スポンサーリンク


室長室長

みなさんこんにちは、室長のすこみみです。

すこちゃんすこちゃん

助手のすこちゃんです!今日もよろしくお願いします。

室長室長

すこちゃんは結婚式・披露宴のお呼ばれメイクで悩むことない?

すこちゃんすこちゃん

実はまだあんまりお呼ばれしたことがないんですが、そろそろ周りに結婚しそうな友達が増えてきました。やっぱり普段と同じメイクじゃいけないですよね?

室長室長

そうよ。ドレスコードや会場の格、時間帯やゲストの当日の役割など、シチューエーションによってふさわしいメイクは違うの。 

すこちゃんすこちゃん

ドレスコード?会場の格????

室長室長

耳慣れないかな?では今日は結婚式のお呼ばれメイクのマナーとポイント・コツについて一緒に見てみましょう。

 

 

結婚式のお呼ばれメイクの基本マナー

関連記事:お呼ばれメイクを美容院・コスメブランドなどプロに頼むコツや料金・時間は?

 

式・式場の格と装い

普通のパーティとことなり、結婚式はフォーマルな集まりです。

フォーマルパーティの場合、

開催される時間帯や場所、当日の役割によっても装いの格やマナーが違ってきます。

 

引用:【今さら聞けない】女性ゲストの結婚式服装お呼ばれマナー!NGマナーから選び方のコツまで徹底解説

 

メイクは装いに合わせてするものなので、こうしたマナーを知らなかったために

当日恥ずかしい思いをしてしまうことのないようにしたいですね。

結婚式お呼ばれメイクのポイント その1

ドレスコードを意識して、メイクはそれに合わせること。また当日の自分の役割や立場も頭に入れ、華やかさ優先かシックにまとめるか考えましょう!

花嫁が引き立つように

一般のパーティと最も違う考え方は「花嫁が主役」ということ。

「花嫁よりも目立ってはいけない」というのが結婚式の女性ゲストの大原則。

服装やヘアメイクが花嫁よりも華やかであってはいけません。

 

したがって、たとえ露出が多くてよい夜の披露宴であっても、

キラキラしすぎる大粒のラメを目元や肌にのせるのは控えましょう。

 

また、モードな囲み目のアイラインのような黒っぽいメイクもふさわしくありません。

 

反対に、普段ナチュラルメイクが好きだからといって、

同じようにナチュラルなメイクで出席するのもいただけません。

装いに負けてしまいますし、なによりも華やかな結婚式・披露宴という場に似合いません。

 

会場が華やかになることから、花嫁だけでなくお身内の方も、

ゲストが華やかに装ってくれること自体はとても喜んでくださいます。

 

さじ加減が難しいのですが、

結果的に花嫁がより美しく引き立つよう、派手にも地味にもなりすぎないように、

ということを忘れないようにしましょう。

結婚式お呼ばれメイクのポイント その2

ナチュラルメイク・モード系やキラキラしすぎは避けて、花嫁が引き立つよう、派手にも地味にもなりすぎないようにしましょう!

 

結婚式の状況や時間帯に合わせたメイクマナーのポイントとコツ

スポンサーリンク


役割に合ったメイク

 

花嫁と同年代の友人か、主賓で呼ばれるような立場か、あるいは身内か。

あなたがその結婚式にどういう立場・役割で出席するかによっても

ふさわしいメイクは変わってきます。

 

同年代の友人であれば、お祝いの席に華やかさを添える、

若々しくてしかも清楚さもあるメイクであることが求められます。

 

例えばあなたが新郎新婦の上司で、

主賓や乾杯のお役目をいただいている場合は、

華やかでありつつ“デキる”印象を与える、上品で大人っぽいメイクがふさわしいでしょう。

スピーチをするならば、目元口元が注目されます。

 

さらに今どきは

お開きの前にダイジェスト映像が必ずといっていいほど流れるため、

スピーチや余興で前に立つ方は特に、

崩れないメイクで万全の体制を整えておく必要がありますね。

 

関連記事:カメラのアップに耐える陶器肌を作るならベーキングメイク!

 

さらに親族として出席する場合、

新郎新婦と同年代であれば、振袖で華やかに装うことも多く、

その場合はお着物に負けない華やかさと清楚さが必要ですし、

年長者であれば、上品で華美すぎない、落ち着いたメイクが好ましいでしょう。

結婚式お呼ばれメイクのポイント その3

友人なら若々しく華やかで清楚な感じが喜ばれます。格の高いゲストなら上品でデキる女性のイメージが素敵です。また身内であれば、年齢に応じて華やかにするか落ち着いた仕上がりにするかを決めましょう。

 

昼間にふさわしいメイク

 

昼間の結婚式・披露宴、特に結婚式から出席する場合は、

肌の露出を控え、光り物のアクセサリーは使わないというのが服装のマナーです。

 

したがってそれに合わせるメイクでも光るタイプのもの、

大小のラメやメタリックなシャドウやハイライトは避けましょう。

 

細かくしっとりしたテクスチャーのパーリィなパウダーであれば上品できれいです。

口紅もグロッシーなものではなく、セミマットくらいのものがふさわしいでしょう。

結婚式お呼ばれメイクのポイント その4

昼間はキラキラ光るグリッターやグロッシーなメイクを避けましょう。パーリィなパウダーやセミマットの口紅を使うと、服装にも合い、上品にまとまります。

 

夕方から夜にふさわしいメイク

 

夕方から夜にかけての披露宴では、昼とは反対にデコルテは見せて足元はロング、

というイブニングドレスがもっともフォーマルになります。

これに合わせ、アクセサリーも光る華やかなものがマナー。

 

したがって合わせるメイクは、

こうした装いに負けない華やかさがあったほうがよいのですが、

ここでももちろん最も大切なマナーは

「花嫁が主役」「花嫁が引き立つように」ということ。

 

また、あくまでも結婚式・披露宴はフォーマルな席

 

派手ならよいというものではない、

ということも忘れてはいけません。

 

昼間は避けていただきたいラメを使うのも

適度であればOKですが、

大粒のグリッターをつけたり、

キラキラのついたつけまつげを使ったりするのはおすすめしません。

 

ドレスとのバランスを考えつつ

「華やかさ」と「下品」の境目を間違えないようにしましょう。

結婚式お呼ばれメイクのポイント その5

夕方から夜の結婚式ならドレスに合わせ華やかに!ラメできらめきをつけてもOKです。けれど大粒は避け、品を失わないように気をつけましょう。

 

 

まとめ

関連記事:夜の結婚式お呼ばれメイクでラメを使うなら落ちないテクニックを!

  • 結婚式のお呼ばれメイクは、開催される時間帯や場所、当日の役割による装いの格、ドレスコードに合わせましょう。
  • ドレスコードに合わせるのと同じくらい大切なのは「花嫁が引き立つような」メイクであることです。
  • 派手すぎはNGですが、メイクをしていないようなナチュラルメイクもNG。モードメイクもNGです。
  • 昼間の結婚式では強く光るメイクは避け、パールのシャドウやセミマットな口紅で上品に。
  • 夕方~夜の結婚式ではドレスに合わせて華やかな、でもあくまで上品なメイクを心掛けましょう。
室長室長

すこちゃん、お呼ばれメイクのマナー、わかったかしら?

すこちゃんすこちゃん

ハレの席だからってただ派手にすればいいのではないってこと、よくわかりました!でもいきなり自分でやるのは難しいかも…

室長室長

それなら、まずはプロにお願いしてみるのもおすすめよ!思うより時間も料金もかからないの。

 

関連記事:お呼ばれメイクは美容院・プロにお任せ!コツと時間、料金などがわかります!

 

マナーがきっちり決まっている服装やヘアとちがい、

メイクについては「こうでなければいけない」という厳密なものはありません。

 

しかし決まったマナーがなくても、

服装やヘアとのバランスを考えれば、

自然とふさわしいメイクというものは決まってきます。

 

ご自分の年齢や立場、結婚式や披露宴のフォーマル度など

シチュエーションに合わせた、ふさわしいメイクができるといいですね。

スポンサーリンク


 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう