室長室長

みなさんこんにちは、コスメとメイクの研究室の室長、すこみみです。

すこちゃんすこちゃん

こんにちは、室長の助手、すこちゃんです!

室長室長

すこちゃん、9月は防災の日もあるし台風シーズンということで防災意識が高まるときだけれど、自分用の防災グッズは用意している?

すこちゃんすこちゃん

それがまだなんです。最近は避難勧告もよく出るから、いざというときのために用意しておこうと思っているところなんですけど…女性の場合は衛生用品やスキンケアも入れておいた方がいいのかなと思って。

室長室長

そのとおりね。大変な時にスキンケアなんて…と男性は思うかもしれないけれど、私たち女性にとってはいつもしていることができないというのは大きなストレスよね。ということで、今日は災害時に女性が用意したい防災用のスキンケアグッズについて考えてみましょう。

 

スポンサーリンク

災害時のスキンケアやメイク用防災グッズについて、女性はどう考えている?

関連記事:メイク直し用に乾燥肌さんがポーチに入れてる保湿コスメは?

2012年と少し古いデータですが、

ドクターシーラボが

“防災とスキンケア”についてアンケート調査をしています。

 

その結果、

ほぼ2人に1人が防災グッズを備えており、

さらには

防災グッズとしてスキンケア・メイク用品を用意したほうがいいと考えている女性が63%もいることがわかりました。

出典:ドクターシーラボ

 

にもかかわらず、

実際に防災グッズの中にスキンケア・メイク用品を入れていると答えた女性は25%

にとどまっていることも判明したそうです。

室長室長

実は室長も地元が大きな地震に見舞われたの。幸い非難する必要はなかったんだけれど、その時をきっかけに女性に必要なものはひと通り防災バッグに入れるようになったのよ。もちろんスキンケアグッズもね。

すこちゃんすこちゃん

そうなんですね。どんなものを入れているのか、教えてください!

 

災害時これだけは用意したい!5つの女性用防災スキンケアグッズ

私が用意したものと

ドクターシーラボのデータにあった

「防災グッズとして用意しているスキンケア」を見比べてみると、

おおよそ同じような感じでした。

 

そこで、

これだけは絶対持っておきたい!という5つをご紹介します。

 

とくに1と2は「メイクする余裕がなくてもせめてこれだけは持っておきたい」といえる必携グッズです!

クレンジングシート

メイク落としを済ませた後で避難、

なんていう選択肢はあまりないと思います。

 

また後で書くように、避難した後も、

季節によっては日焼け止めをしっかりつけた方が良いです。

となると、やはりクレンジングできるようにしておく方が安心でしょう。

 

ただし、避難時に最も貴重なのは水ですから、

メイク落としに水を使うことはできません。

 

普段であれば摩擦で肌を痛めるため

あまりおすすめできないクレンジングシートですが、

非常時にはとても便利です。

 

次のポイントを押さえておくとよいでしょう。

クレンジングシート選びのポイント

  • 大判のもの(小さいものだと何枚も必要になったりこすったりしやすい)
  • やわらかいもの
  • オイルベースではなくウォーターベースのもの(オイルだと結局水が必要になる)
  • 化粧水の役割も果たすもの

この条件を満たすものとして、例えばこんなシートがおすすめです。

 

それから、

未開封のものであれば大丈夫と思いますが、

バッグに入れたままだと乾いてしまうかもしれません。

 

いざというときに使えないといけないので、

時々は新しいものに取り替えた方が良いでしょう。 

オールインワンジェル

避難所はけっして快適な状況ではありません。

 

空気が乾燥したり、逆に蒸し暑かったり、

また感染予防のためにマスクをつけたままにしたり。

とにかく、肌にとっても過酷な環境です。

 

ですからせめて、保湿して肌のバリアを保っておきたい。

そんな時にやはり便利なのはオールインワンジェルです。

 

普段は化粧水・美容液・乳液・クリームとフルコースできちんとケアされる方でも、

非常時にすべてをバッグに用意するわけにはいきません。

これらのケアがひとつで済み、

かさばらないオールインワンジェルを、

ぜひバッグに入れておきましょう。

オールインワンジェル選びのポイント

  • しっかりフタの閉まるジャータイプ(ポンプ式ボトルはバッグ内で漏れるかも!)

おすすめはこんなタイプのもの。

 

 

日焼け止めもできるBBクリームやCCクリーム

最近の避難所では

パーテーション(間仕切り)がつけられる場合もありますが、

最初のうちはプライバシーが守られないことが多いでしょう。

 

メイクする精神的ゆとりがないという方も多いと思いますが、

他人と顔を突き合わせて過ごすので、

せめて薄化粧くらいはしておきたい、思うこともあるでしょう

 

そんな時、

スキンケア感覚でざっとつけられ、落とすときもサッと落とせる、

BBクリームやCCクリームなら、周囲の目を気にせず使いやすいのではないでしょうか。

 

また、自宅の片づけの必要があった場合は紫外線下での作業が続いてしまいます。

肌を守る役割としても、

日焼け止めのできるBBやCCは持っておくのがおすすめです。

 

肌が荒れやすい環境であることを考えると、

オーガニック系のものであればなお安心ですね。

BBクリーム選びのポイント

  • 日焼け止めの数値の高いもの
  • オーガニック系など肌に優しいもの(日焼け止め効果が高くても比較的安心)

この条件を満たす、こちらのBBクリームはおすすめです。

 

 

フェイスパウダー(つけたまま眠れるタイプやBBタイプ)

BBクリームよりさらに簡単なものを求める方には、

つけたまま眠ってもOKのフェイスパウダーがおすすめです。

 

こちらのパウダーなら、有害物質からも肌を守ってくれ、保湿成分も配合されています。

 

 

また、BBタイプで日焼け止めもできるフェイスパウダーもおすすめです。

これなら手を汚しにくいですし、

BBクリームだけだとべたつきが気になる、という方にもよいでしょう。

 

3と4の両方は…という場合は、こちらだけでもよいかもしれません。

 

 

ボディ用日焼け止め

先ほど書いた通り、

もしも自宅の片づけの必要があった場合、

紫外線下での作業が続いてしまいます。

 

肌を守るためにも、

日焼け止めを用意しておくことをおすすめします。

 

まとめ

海外旅行で長時間フライト、メイク落としはいつどこでどうやって_タイトル画像

関連記事:水が使えない飛行機でのメイク落としの記事も参考になります

  • 災害時に女性が防災バッグに入れておきたいスキンケアグッズについて考えました。
  • 汚れやすい環境下で肌の健康を守るためにも、最低でも「クレンジングシート」「オールインワンジェル」の2つは用意しておきましょう。
  • クレンジングシートはオイル系でないもので大判のもの、化粧水の効果もあるものが便利です。
  • オールインワンジェルはバッグの中で漏れない、しっかりフタの閉まるジャータイプがおすすめです。
  • 避難後の屋外作業でも安心の日焼け止めをフェイス用・ボディ用と揃えておくと安心です。
  • プライバシーが守られにくい避難生活で、薄化粧ができることは女性にとっては大切です。簡単に落とせるBBクリームやパウダーがあるとよいでしょう。
室長室長

すこちゃん、どうだった?

すこちゃんすこちゃん

水が使えない中でどうやってケアするか、が大切だと思いました。今は便利なシートやオールインワンがたくさん出ているので、さっそく用意しておきます!

非常時にメイクなんて…と思う方もいらっしゃると思います。

しかしその一方で、

非常時こそ普段に近い生活ができることが心の平安にもつながる

という考え方もあると思います。

 

防災グッズは最初の72時間分を用意するというのが基本ですから、

スキンケアグッズも大量に用意する必要はないでしょう。

 

美しさを保つという目的ではなく、

空気も汚れて不衛生になりやすい環境のなかで肌の健康を守る、

というために、

化粧品をポーチにまとめて防災バッグに入れておいてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう