メイク上達のカギを握るといってもよい重要アイテム、メイクブラシ

 

室長すこみみはブラシやスポンジなどのツールに目がありません。

部屋にはこれまでコレクションした無数のブラシが陳列されています。

 

国内外、似たような形や機能のブラシがたくさん出ていますが、

実際に使ってみると、形は同じでも使い勝手は驚くほど違って、

毎日使い続けるものもあれば、あっという間に2軍落ちしてしまうものも。

 

使い勝手の良いものは、

当然仕上がりも違います。

同じコスメを使って同じ人間がするのに、

良いブラシを選べば仕上がりは格段にアップするのです。

 

パーツや目的によって使い分けることが多いブラシ。

単体では安くても、必要なものを揃えるとなると買うのも大変です。

 

そこで今回は、室長すこみみが自腹を切って購入した、

たーーーーくさん(100はいってると思います)のブラシの中から、

実際にヘビロテしているお気に入りブランドを中心に、

国内外の人気ブランドと特徴、購入方法などを3回にわたってご紹介します。

 

メイクブラシ、選ぶなら日本ブランド?海外ブランド?

関連記事:ファンデーションブラシは資生堂・MACがおすすめ?海外ブランドは?

ブラシを選ぶ基準にもよりますが、

目的に応じて本当にたくさんの種類があり、

使い勝手もよい海外、しかもブラシ専門のブランドが私のおすすめです。

 

ですが一方、こうしたブランドは実店舗で試しにくく価格も高めで

初心者さんには種類が多すぎて使いこなせない、

ということで、少々ハードルが高いかもしれません。

 

そういった場合は、

まずは近所のお店で手に入る国内ブランドを中心に、

デパコス(デパートコスメ)、Amazonなどで買える正規のブランド、

コフレのセットなどからトライしてはいかがでしょうか。

 

MAC Cosmetics(マック)

 

Backstage at #BouchraJarrar, Paris Haute Couture SS15 #ParisHauteCouture

M·A·C Cosmeticsさん(@maccosmetics)がシェアした投稿 –

ブラシといえばMAC

公式HPはこちら

 

プロが愛用するコスメブランドのMACは

ブラシも実に優秀で、豊富な種類を誇ります。

その数約60種!(HPで数えてみました)

 

MACのブラシの特徴

[ad#co-2]

いいところ

  • 天然毛・合成毛、そして混合と、用途に合わせて製品が作られています。
    だから当然、使いやすく、仕上がりも美しい。
  • 種類が多いので痒いところに手が届く感じ。
  • 肌触りはダントツに良い。他のブランドを凌駕すると思います。
  • 柄の長さが絶妙で持ちやすく扱いやすい。
  • 軽い!
  • 寿命が長い。私はかれこれ10年以上使っているブラシが複数あります。
  • 買えるところが多い。実店舗の数が多いし、公式オンラインショップも充実。

残念なところ

  • 価格。高い!何しろ高いです。
    プロユースのものだから当たり前といえば当たり前ですが、
    最低価格がラッシュブラシ(スクリューブラシ)の税込¥2,052 …
    最高はいまのところデュオファイバーアングルフェイスブラシの税込¥8,424、です。
    アメリカ本国のサイトでみるとこのブラシは$42.00なので、
    どうしても日本で買うと高くなるということがわかります。

セット

  • コレクションが出た時に、発売されることが多いです。
  • セットのブラシは単体のものよりたいがい小ぶり(柄が短くて携帯便利)。
  • 個人的な印象では、やはり安い分、セットのほうが毛質は落ちるかなと。
  • でも、MACのロゴは入っているし、モノトーンでシンプル、プロっぽい単体ものに比べ、
    ファッショナブルなルックスで気分が上がります。ケースもかわいい!

購入方法

  • 実店舗は北海道から九州まで、全国64店舗。店舗情報はこちら
  • オンラインショップは上に示した通りです。以前は重くて開きにくかったページも
    数か月前に一新されて見やすく、選びやすくなりました。

 

MAC、残念なところは、価格しか考えつきませんでした。

メイク大好き!という方にはぜひお勧めしたい、一押しブランドです。

私も全部そろえるのはもちろん無理なので、

これはMACにしかないよ!MACのが一番!というブラシを中心に買っています。

(それはまた今度、ブランド別特集をして書きますね)

 

Sigma Beauty(シグマ)

 

NEW Mothers Day Naturally Polished Set! Wow her with three must-have brushes for a seamless application. // #SigmaBeauty #SigmaBrushes

SigmaBeauty.comさん(@sigmabeauty)がシェアした投稿 –

勢いのあるブラシブランド、シグマビューティ

アメリカの人気コスメ・メイクアップSHOP!!SIGMA BEAUTY★

ブランド設立は2009年という比較的新しいブランドです。

公式HPのHISTORYによると、はじめはオンラインショップからのスタートで、

2012年に実店舗をアメリカでオープン後はどんどん拡大しているよう。

 

このブランドは、海外の有名YouTuberに無料提供して紹介してもらう

という手法で宣伝しています。

でもYoTuberさんもそこで気に入って、そのまま使っている人が多いみたいです。

 

こちらのブラシについてもはや有名な事実ですが、

中国で製造されています。そこがダメ、という方もいらっしゃるかもしれませんが、

商品の質はとても良いと思います。

私は大好きです。

Sigmaのブラシの特徴

いいところ

  • プロユースの有名ブランドとほぼ同じ商品を展開したうえ、オリジナルの商品もものすごく多い。
  • とくにファンデーションやコントゥアリングなどベース系のブラシの豊富さにはびっくり。
    ファンデーションブラシで紹介したKABUKIのシリーズには先端の形状がいろいろあります。
  • 敏感なまぶたに使うアイシャドウブラシもどれも優秀で、まったくチクチクしません。そして用途に合わせた種類がすごい。
  • Sigmaxという合成毛を使ったブラシが特に絶品です。
  • 単品もたくさんありますが、セットも通常販売で多数あります。
  • もともと価格はMACに比べてとても安いのですが、さらにOFFになる技がいっぱいです。
    まずオンラインショップのメンバー登録すると10%OFFクーポンがもらえます。
    さらに、メールでかなりの頻度でクーポンコードを送ってきますし、
    海外のYouTuberの動画を見ると、下の概要欄にその方のクーポンコードが出ています。
    20%OFFのキャンペーンをすることもあって、かなりお得に購入することができます。
  • 送られてくるときのパッケージがコンパクトで好感度大。しかもおしゃれ。
  • 一定の値段を超えるとおまけがついてくる。ミニブラシ(でもブラシ部分は一人前)や色物のセットとか(缶のケースがかわいい)、ブラシセットを買うと、辞書みたいに分厚いファスナー付きのブラシケースとか。

残念なところ

  • めちゃくちゃ安い、というわけではありません。それだけ質はよいですが。
  • 私は使ってみて気にならなかったのですが、中国製というところ。
  • 類似品が出回っているところ。公式以外での購入は避けたほうが無難
    ブランドロゴとブラシ名、型番、Made in P.R.Cの表記があれば本物のようですが…
  • これも慣れてしまえばどうということはありませんが、英語でショッピングするしかないところ。
    BUYMAでも扱われていますが、やはり高くなります。

セット

  • 通常販売で多くのセットがあります。トラベル用とか、用途別のセットとか、
    全部買い、みたいのとか。
  • ブラシケースに入っているセットは旅行にとても便利です。
    持って行ってそのままブラシ立てにできます。
  • セットこそクーポンでゲット!私は20%OFFの時に、20本くらいのセットを買いました
    (使い切れない…しかももともと持っているのと少しかぶってるけど、後悔はない!)

購入方法

  • 日本からは本国の公式オンラインショップのみでの購入です。英語なのではじめはドキドキしますが、これはどのショップでも決まり文句ばかりなので、慣れれば大丈夫。
  • 支払いは安心のPaypalを使えるので、トライしてみていただきたいです(また方法を記事にします)。

アメリカの人気コスメ・メイクアップSHOP!!SIGMA BEAUTY★

まとめ

関連記事:メイクブラシのおすすめブランドを紹介!メイク上手になる選び方は?

 

  • おすすめは、目的に応じて本当にたくさんの種類があり、使い勝手もよい、
    海外のブラシ専門ブランド。
  • そのうち国内に実店舗も多く、オンラインでも買いやすいのはMAC。値段は高いが10年もつ。
  • 今人気が高い海外ブランドならSigma。中国製だが質はとても良く、単品・セット共に充実のラインナップ。アメリカのサイトから注文して購入可能。

 

いかがでしたか?

熱が入りすぎて一回では終わりません。

今回いろいろ調べなおしましたが、ブランド紹介はわりと総論的にされている方が多かったので、

あえてディープに紹介していこうと思います。

次回はMorphe白鳳堂をご紹介します。

 

こちらの記事もあわせて読むと、

メイクブラシやメイクスポンジについての最新情報がわかります!

選び方・使い方で仕上がりが変わる!メイクブラシ・スポンジ情報まとめ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう