スポンサーリンク


コスメとメイクを愛するみなさま、こんにちは。

室長のすこみみです。

 

メリハリ小顔を演出してくれる

コントゥアリングメイクの人気はますます上昇していますね。

専用の化粧品も国内でずいぶん簡単に手に入るようになりました。

 

その一方で、

コントゥアリングに使う道具については

日本ではまだまだ多くを語られていないように思います。

当研究室でも、まだ一部しかご紹介できていません。

 

そこで今回は、

選び方ひとつでシャープにもソフトにも変えられる、

コントゥアリング用のメイクブラシやスポンジを、

それらを使っているおすすめ動画からご紹介します。

 

ブラシの種類はものすごくたくさんあるので、

今回はシェーディング用に絞ります!

(ハイライト用はまた別にご紹介しますね)

 

コントゥアリングのやり方を確認したい方には↓こちらもおすすめです↓

コントゥアリングの入れ方は難しい?日本人に似合うおすすめの方法は?

コントゥアリングに使う道具の選び方は?

関連記事:化粧崩れを防止するベーキングメイクとは?海外で流行のメイクテクニック?

基本的には

コントゥアリングに使用するコスメが

クリームタイプか、パウダータイプかによって、

使うツールも変わります。

 

クリームタイプには、

コシの強い人工毛のブラシを使用し、

 

塗ったものをぼかしこむのには、

ビューティブレンダーのようなスポンジを使うこともあります。

スティックタイプも同様に考えてよいと思います。

 

そしてパウダータイプには

ふんわりとした天然毛や

混合タイプのブラシを使うことが多いです。

 

プチプラで手に入りやすいコントゥアコスメをお探しの方にはこちらも役立ちます

2017年コントゥアリングにおすすめのプチプラ化粧品は?

ただ、YouTuberの動画を数多く見ていると、

同じコスメを使っていても

ブラシは全く違うものを選んでいたり、

同じブラシを使っていても

シェーディングではなくて

それを際立たせるベーキングのパウダー用に使っていたりと

メイク上級者になればなるほど、

ツールの使い方は自由になってくるようです。

動画で見るクリームコントゥア用ブラシとスポンジ

スポンサーリンク


それではさっそく、動画でどのようなアイテムが使われているのか見てみましょう。

コンシーラーブラシ

これはInStyleから、ビギナー向けの動画です。

使っているのはクリームタイプのシェーディングとハイライターです。

肌に乗せるのにはコシのあるコンシーラーブラシを使い、

肌になじませ、ぼかしこむのにはドライタイプのスポンジを使っています。

MAC #195 コンシーラーブラシ

pin

価格 ¥3,996(税込)

素材 合成毛

公式サイトはこちら>>

平らで先端が細くなっており、鼻筋にラインを入れるのにも最適。

SIGMA  F75 – CONCEALER BRUSH

pin

価格 $16.00

素材 合成毛

公式サイトはこちら>>

REAL  TECHNIQUES CONCEALER BRUSH

pin

価格 JPY 984.13(公式サイト表示)

素材 合成毛

公式サイトはこちら>>

動画で使用しているうちの1本は

おそらくリアルテクニクスのセット

CORE COLLECTIONにはいっているブラシ。

単品販売がないので、近いタイプのこちらをご紹介します。

 

アジア系YouTuber、

Tina Yongさんのビギナー向け動画もみてみましょう。

こちらもクリームタイプですが、

シェーディングにはスティックタイプを、

ハイライトはおそらくパレットのタイプを使っています。

字幕設定を日本語にすると、ポイントがわかりやすいですよ。

ハイライトにはアプリケータータイプのコンシーラーを使っていますね。

シェーディングは、大きな面積にはスティックで直接塗り、

ぼかすのにはビューティブレンダーPROを使っているようです。

ビューティブレンダー+コントゥアリングについては↓こちらで詳しくご紹介しています↓

ビューティブレンダーの使い方5選!おすすめ動画もご紹介

 

そのうえで、

細く入れたい鼻筋のシェーディングで2本使い分けています。

Sigma E60 Large shader brush

pin

価格 $17.00

素材 合成毛

公式サイトはこちら>>

肌に乗せる時に使用。

 

実はこのブラシ、

私もコントゥアリング用に使っています。

ブラシ部分は毛量が多めで厚め。

クリームコントゥアを適度に取って、

スルスル肌に乗せることができます。

Sigma E70 Midium angled shading brush

pin

価格 $16.00

素材 合成毛

公式サイトはこちら>>

なじませる時に使用。

 

これも私自身持っていて、

やはり鼻筋のぼかし用にもともと使っていました。

 

Sigmaは柄の長さ、毛の質ともに

使いやすくてコントゥアリングにおすすめです

アングルブラシ

もう1種類、

海外YouTuberが良く使っているブラシがあります。

それはアングルブラシです。

 

角度のついたブラシで、

厚みや大きさ角度などはさまざまです。

多くはFlaffy(ふわふわした)なブラシできれいにぼかせます。

角度がついているため、

頬骨から頬骨下の凹みの部分にうまく合わせられるのが

よく使われる理由です。

 

超有名で私も大好きなYouTuber、Jaclyn Hillさんは

コントゥアリングやブラシについて非常に多くの動画を配信していて、

コントゥアリングひとつとってもいろいろなブラシを使用しています。

そのうちの一つがこちらです(6:55あたりでアングルブラシ登場)。

彼女がここで使っているのがSigmaのアングルカブキブラシ。

Sigma F84 – ANGLED KABUKI™ BRUSH

pin

価格 $25.00

素材 合成毛

公式サイトはこちら>>

こちらも私は持っているのですが、

まだ使ったことがなく、

どう使おうと思っていたところでした。

 

【追記】

さっそく今朝使ってみました。

肌に乗せるのはSigmaE60で、

ぼかしをこちらでやったところ、

すごく簡単に、自然にぼかすことができました。

自信を持っておすすめします!

 

Sigmaは合成毛なので適度にコシがあり、

クリームコントゥアにはとても向いていると思います。

 

ほかに私が使っているクリームコントゥアには

こんなものがあります(今回は写真のみupしますね)

動画で見るパウダーコントゥア用ブラシ

 

次はパウダーコントゥア用のブラシを見てみましょう。

フラットブラシ

ブラシ部分が平らで横長なものが多いフラットブラシ。

シェーディングのラインを取りやすいからか

よく使われています。

代表的なものの一つが、

NARSのITAブラシ

 

先ほどのJaclyn Hillさんの

別のコントゥアリングのチュートリアル動画を見てみましょう。

この動画は、ブラシの動かし方、ぼかし方がとても分かりやすいと思います。

(2:28頃から始まります)

NARS カブキ イタ
 

@narsissistがシェアした投稿

価格 ¥7,020(税込)

公式サイトはこちら>>

オンラインでの購入はこちら>>

 

私もよく使うブラシですが(赤い背景の写真は私物)、

毛先はかなりふわふわでボサッとした感じです。

形はシャープで毛はふわふわ、

ということで、シャープにもソフトにもできる優秀ブラシです。

アングルブラシ

パウダーにもアングルブラシはとてもよく使われています。

ふんわりぼかしやすくておすすめです。

そのなかでもフラットブラシと足して2で割ったようなブラシが

Sigmaから出ています。

Camilla Frederikkeさんの動画では11:15ころからこのブラシが出てきます。

F23 – SOFT ANGLED CONTOUR™ BRUSH

 

価格 $26.00

素材 合成毛

公式サイトはこちら>>

アングルブラシの中でもかなり横に広めで、

やや薄めのコントゥアリング用ブラシ。

パウダーをぼかすのにとても使いやすいです。

YSLのクチュールコントゥーリングを買ってから、

私はこれを使うことが増えました。

 

私個人としては、

NARSのITAよりこちらのほうがソフトな仕上がりになると思います。

 

アングルブラシ、ほかに私はこんなものも持っています。

(とりあえず写真だけupしますね)

コントゥアブラシ

毛足が長くてふわふわのコントゥア専用のブラシ

各ブランドからいろいろ出ています。

いわゆるcircular motion

(くるくるとブラシを回してぼかしつけるテク)が

上手にできる方には、

このブラシはぼかしやすくてよいのではないでしょうか。

 

これをよく使っているYouTuberは

こちらも大変人気のNikkieTutorialsさん。

ブラシは7:30過ぎから登場です。

「とってもソフトで毛が本当に柔らかいの。

コントゥアがソフトに素敵にできるので大好きなブラシ!」(意訳)

と話しているこのブラシは、

私も影響を受けて買いました。

MORPHE M530 – CONTOUR BLENDER

価格 $ 9.99

素材 ヤギ毛

公式サイトはこちら>>

 

実際に使ってみると、

動画で見るより少し大きいかなーと思います。

けれど本当に毛の肌触りが柔らかく、

合成毛に比べるとやはりつき方がソフトです。

 

使い方のコツは、

柄は長めに持ち、

肌に触れるか触れないかくらいのタッチにすること。

そしてクルクルと小さなサーキュラーモーションにすることですね。

 

このタイプはSigmaにもありますが

こちらのほうが少しコシが強めなので、しっかりつくかも。

F05 – SMALL CONTOUR BRUSH

pin

価格 $22.00

素材 合成毛

公式サイトはこちら>>

その他のブラシ

コントゥア用のブラシではありませんが、

手頃なReal Techniquesのブラシにもおすすめがあります。

YouTubeではCoffeeBreakwithDaniさんが使っている

multi task brushがこれ。(7:43ころから出てきます)

Real Techniques Multi task brush

価格(セット) JPY 1599.21

公式サイトはこちら>>

iHerbでの購入はこちら>>

ソフトなエッジの部分を使ってシェーディングを入れると

ふんわり柔らかく影をつけることができます。

ブロンザーをふんわり広く入れるのにもおすすめです。

 

ちなみに、このCharlotte Tilburyのブロンザーは

赤みも少なくて濃すぎない色で、

私たちにもぴったりのかなりおすすめなパウダーです。

Charlotte Tilbury Filmstar Bronze & Glow Light to Medium>>

 

ほかにも大きくてふわふわのファンブラシ

コントゥアリングに使えます。こちらも今回は写真のご紹介だけ。

まとめ

コントゥアリング初心者向けのおすすめ動画もご紹介しています。

動画で研究!初心者のためのコントゥアリングのやり方は?

  • 動画によく登場するコントゥアリング、とくにシェーディングのブラシをまとめました。
  • クリームコントゥアにはコシの強いコンシーラー用のブラシや合成毛のアングルブラシがおすすめ。
  • クリームコントゥアをぼかすのにはビューティブレンダーなどのスポンジもよく使われます。
  • パウダーコントゥアにはフラットやアングルブラシ、毛足長めのコントゥアブラシがおすすめ。
  • パウダーコントゥアのぼかしには、毛先をクルクル回す’circular motion’のテクを使って。

ブラシは本当に種類が多くて、

すべてご紹介することはできませんでしたが、

タイプ別にまとめてみました。

 

アイシャドウと同じく、

コントゥアリングメイクもぼかしが命です。

良い道具に出会って、自然なメリハリを手に入れましょう!

スポンサーリンク


こちらの記事もあわせて読むと、

話題の化粧下地・ファンデーション・メイクブラシやスポンジの最新情報がわかります!

「もともと肌がキレイな人」に見せる!ベースメイクの情報まとめ

選び方・使い方で仕上がりが変わる!メイクブラシ・スポンジ情報まとめ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう