スポンサーリンク


みなさんこんにちは。室長のすこみみです。

 

抜け感メイクの流行が続いていますね。

各ブランドともシンプルなアイメイクができるアイテムを出してきています。

パレットも茶系のシンプルグラデができるものがルナソルやマキアージュなどから出ていますが、

なんといっても、今年はひきつづき単色シャドウにいいものが多いですね。

単色アイシャドウの使い方・塗り方とプチプラデパコスのおすすめ!
  コスメとメイクを愛するみなさま、こんにちは。室長のすこみみです。 最近のアイメイク、みなさんはどんなアイシャドウを使っていますか? 私は...

 

パレット好きの室長でしたが、

今年は単色シャドウのコレクションがどんどん増えています。

今回もシャネルの新作単色アイシャドウを2タイプ購入したので、

まずはクリームタイプのオンブル プルミエール クレームについて、

使い方や使用感、色味などをご紹介します。

 

シャネルの人気単色アイシャドウにクリーム・パウダー2つが仲間入り

関連記事:アイシャドウのラメが落ちない塗り方テクは?

2017年7月にシャネルからオンブルプルミエールアイコレクションという

アイメイクの新しいコレクションが発売され、

単色アイシャドウも新たに2タイプ発売されました。

 

クリームタイプはオンブル プルミエール クレーム

パウダータイプはオンブル プルミエール プードゥル

 

質感の異なるこの2つ、

単独で使ってももちろん優秀ですが、

組み合わせて使ってもとても面白い仕上がりになります。

 

今回はまずクリームタイプのオンブル プルミエール クレームをご紹介します。

シャネルの人気単色アイシャドウ オンブル プルミエール クレーム

全8色 3,900円(税込)

引用元(カラーシェードのみ):シャネル公式サイト

ガラスの円形ポットに入ったクリームアイシャドウ。

しっとりしているけれどべたつきがないシャドウです。

淡色から濃色までシェードが揃い、画像右側の濃い色にはサテンのような輝きがあります。

 

写真は私が買った 810 プールプル プロフォン

濃いブラウンですが、少しだけ紫のニュアンスがある色で、サテンのようです。

 

これに、先の丸い、小さなブラシタイプのアプリケーターついています。

オンブルプルミエールクレームは全8色。サテンのように輝くクリームシャドウにアプリケーター付き。

使い方

付属のアプリケーターで適量を取ってまぶたにのばします。

 

アプリケーターは平筆タイプなので、

立ててつければアイラインのように細く、はっきりとのせることができるし、

寝かせてつければ幅広に、ややふんわりとつけることができます。

これを組み合わせてつければ、アイラインのように伸ばしたエッジを

寝かせてぼかすということも可能です。

写真の下は立ててアイラインのように伸ばした状態、

上は寝かせてつけた後、エッジをぼかした状態です。

 

使用感と口コミ

スポンサーリンク


使用感

クリームだけれどべたつかない

テクスチャーは、スフレやムースに近いクリームタイムでべたつきがありません

肌にのせると、しっとりとしたパウダーのように感じます。

 

同じシャネルのイリュージョンドンブルや

コスメデコルテのアイグロウジェムと似ていますが、

この2つに比べるとラメが控えめでサテンのような輝きのタイプです。

太くてクリアなラインがひける

アプリケーターとの相性も良く、

立ててつけると、太いけれどもクリアなラインがひけます。

クリームシャドウでこんなにきれいなラインが引けるというのは感激です。

ちなみにアプリケーターですが、ブラシマニアの私の感想は◎です。

柔らかくコシがあり、使いやすい!大好き!

 

ただし、濃い色でも遠慮して取ると淡くしかつかないので、

ラインを引くときは、しっかりとった方がよいと思います。

発色がすばらしい

きちんととってのせれば発色がよく、ポットに入ったままの色が肌に乗ります。

シャネルらしい絶妙な大人カラーがそのまま再現できるのが素晴らしいです。

私の購入した810はかなり濃い色ですが、秋にぴったりです。

 

はじめは雑誌のメイク記事をみて、淡い色の802・804に挑戦するつもりでしたが

そちらはつけるとわりとウォーム系に感じて、

ウィンター系の私には似合わなさそうでとりあえず購入には至りませんでした。

 

カラーバリエーションが豊富で偏りがないので、

どなたもご自分にぴったりの色を見つけられると思います。

私は濃いシェード全色制覇したい感じです。

ぼかしやすい

これだけはっきりしたラインがひけるのに、ぼかしやすいのも魅力です。

こすっても落ちない・色褪せない

のせてしばらく経つと、こすってもど落ちません

また、時間がたってもいろあせることがなく、いつまでもつけたての色です。

質感の異なるシャドウとの組み合わせが吉

同時に発売されたオンブルプルミエールプードゥルとの組み合わせがおすすめのようで、

私も両方買って重ねてみました。

確かに質感が違う二つのコラボがとてもきれいで、

これまでにない組み合わせだなと思います。

 

クレームがこすっても落ちないので、

重ねてプードゥルをつけてもよれたり汚くなったりしません。

ぜひやってみていただきたい組み合わせです。

注意したほうがよさそうなこと

時間が経つと落ちないので、ぼかすときはこれを念頭に置いて、

素早くしたほうが良いと思います。

 

また、クリームといっても上で書いたようにムースシャドウっぽいので、

おそらく長く使ううちに揮発して硬く縮んでしまいそう

遠慮せずにガンガン使ったほうがよさそうです。

しっとりべたつかない。ラインくっきりでぼかしもOK。よれないのでパウダーシャドウを重ねてもOK。時間が経つと硬くなるかも?

口コミ

まだまだ十分には出そろっていませんが、口コミをまとめてみました。

OK顔

やはり、発色や付きに関しては”思ったより薄づき””自然””上品”という評価が多いです。これを良い意味にとらえて”調節しやすい””重ねづけしやすい”という意見もあります。同じシャネルのイリュージョンドンブルと比べてキラキラが抑えめで大人にも使いやすい、コスデコのアイグロウジェムと比べてラメが控えめで散らないという口コミも。

もっと困った顔

思ったよりつけにくいと思っている意見があります。アプリケーターについては寝かせると色が全然つかないので立てて使うほうが良い、という口コミも。あとはやはり乾燥して縮みそうなので早く使う必要あり!という声がありました。

 

まとめ

関連記事:モテメイクは”ほんの少しの引き算”がカギ!

  • シャネルの新作単色クリームアイシャドウ”オンブルプルミエールクレーム”をご紹介しました。
  • テクスチャーはぷにぷにのスフレ状、ですが肌にのせるとパウダーっぽく変化します。
  • 淡い色から濃い色までカラーバリエーションが豊富で、ぱっと見濃くて勇気がいりそうな濃い色もとても使いやすいです。
  • のせてすぐに落ちにくくなり、よれないので他の質感のシャドウとの組み合わせもおすすめです。
  • アプリケーター(ブラシ)にしっかり取って立てて使えば太めのライン状になり、寝かせるとぼかしが可能。遠慮するとあまり取れないのでしっかり取ってぼかしましょう。
  • 乾きやすく縮みそうなので、早めに使い切るほうがよさそうです。

いかがでしたか。

淡い色も暖色系なので春だけでなく秋にも使えると思いますが、

この秋はまず濃い色を使ってみてほしい!

これまでチャレンジしたことがない方も、ぜひお試しくださいね。

 

シャネルの新作単色アイシャドウについては、次に

パウダータイプのオンブルプルミエールプードゥルについても書きますので

お役立てくださいね。

スポンサーリンク


単色シャドウとアイメイクについてはこちらの記事もおすすめです。

単色アイシャドウの使い方とデパコス・プチプラの室長おすすめを多数ご紹介

THREEの人気アイシャドウを単色シャドウ×パレットで使う方法

使い方と仕上がりが変わるアイシャドウブラシ情報のまとめ記事

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう