スポンサーリンク


輪郭を強調し、メリハリ顔を作ってくれるコントゥアリング

 

前回は言葉の意味やメイクのねらい、

日本人がする場合の最低限のポイントをおはなししました。

 

今回からは各論(研究なので)に入ります!

 

まずは基本を押さえたいですね。

今回は、ビューティYouTuberのメイク動画から

初心者の方のためのコントゥアリングを学びましょう。

 

基本のコントゥアリング

スポンサーリンク


関連記事:コントゥアリングメイクとは?日本人にも似合うの?

初心者向けのコントゥアリングの方法は、

“Contour for Beginners”というタイトルでよく投稿されています。

今回はその中から海外YouTuber、Katerina Williamsさんの動画を使って解説します。

 

動画で解説!初心者のためのハイライト&コントゥア

 

上の画像を見ていただくと、自然な仕上がりです。

これなら初心者の方でも抵抗なく試せそうですね。

ではベースメイク全体の手順です。

ハイライト~シェーディングのプロセスがコントゥアリングです。

ベースメイク

  1. 下地をつける。動画では毛穴をめだたせないBenefit ” THE PORE FESSIONAL”を使用(パウダーをたくさん使うメイクのため、乾燥肌の私の場合は保湿重視です)。
  2. ファンデーション首に合わせた色を選んで。
    動画ではReal Techniquesのスポンジ使用。

    目周りはコンシーラーを入れるので薄めに

ハイライト

  1. ファンデよりも1~2段明るいコンシーラーを、目の下に直角三角形を描くようにつける。動画ではMACのコンシーラーを手の甲に取ってから筆でつけていますが、アプリケータータイプのものが簡単でおすすめ。内側から外側に向け、目尻側が鋭角の部分になるように少し上げて。
  2. 同じコンシーラーで、眉間から前額に向けてVを描く。
    細く狭い範囲のほうが高くみえる
  3. 眉間から鼻筋を細く描く。
  4. キューピッド弓(唇の山の部分)とにも。顎は一番高いところに狭く。 上級者は頬のコントゥアの下にもハイライトをいれますが、初心者さんはなしでもOK。

ハイライト部分のブレンド(ぼかし)

ハイライト部分もシェーディング部分も、境目をぼかすブレンディングがとてもとても重要です。

  • 境目の線がくっきり見えないようにしっかりぼかしてください。
  • スポンジでやさしくポンポンとパッティングして、周囲との境目をぼかす。
  • ブラシを使う場合はカブキブラシなどで。動画ではSIGMA F-86使用。

セッティング(パウダーで固定)

  1. 目の下は透明かバナナイエローを使うのが基本。動画ではバナナイエローを使っています(私はどちらもよく使いますが、バナナのほうが自然です)。セッティング用のブラシを使って細かくパッティングしてつけるワイパーのように左右往復すると、ヨレてしまうので注意。
  2. 他の部分はルーセントタイプのパウダーを使います。ブラシかスポンジで。

シェーディング

使うのはパウダーが簡単で、初心者向きです。クリームタイプはよりナチュラルな仕上がりになるので、慣れたらぜひ試してみて。

  1. コントゥアパウダーをブラシに取って、耳の一番上と口角を結ぶライン上、生え際から目尻のラインまでを軽く往復させる。これよりも内側まで入れると、正面から見たとき汚れて見えるので注意して!
    • ナチュラルにするなら耳の穴の横と口角を結ぶ角度もおすすめ。
    • この時、口をとがらせて、つける側の反対の方向に(右につけるなら左方向に)寄せると(変顔ですが)描きやすい。
    • それでもラインがわかりにくいときの見つけ方は、耳と口角をブラシの柄で結ぶとわかります。頬骨の一番高いところを触って、そのまま下になでおろすとカクンと低くなる、そのラインです。
  2. 基点から上に向かってブラシでクルクルブレンドする。下に向けてしまうと頬が下がってしまって老けて見えるので注意。
  3. 耳から顎にかけてのフェイスラインを往復。さらに首にかけてぼかす(つけたさなくてよい)。
  4. こめかみから額の生え際にぼかす。おでこが広い人は額の生え際に入れるとカバーできます。 

チーク

ブラシで、笑った時に上がったところから耳の穴の高さの生え際に向かって掃くようにつける。

ただし、あまりニッとしすぎないほうが良いと思います。普通の表情に戻った時に不自然な位置にチークがあるようにみえてしまうので気を付けて。

ハイライトパウダー

仕上げのハイライトパウダーをハイライターブラシでつける。

  • 頬骨の一番高いところ
  • 鼻筋(目と目の間の低いところに短めに、がおすすめ)
  • 鼻先に少し
  • キューピッド弓

色味は明るすぎず暗すぎずがおすすめ。

 動画で使用されているコスメ一覧

Benefit Porefessional Primer(日本未発売ですがネットで購入可能)

MUFE HD Foundation shade 123(MUFE=メイクアップフォーエバー、国内購入可)

MAC Pro Longwear Concealer NC20(国内購入可)

Anastasia Beverly Hills Contour Kit(日本未発売ですがネットで購入可能)

MUFE HD Pressed Powder in Translucent(国内購入可)

Milani Baked Blush in Luminoso(チークパウダー。未入荷ですがネットで購入可能)

引用:YouTube Katerina Williams”HOW TO HIGHLIGHT AND CONTOUR FOR BEGINNERS!”概要欄

カッコ内筆者注

 

まとめ

関連記事:ファンデーションの色選びの基本は?より効果的な方法って?

  • 初心者向けのコントゥアリングの方法は“Contour for Beginners”というタイトルでよく投稿されている

  • ハイライトはファンデより1~2段明るいコンシーラーで。目の下の三角地帯、額、鼻筋、キューピッド弓、顎に。目の下以外は狭く細くのほうが高さが際立つ。仕上げ時はハイライトパウダーで。

  • シェーディングは耳と口角を結ぶラインに短く、を中心に、フェイスラインやこめかみ、生え際に。
  • コントゥア部分と周囲はとにかくブレンドして境目をぼかす

いかがでしたか。はじめはなかなかうまくいかないかもしれませんが、

上手になるには試行錯誤しながら練習が一番です。

上に挙げたコスメがなくても再現可能です。

国内で購入可能なもの、プチプラ物についての記事もupしていきますので、どうぞお楽しみに!

スポンサーリンク


 

こちらの記事もあわせて読むと、コントゥアリングが映える

話題の化粧下地・ファンデーションの最新情報がわかります!

「もともと肌がキレイな人」に見せる!ベースメイクの情報まとめ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう