スポンサーリンク


当研究室で、

非常に大切だとお伝えしているアイテム、

それはメイクブラシです。

 

メイクブラシを揃えたら、

そのお手入れも大切にしたいですね。

 

材質にもよりますが、

ファンデーションやコンシーラーのように、

合成毛でできていて、かつ汚れが極端につくものについては、

私は週に1度か2週に一度はあらうようにしています。

(洗いすぎないほうが良いブラシももちろんあります)

 

そこで悩むのが、

乾かした時にパサついて

元の通りにならない毛先問題。

 

今回は、お気に入りのメイクブラシを

いつまでもきれいに保つためのお助けグッズをご紹介します!

 

 メイクブラシの保護に便利なアイテム「ブラシガード」とは?

関連記事:メイクブラシのおすすめブランドは?詳しく紹介!Part3

 

アイシャドウやチーク用のブラシをポーチに入れてお出かけし、

いざ使おうとして出してみたら変に折れ曲がっていた…

 

せっかく丁寧に洗ったメイクブラシが、

乾いたらぼさぼさになっていた……

 

そんな悲しい経験ありませんか?

 

そんな方にぜひおすすめしたいのが、ブラシ用のカバー

 

今回はオンライン等で手に入れることのできる商品と、

その使い方をご紹介します。

 

ブラシ保護アイテム①The Brush Guard

 

ネットで探すといくつかの商品が出てきますが、

一番人気はこちらのThe Brush Guardです。

こちら、日本でも楽天やAmazonで売られているのですが、

結構売り切れています。残念。

 

そこで私は、日本にも配送してくれるBeautylishでオーダーして、

いろいろなサイズを揃えているのですが、これ、本当に便利です。

 

 

このタイプはポリエステルとありますが、

プラスチックの柔らかい感じといいますか、かなり硬めです。

なので、ガード力・ブラシの整形力も高いと思います。

 

The Brush Guardはどんな時に使うの?

スポンサーリンク


 

ブラシガードを使うのは

 

  • ブラシを洗って乾かすとき
  • ポーチなどに入れて持ち運ぶとき

 

が主ですね。

 

ブラシを乾かすとき

自分の髪を洗って自然乾燥すると、

パサついたり膨らみすぎたり、変な癖がついたりしますが、

ブラシも形を整えないで乾かしっぱなしにすれば、

ぼさぼさになってしまいます。

 

ブラシガードを使えば、

膨張することなく綺麗に乾かせます。

 

ブラシをポーチなどに入れて持ち運ぶとき

ブラシ専用のケースに入れれば

けば立つことをある程度防げますが、

一本だけいつものポーチに入れておきたい、というときに

何もカバーをつけずにポーチに入れると、

毛が折れ曲がったりバサバサになったりしてしまいます。

 

そんな時に、ブラシガードに毛先を収めて入れておけば、

取り出したときにも綺麗に整っていて使いやすいのです。

 

The Brush Guardの使い方

実際の使い方です。

私のブラシで試してみますね。

ブラシを洗った状態

写真のブラシはすでに乾いていますが…

こんな風に、ブラシの柄の先のほうからネットを差し込み…

毛先に向かってずり挙げていきます。

 

そして…

こうやって、毛先がすっぽり入るまでずり上げたら、セット完了。

 

持ち運ぶ場合はこのままポーチにin!

乾かす場合は、またご紹介しますが、逆さにしてホールド。

 

そして乾いたらこんどは…

そのまま上のほうにずらしていって、スポッと外します。

すると……

どうでしょう?

こんな風に、きれいに形が整っています!

 

ちなみにこのシグマのブラシは

すでに何回も洗っていますが、ブラシガードのおかげで

いつも新品同様に戻ります。

 

Beutylishでも紹介されていますが、

使うと毛先がこんな感じになるわけです↓↓↓ 

 

<body oncontextmenu=
引用:beautylish

 

The Brush Guardのサイズは?

いくつかサイズがあります。

簡単に言うとS、M、Lですね。

一番細いのが、アイシャドウブラシサイズのブラシ用、

次がハイライトブラシや細めのチークブラシ大のもの、

一番大きいのが、大きなパウダー用です。

 

あと、これらが少しずつ入ったバラエティパックがあります。

 

The Brush Guardの値段は?

Beautylishでは、

どのサイズもだいたい5,6本入って一律$12.95です。

バラエティパックも同じでした。

 

 ブラシ保護アイテム②六角館さくら堂 ブラッシュキャップ

 

Amazonや楽天で購入できるこちら、

熊野筆販売店がオススメするブラシです。

引用:Amazon

とあります。

 

実際、この六角館さくら堂は

熊野筆を扱っている京都のお店です。

 

私は、The Brush Guardを探しても

売り切れてなかなか買えなかったときに、先にこちらを購入しました。

 

これは見た通り、伸縮性のあるレースでできています。

 

ブラシをカバーするのにはとてもよいですし、

柔らかい素材なので、デリケートな毛のものには良いと思います。

そして、可愛い!

見た目まで可愛くするのは、

さすが日本の製品という感じです。

 

ただし、柔らかいので、無造作にポーチに入れたり、

乾かすのにさかさまにしたりするのには

少々向かないかなーと思います。

 

価格は大中小3枚入りで¥1,000

 

ちょっといいお値段ですね。

 

まとめ

関連記事:メイクブラシのおすすめブランドは?詳しく紹介!Part1

  • せっかくそろえたメイクブラシ、ぜひきちんとお手入れしましょう
  • 洗った後やポーチに入れるときにパサつきがちな毛先の保護にお勧めなのが、ブラシガード
  • 番のおすすめは’The Brush Guard’
  • 使うときは、柄の部分から差し込んで毛先に向かってずり挙げて毛の部分をしまう
  • 日本の商品も繊細でおすすめ。けれど、柔らかい商品なのでTPOに合わせて使うのがおすすめ

 

いかがでしたか?

メイク好きな方なら、

メイクの仕上がりを左右するツールのお手入れもとても気になるとはず。

ぜひ毛先を守るアイテムを手に入れて

ご自分の大切なブラシを守ってくださいね。

スポンサーリンク


こちらの記事もあわせて読むと、

メイクブラシやスポンジの最新情報がわかります!

選び方・使い方で仕上がりが変わる!メイクブラシ・スポンジ情報まとめ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう