はあまりわかっていませんが、

自分が集めないものをたくさん集めて、とっかえひっかえ使っているのをみたら

お金かけてそうだなあ、と受け止められてもおかしくありません。

 

こちらから見て、男性が集めているものにあまり理解を示せないのと同じです。

 

自分が必要だと思っていないものにお金をかけている人と

付き合ったり結婚したり、あるいは結婚を続けたりすることを

とても苦痛に感じる男性もいます。

 

カワイイと思ってもらいたくてしたメイクがあだになる、

なんてことも絶対にないとは言い切れないのです。

 

 

身近な男性に愛される、本当のモテメイクを考える

スポンサーリンク


不特定多数のまだ知り合っていない男性にモテたいのではなく

あなたの大切な人に心からモテたいのだとしたら、

どんな風にするのが本当のモテメイクといえるのでしょうか。

 

自分が笑顔になれるメイクをする

 

今回考えているのは、身近にいる、あなたが本当に大切に思っている、

これから先もずっと一緒にいたいと考えているただ一人の相手にモテるためのメイクです。

 

それならば、あなた自身が頑張りすぎないですみ、

あなた自身がしていて気持ちいいメイクをすることもとても大切です。

 

もしかしたら一緒にいることに慣れてしまった彼やだんな様は、

あなたが一所懸命にした

きれいなメイクに気づいてくれないかもしれません。

 

でもそんなときに、

「なんで気づいてくれないの!?」などと怒っては逆効果。

 

気づいていない人に必死に説明したってキョトンとされるだけだし、

そうしたからといって次から気づけるようになるわけではありません。

そんな時は、自分が満足だからいいわ、と考えを切り替えて楽しい気分になりましょう。

メイクの違いには気づかなくても、なんだかうれしそうなあなたを見たら

彼も楽しい気分になるはずです。

 

時短メイクでキレイになる

 

男性は女性がメイクにかける時間を無駄な時間と思っているもの。

たまにだったらあまり気にされませんが、

一緒にいる時間が長くなればなるほど、

「なんでそんなにお化粧に時間かかるの?」とうんざりされます。

 

相手がだんな様ならなおのこと。生活は続いていくのです。

 

うんざりされるよりも、時短でキレイになれるメイクを習得しましょう。

 

だんな様にとっては、とっておきの気合の入ったキラキラメイクよりも

シンプルで清潔感のある、さっぱりメイクこそがモテメイクかもしれません。

 

一点豪華主義になる

 

お金がかかっていそうと思われたり、

盛りすぎで引かれたりするメイクは避けましょう。

 

使う化粧品の数を減らす、

持ち歩く化粧品をシンプルに少なくし、ポーチやバッグも小さくする、

といったことも、男性からは好ましいと思われます。

 

また、モテメイクの要素をあれこれ盛りすぎないことも大切。

アイメイクかリップメイク、

どちらかにポイントを絞るほうがやりすぎ感がありません。

ほんのちょっとのモテメイク、引き算するくらいのモテメイクのほうが

男性が一緒にいて疲れないメイクだと思います。

 

 

まとめ

関連記事:シンプルで可愛いモテメイク、今なら単色アイシャドウが使えます!

  • お付き合いしている彼やだんな様など、あなたが大切に思うただ一人の人にモテる、本当のモテメイクについて考えました。
  • 流行のモテメイクをしても彼にはモテない理由は「似合っていない」「気づいていないだけ」「やりすぎでドン引きされている」「時間がかかりすぎ」「お金がかかっていそう」の5つかもしれません。
  • これから先も長く一緒にいたい相手にモテるメイクは、シンプルで盛り盛りになっていない、何よりもあなた自身が笑顔でいられるメイクです。

いかがでしたか。

 

婚活パーティーのような出会いの場や、

これからもっと知り合っていきたい相手に対して見せるモテメイクと、

すでに一緒にいてこれからも長く一緒にいたい、

生活を共にしたい相手からモテるモテメイクとは違います。

 

自分の思い込みでなく、

相手が気持ちよくいられるメイク、そして自分も肩ひじ張らずにいられるメイクで、

愛する彼からの「モテ」を手に入れましょう。

スポンサーリンク


 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう