スポンサーリンク


おすすめメイクブラシ特集の第4弾です。

 

とうとう第4弾です。今回で一応このシリーズは最終回。

ここまでご紹介したなかから、

気になるブラシブランドが見つかりましたでしょうか。

 

今回は、はじめてブラシをそろえてみようという方にもおすすめ、

気軽に購入できるセットを扱っているブランドのご紹介です。

 

メイクブラシ、天然毛と人工毛のどちらがいいの?

関連記事:メイクブラシのおすすめブランドを紹介!仕上がりが変わる海外ブランドは?

メイクブラシには

さまざまな種類の材料、毛質が使われています。

大きく分けると、天然の動物の毛と人工の毛となりますが、

それぞれどういう特徴があるのでしょうか。

天然毛

粉含みがよいため、ふんわりとつき、ムラになりにくい天然毛。

繊細でナチュラルなメイクにはかかせません。

 

ただ、人工毛に比べてお手入れが大変という特徴もあります。

天然のものだけに、洗いすぎても劣化しますし、

まったく洗わないのも不潔なので、

洗う頻度や乾かし方など、初めての方には難しいかもしれません。

 

また、動物の毛のため、アレルギーのある方は注意が必要ですね。

私は天然毛ではチクチクする場合があります。

人工毛

なんとなく、人工毛=あまりよくない、

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、

これまでもご紹介したように、プロ用のブラシでも多く使われています

 

まず、丈夫で扱いやすいので、

ファンデーションブラシのようにすぐ汚れるものには最適だと思います。

また、アイシャドウの発色をしっかり出したいときにも、

リップブラシの大きいバージョンのようなブラシを使うとよいです。

 

私が好きなのは、高級ナイロンの「タクロン」という素材のブラシです。

肌触りもよくてかゆくなったりしないので、おすすめです。

 

結論としては、

天然毛と人工毛、用途や特徴に合わせて選ぶのが良いと思います。

 

Six Plus(シックスプラス) 

スポンサーリンク


 

Amazonで正規購入できる気軽さと価格の可愛さ、

そして質の良さで人気のブラシブランド、Six Plus

Six Plusのブラシの特徴

いいところ

  • セット中心のブランドですが、そのセットの種類が多い
    アイメイク用ブラシだけのセット、一通りそろったセットなどがあります。
  • どのセットもおしゃれで実用的なケースに入っていて、保存や持ち運びに適している。
  • 製造過程や素材に比して低価格。10本以上入って¥3,000~¥5,000前後。
    コストパフォーマンスが高い印象です。

Six Plusのメイクブラシはすべて手作業で製造されており、高級木材及び高級繊維を使用し、ブラシは柔らかくまた滑らかで、弾力性に富んでいます。また、メイクブラシの製造に際し、環境保護を心がけています。

引用:Amazon

残念なところ

  • 材質に関しては、Amazonのレビューなどでもよいものばかりでしたが、セットなのに同じブラシが重複して入っていたり、毛の長さが揃っていないものが玉に入っていたり、ということはあるようです。

セット

  • セットが基本のブランド。
  • アイメイク用7本セット(ポーチ付き)¥2,699
  • ピンクの柄とケース、ゴールドの金属部分がとてもかわいい11本セット¥3,599
  • ひと通り揃って四角い筒型ケースのついた15本セット¥4,996

購入方法

Amazonや楽天市場で正規購入できます。

 

DUcare(ドゥケア)

引用:Amazon

こちらもAmazonや楽天市場で購入可能なブランド、DUcare

 

DUcareのブラシの特徴

いいところ

  • 工場直販のためお手頃価格。セットが¥1,000台後半からというのはうれしい。
  • しかも可愛い!白やミント色のセットは手に取ってみたくなります。
  • 天然毛・人工毛どちらの商品もあります。
  • 単品販売もあるので選びやすい。
  • 全部かどうか調べた限りではわからなかったのですが、1年保証のある商品がありました。

残念なところ

  • レビューを読み込むと、中国製とあります。だからイコール悪い、とは言えませんが
    お嫌な方はいるかもしれませんね。(でもシグマだって中国製)
  • ブラシによって、毛先を硬く感じる人もいるよう。

セット

  • セットの数が多いです。今は特に母の日用とうたった商品が出ています。
  • ブラシ保護用のネットのついた商品もありました。
  • 10本前後のセットが¥1,800前後から。高いもので15本セット¥5,760!

購入方法

  • Amazonや楽天で購入できます。

 

まとめ

関連記事:メイクブラシのお手入れの必需品!「ブラシガード」とは?

  • ブラシの材料は大きく分けて天然毛と人工毛があり、用途や特徴に応じて使い分けるのがおすすめ。
  • Amazonで正規に購入できてコストパフォーマンス最高のSix PlusとDUcareは、
    はじめてブラシをそろえてみようという方におすすめ。
  • DUcareには単品もあるので、そちらも気になるところ。

 

いかがでしたか?

ブラシはメイク好きの方なら必ずと言ってよいほどこだわるポイントです。

これから使ってみよう、という方には、

安かろう悪かろうではなく、安いのに使える!というブラシをぜひ選んでいただきたいです。

そしてブラシの魅力にとりつかれたら、

ぜひ単品からでも、ハイエンドのブラシにも挑戦してみてくださいね。

スポンサーリンク


こちらの記事もあわせて読むと、

メイクブラシやメイクスポンジについての最新情報がわかります!

選び方・使い方で仕上がりが変わる!メイクブラシ・スポンジ情報まとめ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう