大人の目をぱっちり二重まぶたに戻す方法は?化粧品の口コミを比較!

 関 連  50代まぶたのたるみと二重の悩みにはどんなケアがいいの?

20代の頃はぱっちりきれいな二重だったのに、40代50代になったら目の形が変わってきた…

そんな目元の悩みはありませんか?

 

今回は、手に入れやすくてコスパ的にも挑戦しやすい、自力で二重にする方法のうち、3つのタイプの二重まぶた化粧品について、口コミや、室長すこみみの使用感も交えて比較します。

スポンサーリンク

ぱっちり二重を取り戻す3つの化粧品

まぶたのたるみで変わってしまった

ぱっちり二重を取り戻す方法には

手術やマッサージ、

美容液やアイプチのような接着剤などの

二重まぶた用化粧品があります。

 

まず取り組むなら、

この中から、

できれば誰にも気づかれず、

お金も手間もあまりかからない方法を

使いたいですよね。

 

ということで、

今回ご紹介するのは

↓ こちらの ↓ 3タイプの二重まぶた化粧品です。

 

上まぶたのたるみはなぜ起こる?

すこちゃんすこちゃん

年齢が上がるとどうしてまぶたはたるむんですか?

室長室長

まぶたの皮膚が薄く、伸びやすいせいね

以前の記事でもお話ししていますが、

目は年齢の影響が

顔のパーツの中で最も現れやすいところなんです。

 

上まぶたのたるみの原因
  • 目の周りは皮膚が薄く、ダメージを受けやすい
  • 皮脂腺が少ないため、皮膚が乾燥しやすい
  • コンタクトやアレルギー、メイクで目に触ることが多い
  • コラーゲンやエラスチンの量が減り、皮膚が弾力を失う

 

加齢によってこうした要因が積み重なり、

まぶたの皮膚がのび、

目の上のたるみを招いてしまうのです。

 

ハリのなくなった上まぶたの皮膚は、

若い時とは違ってとても柔らかくなり、

指でつまむとビローンと伸ばせてしまうことも。

 

そのたるんだ皮膚が

目に覆いかぶさるようになって、

目の形が変わったように見えたり、

二重がぼやけてしまったりするんです。

 

上まぶたのたるみ
引用元:高須クリニック https://www.takasu.co.jp/

 

このたるんだ部分を、

美容外科手術では

切除して縫い合わせることで、

上のイラストのような

ハリのある目元にするんですね。

 

室長室長

まぶたが重く垂れさがっていると、目を開けようとして力を入れるから、おでこにシワはよりやすくなるし、眼精疲労や頭痛、肩こりなどが起こることもあるのよ

すこちゃんすこちゃん

見た目の問題だけじゃなくて、健康にも影響するんですね…

年齢によるたるみは整形でないと治せない?

筋肉がすでに落ちてたるんでいる場合、

外科的な解決が

一番まぶたをすっきりさせられるのではないか

と思います。

 

とはいえ、やはり大人になると、

体にメスを入れるということへの抵抗は大きい!

 

実際、外科的治療のダウンタイム

(日常生活が通常通りできるまでの時間)には

どのくらいかかるかというと

目元の皮膚を切開し、細い青色透明のナイロン糸で縫合した後、約1週間後(だいたい手術後6~8日目です)に抜糸をします。傷跡に糸がついている間はアイメイクすることはできませんが、抜糸した翌日からアイメイクすることができます。皮膚を切開する手術は、どんな手術でも、完全に腫れが引いて完成するのに、厳密にいうと約6ヶ月かかります。
しかし、大きな腫れは、だいたい1~2週間で引くので、抜糸した後、アイメイクをしっかりすれば、腫れはそれほど目立たないことが多いです。そのため、アイメイクをしっかりする人は、1週間くらいの休みで手術することが多いです。

とあるように、

1週間はアイメイクもできない状態であり、

誰にも知られたくなければ、

腫れている間は休みを取ったほうが良さそうです。

 

やはり、

どんなにまぶたのたるみに悩んでいても、

仕事をしている人の場合は

なかなか決断できないでしょう。

50代のまぶたで比較検証!ふたえ化粧品3選

すこちゃんすこちゃん

まぶたのたるみでぱっちり二重が変わってしまう悩みは、当人じゃないとわからないくらい重大そうですね

室長室長

そうよ!手術しなければいけないほどのたるみばかりではないし、早めの化粧品で、まだまだぱっちり二重に戻せる可能性はあるわ

そこで今回は、

 

まぶたの皮膚を時間をかけて引き締めつつ、被膜タイプに近い効果ですぐにぱっちり二重にしやすくする化粧品

強力接着タイプの夜用化粧品

くっつけないので自然な二重に見えると人気、被膜タイプの化粧品

 

3種類を、室長が自己購入して検証しました。

 

室長室長

一般ユーザーの口コミもチェックするので、化粧品選びの参考にしてくださいね。

二重まぶた化粧品3選

 

今回検証する二重まぶた化粧品3種

 

被膜+まぶたの引き締め美容液|リッドキララ

リッドキララ

 関 連  リッドキララを50代の室長が3本使い切り!変化は?体験を口コミ!

 

    • まぶたの引き締めと引きあげを塗ってすぐに速効で実現する”フィルム化するジェル”
    • 上まぶたの土台へ継続的にアプローチする、専用の”角質内浸透成分”

ふたつの特徴を融合することで2つの実感を実現してくれる

上まぶた専用美容ジェル、リッドキララ

 

こちらは特に

大人の、ハリがなく、重たくなったまぶたにおすすめの化粧品です。

公式サイトはコチラ

使った瞬間にまぶたにハリを与える「速効性」

リッドキララはまぶたの美容ジェル。

ですが、

被膜タイプの二重まぶた化粧品と同じような役割も果たしてくれます。

 

リッドキララを塗った部分には

「三次元密着フィルム」が形成され

このフィルムが上まぶたを引き締めて持ち上げてくれるんです。

※物理的な皮膜形成効果による

「継続」的なケアでまぶたの悩みに根本からアプローチ

さらに「角質内浸透成分」によって、

上まぶたの悩みに対して

根本から、継続的なアプローチも行います。

まぶたの悩みには保湿するだけでは足りない

ところで、さっきから「ひきしめ」といっていますが、

上まぶたの悩みは保湿だけでなく、

この「引き締め」ができないと解決しないんです。

 

だからリッドキララには様々な引き締め専用の成分が入っているんですね。

 

リッドキララを開発した「北の快適工房」さんには

他にも目の下のどんより感やハリ不足、目周りの乾燥小じわなどに特化した商品があります。

 

それとは別に、上まぶたの悩み専用の化粧品として

リッドキララを作ったのは、

上まぶたのケアには「しっかりと引き締めて引き上げる」ことが何よりも大切、

という理由があるからなんです。

 

考えてみれば

「目周り」や「目の下」に対するケアアイテムはあっても、

「目の上」「上まぶた」専用のアイテムってありませんでしたよね。

 

リッドキララは

上まぶたの引き締めに特化したアイテムだからこそ、

長年のアイメイクや加齢でダメージを受け続け

どんより重たくなった40代50代の上まぶただって引き上げて

ぱっちりとした目の印象にしてくれるもの。

 

若い女性の二重まぶた化粧品を大人に流用するのではなく、

40代50代の、

鏡を見るのも悲しくなってしまうほどに印象の変わった、

大人の上まぶたのための化粧品、

というところがうれしいですね。

 

詳しいつけ方はコチラの記事をご覧くださいね。

 関 連  50代まぶたのたるみと二重の悩みにはどんなケアがいいの?

 

よかった!という口コミ

女性ショートgood笑顔

  • もうあきらめていたのに上まぶたが軽くなってすっきりしました。
  • まるで別人になったみたい

実はまだ比較的新しい商品ということもあって、

口コミは多くないんです。

なので、私の感想をお話ししますね。

室長が使ってみた感想

筆でつけるようなタイプではなく、

エアレスポンプに入っている、まさに美容液という感じの商品です。

 

これを1プッシュだけ取って両目のまぶたに使います。

 

テクスチャーは少し硬めのジェル。

 

ジェルにしてあるのは、

こっくりした粘り気が、リッドキララの特長を生かすからだそうです。

このテクスチャーならまぶたにしっかりフィットして、

メイクがよれにくい、ということなんですね。

 

実際に、リッドキララを使った後にメイクをしても

まったく問題ありません。

はじめはヨレないか気になっていたんですが、

もう昼間はそんなこと忘れてしまっています。

 

そのくせ、昼間も目元がどんよりしてくることがないのは

リッドキララのおかげなんじゃないかなと思います。

(昼間はナイトアイボーテもほかの二重まぶた化粧品も使っていません)

 

使い始めてもうすぐ2本目が終わるところですが、

徐々に目元が以前のようにぱっちりしてきて

鏡をみるのも楽しくなってきています。

 

最初は、つけた直後の変化に驚いていたのですが、

今は洗顔直後の何もついていない目元の変化に

じわじわと嬉しさを感じている感じ。

 

最近はちょっとむくんでいるときを除き、

ナイトアイボーテはいらなくなってきています。

 

併用してきたおかげかもしれませんが、

長くぱっちりした目をキープする、という意味で、

使い続けたいのはリッドキララかな、と思っています。

 

あ!

 

使用時は

リッドキララを乾かしてから目を開けることが必要なのですが、

おすすめはドライヤーの冷風をあてることです。

 

これをすると、しっかりまぶたにフィットするので、

そのあとのメイクもよれないし、

くせづけもうまくいきますよ!

 

公式サイトはコチラ

 

夜にくせづけ接着タイプ|ナイトアイボーテ

ナイトアイボーテ

アイプチやアイテープなどで作った二重まぶたはその場限りのもの。

だから当然昼間のメイク中に使うものです。

 

でも、昼間アイプチ・アイテープを使っていれば

 

  • 下を向いた時、くっつけているまぶたが引きつっているのが見える
  • まぶたの外側にアイテープやファイバーがはみ出ているのが見える
  • 旅行や温泉で顔を洗ってしまうと、別人のような目になってしまう

 

など、10代ならいざ知らず、

オトナならとってもイタくて

恥ずかしい事態が起こるかもしれないうえ、

肌あれやかぶれが起きてしまうことだってあります。

 

そのストレスから救ってくれる、

新しい二重まぶた化粧品として10代20代を中心に大人気なのが、

ナイトアイボーテです。

 

自然なパッチリ二重をGET!【ナイトアイボーテ】

寝ている間にくせづけしてくれる!

ナイトアイボーテは接着系の二重まぶた化粧品なので、

一見「アイプチと何が違うの?」という感じがしますが、

実際は大きな違いがあります。

 

それは寝ている間にくせづけするというところ。

つけるのは夜、眠っている間だけなんです。

 

なぜ寝ている間だけにつけるのでしょうか。

それにはこんな理由があります。

 

なぜ寝ている間につけるの?
  • 寝ている間はくせづけを妨げるまばたきをしない
  • 寝ている間はカラダが集中的に回復・循環するため、じっくりくせをつけながらも肌を労わることができる

夜だけでくせづけできる理由

つけま用のりより強いナイトアイボーテ
接着力はつけま用の糊より強いという声もあるそうです

 

夜だけの使用で二重のクセってつくの?

と疑う人もいると思いますが、

ナイトアイボーテの接着力はとても強いんです。

 

だから夜眠っている間に外れにくく、

しっかりクセをつけていけるんですね。

 

でもそうすると肌には刺激が強そう…

と心配にもなりますが、

ナイトアイボーテは、

独自の研究による特別な配合で

接着力を最大限に高めつつ、刺激を最小限に抑えているんだそう。

 

今晩塗って寝て、明日すぐ昼間にくっきり二重、

とはいかないものの、

この強力な接着力で、早い人なら数日、

頑固な一重まぶたの人でも

あきらめずに使い続けるうちに

二重の線がついてくることがあるのだとか。

美容成分も配合されて、朝、目がむくみにくい

むくみやすい人の場合、

朝起きると目が腫れぼったくなっていて

あわてて冷やしたり温めたりすることもあるのでは?

 

ナイトアイボーテには、

 

  • 肌荒れ対策や保湿・鎮静・消炎・血行促進作用があるといわれているボタンエキス
  • 消炎・鎮静・収れん作用があるといわれているフユボダイジュの花から抽出されるエキス
  • 消炎・鎮静・保湿・血行促進作用があると言われている、キク科植物・アルニカの花から抽出したエキス

 

が配合されていて、

目が腫れぼったくならないような工夫がされているので、

この点も良いですね。

かぶれにくい

夜の間中、となると

肌への刺激が強すぎるのでは?と心配になりますよね。

 

でもこの点も、

 

  • 刺激の緩和や皮膚の柔軟化のために配合され、高い保湿作用があるといわれるアルテア根エキス
  • アレルギー対策・肌荒れ防止・かゆみや炎症を抑える作用があるといわれるサクラ葉エキス

 

が配合されて、

長時間接着の肌負担が軽減できるよう工夫されています。

40代50代が使って二重になるの?

ナイトアイボーテを使っている中心ユーザーは、

10代20代の女性。

若い人がここまでの流行を作ってきました。

 

でも、ここまでお話ししたような、

肌にやさしくむくみも起きにくい成分が配合され、

強力な接着力のあるナイトアイボーテだからこそ、

大人の重たいまぶたがすっきりすることが期待できるのではないでしょうか。

 

しかも

通販で買え、梱包も二重まぶた化粧品とはわかりにくいのが心強い!

 

ドラッグストアで他人の目を気にしながら買う必要がないのは、

二重まぶた化粧品を使うことに抵抗がある

40代50代のみなさんの背中を推してくれると思います。

 

しばらくの間は、

落とすと同時にくせが消えることもあるかもしれませんが、

そこであきらめてはいけないとのこと。

 

くせがつくまでの期間には

まぶたの厚さや固さによって個人差があり、

すぐにつく人もいれば、

3か月頃から徐々に変わってくる人もいるそう。

 

また、くせのつき方も人それぞれで、

少しづつ線が濃くなって、

キープできる時間も5分→30分→半日→1日と

徐々に長くなる人もいれば、

全くくせのつく気配がなかったのに、

ある日突然二重がキープできるようになった、

という人もいるそうです。

 

ましてや大人のまぶたは

若い人よりもハリがない分、

時間がかかっても不思議はありませんよね?

 

ただ…

 

あきらめるのは簡単だけれど、なにもしなければ絶対変わらないんです!

 

だから、頑張って続けてみていただきたいなと思います。

 

室長室長

大人の女性のものに絞った口コミを探してみました

よかった!という口コミ

女性前髪good笑顔

  • 三ヶ月目に入ると、寝る前つけ忘れて朝起きても二重になっていました(40代)
  • 加齢によるまぶたのたるみの影響なのか、狭くなった二重の幅を広めるために使用。おおむね満足!(40代)
  • 筆先が細くて狙ったところに液を塗りやすく使いやすいです(40代)
  • 夜にクセ付けた二重の線がナチュラルにはいっているのでアイメイクもしやすいです。(50代)
  • 粘着度も強すぎず、最近 午前中はクセが持続します(50代)

左右の二重幅が変わってしまった、

という方が使っていることが多い気がしました。

(わたしもそうなんですよね)

 

変わってきた!という口コミの方は、

やはり一定期間気長に使っていらっしゃる感じです。

うーん…という口コミ

女性セミ困った

  • まぶたに肉がたくさんついているせいか、残念ながらまだくせにはなってはいません。気長に待ちたいです(50代)
  • 粘着が強いのか糊がなかなか取れませんでした(40代)
  • 数日使ってみたけど朝のうちにとれてしまいます(40代)

 

よくない!という口コミの方には、

あまり長い期間の使用ではない方が複数いらっしゃいました。

室長が使ってみた感想

一番のお気に入りは、

つぎにご紹介するリッドキララなのですが、

ナイトアイボーテも補助的に併用しています。

 

その方が、

しっかりくせづけしてくれるナイトアイボーテの利点と、

まぶたの引き締めをじっくりしてくれるリッドキララの利点、

双方が生きる感じがするからです。

 

すでに2本目の終わりころです。

だいぶ慣れてきて、

引きつれもほとんどできずに塗れるようになってきました。

 

説明書には

自分のなりたい二重の形にするのに、

どこにナイトアイボーテを塗るのがベストなのか、

書いてあってとても便利です。

 

いきなり幅広の位置に塗ってくせづけしようとすると

それにはちょっと無理があるみたい。

そういう時は寝る前に元に戻ってしまいます。

 

すこしずつ幅を広げていくつもりで、

狭いところから塗り始めるのがおすすめです。

 

二重の比較的はっきりしている左目は割と簡単なのですが、

奥ふたえの右目のほうは、奥二重の線が強力なのと、

まぶたの厚さがあるのが原因でなかなか手ごわい。

 

でも、目尻側からちょっとずつ幅を広くとるようにしてみたところ、

すっきりした印象にはなってきています。

 

刺激はほとんどありません。

痒くも赤くもなりませんね。

 

くせがついてきたら

リッドキララだけでキープしていくつもりですが、

それまでは併用でしっかりやっていこうと思います。

 

ナイトアイボーテの公式サイトはコチラ

被膜タイプ|アストレア ヴィルゴ アイビューティーフィクサー NL

ストレア ヴィルゴ アイビューティーフィクサー NL
筆で塗るタイプの本体+プッシャー(白いスティック)がセットです

 

被膜タイプの二重まぶた化粧品は、

一般的な接着タイプの二重まぶた化粧品

(アイプチのようなタイプ)とは異なり、

皮膚をくっつけることなく二重を作ります。

 

まぶたの皮膚表面に

何度か重ね塗りすることで、

アイテープのような被膜をつくります。

 

すると、

目を開けたときに

まぶたにテンションがかかって、

二重のラインが生まれる、という仕組みです。

 

この商品の特徴は、

被膜タイプの使い方と接着タイプの使い方、

両方で使えるところ。

 

完全に乾く前にプッシャーを使えば、

アイプチと同じように使えます。

使い方

  1. まぶたの表面に3~4回重ね塗りして被膜を作ります。
  2. 完全に乾かします。ドライヤーの冷風を使うと早く乾きます。
  3. プッシャーで軽く押さえ、目を静かに開けると二重のラインが完成します。
 

重ね塗りを繰り返すことで、

そこにアイテープを貼ったような厚みが生じます。

 

グルー(液)は白色ですが、

乾くと透明に変わります。

 

乾いた上からアイメイクでき、

水を含ませたティッシュやコットンで

簡単にオフできます。

よかった!という口コミ

女性ショートgood笑顔

  • 塗り心地がなめらかです
  • 密着感がありました
  • 目を閉じても不自然さがありません
  • 水を使えば簡単に落ちます

発売が2011年ということで

結構時間が経っているのに

実はこの商品の口コミは

あまり多くありませんでした。

その中でも、

良い口コミは多くはなかったかな、

という印象です。

うーん…という口コミ

女性セミはてな

  • 3~4回の重ね塗りに時間がかかりました
  • きれいな二重が作れませんでした
  • メイクを重ねると粘着力が弱まりました
  • 白いカスが残ったり出てきたりしました
  • ひりひりしてしまいました

期待したよりもうまくいかなかった、

という感想が少し多いかも。

完成までの時間や

作った後の白残りについても

複数の口コミがありました。

室長が使ってみた感想

ドラッグストアで購入して使ってみました。

 

たしかに

しっかり乾かした後の接着力は強すぎず、

アイプチタイプでくっつけたときのような

閉眼時の不自然な引きつれた感じは

少なかったです。

 

それはよかったのですが、

やはり口コミにある通り、

完成まで時間がかかるのが大変!

 

1回塗るごとに、

乾くまで30秒は最低かかります。

 

これはドライヤーの冷風を使って、なので、

自然乾燥ならもっとかかりそう。

 

つまり、3、4回塗り直すなら、

乾かすだけでも片目2分はかかる計算。

しかも、実際はもっとかかりました。

 

ちゃんと乾かせたところは

それほどテカリもなく自然に見えます。

これは良いですね。

 

また、落とすのもとても簡単。

水気がつくとはがれやすくなるので、

こすらずに取れます。

 

ただ、水分で簡単に落とせる、

ということは、

すなわち水分に弱い、ということ。

 

私は涙目になりやすい方なので、

目頭あたりにつけた分は、

すぐ白いモロモロになってしまいました。

 

それを取ろうとすると

すでに乾いた分まで一緒に取れてしまう…

 

それで何度かやり直すことに。

結局目頭のほうまでつけるのは断念しました。

 

それと、つけている間中、

私もすこしヒリヒリを感じました。

落とした後は

特に赤みかゆみは残らなかったものの、

ちょっと気になりましたね。

(向き不向きはどんなコスメにもありますから、

必ずパッチテストが必要です)

 

でも、1,200円と手ごろな価格だし、

比較的自然な仕上がりなので、

はじめて二重作りに挑戦するという時にはいいかもしれません。

 

二重まぶた化粧品を乾かすときに便利なアイテムを発見

リッドキララやアストレアヴィルゴアイビューティーフィクサーを使う時には、

乾かしてから目を開ける必要があります。

 

その時に私が使ってみているのがこちらのアイストレッチです。

 

アイストレッチ

 

もともとは目元を鍛える、

というアイテムのようですが、

その効果は…あまりわかりませんよね。

 

でも、指だけで上まぶたを引き上げて

ドライヤーで乾かして…

は結構大変です。

 

そんなときに、目をぱっちり開けられるこちらは

すごく便利なんです。

 

アイストレッチの使い方

 

使う時は写真のようにして、

まぶたを広げて、なおかつ目は閉じるんですが、

片手でできるので、右手はドライヤーが使えます。

 

手ごろな値段なので、

私のようなぶきっちょさんにはおすすめですよ。

 

まとめ

瞼(まぶた)のたるみで奥二重に?50代の目元ケアは有効?

 関 連  50代まぶたのたるみと二重の悩みにはどんなケアがいいの?

 

被膜タイプ、夜にくせづけする強力接着タイプのナイトアイボーテ、そして速効性と継続性、Wにアプローチしてくれるリッドキララの3タイプの二重まぶた化粧品をご紹介しました。

 

年齢を重ねた女性のまぶたはハリを失って厚みが増し、重く垂れさがってくるから二重じゃなくなってくる、という仕組みを考えると、室長のイチオシはやはりリッドキララ、という結論です。というか、もはや手放せないくらい気に入っています!

 

毎日朝晩、ストレスなく気持ちよく使え、重たいまぶたがいつのまにかスッキリしてくるアイテムなので、みなさんもぜひお試しくださいね。

 

▼▼リッドキララの公式サイトへGO! ▼▼

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう