スポンサーリンク

 

コスメとメイクを愛するみなさま、こんにちは。

室長のすこみみです。

 

コントゥアリングが日本でもすっかり定着した今年。

 

すこし濃いシェーディングでしっかりメリハリをつけたメイクが

夏の強い光とファッションにぴったりでした。

 

当研究室のコントゥアリング情報はこちらにまとめてあります

シェーディングとハイライトで小顔になる!コントゥアリング情報まとめ
コスメとメイクを愛するみなさま、こんにちは。室長のすこみみです。 海外で大変な人気のメイクテクニック、コントゥアリング。今や日本でもよく耳にすることばと...

 

でも、ファッションの色合いも少し落ち着いてくるこれからの季節。

夏のままのメリハリの強いコントゥアリングは、秋には少々強すぎます。

 

コントゥアリングをメイクに取り入れるのが好きな室長も、

最近は、流行の抜け感のあるメイクに合わせて使う

コントゥアスティックやパウダーなどのコスメも、ソフトなシェードにシフトしています。

 

そうしたらなんと、雑誌にもソフトコントゥアーというキーワードが!

新作コントゥアーコスメもソフトな色合いのものが続々登場しはじめました。

 

そこで今回は、

この秋のソフトコントゥアリングにぴったりの新作コスメ・おすすめコスメをご紹介します。

 

この秋気になる「ソフトコントゥアリング」とは

関連記事:コントゥアリングメイクとは?日本人にも似合うの?

 

結論から言うと、

ソフトコントゥアリングとは私たち日本の女性にもしっくりくる、

ごく自然なコントゥアリング(輪郭メイク)のことです。

 

もともと海外のセレブやYouTuberが流行の発信源であったコントゥアリング。

 

凹凸のはっきりした骨格を持つ欧米人が

さらにメリハリをつけるためにしているメイクだからか、

 

自然になじむ色のファンデーションよりも

「自分がなりたい肌色」になるファンデーション選びをするのが普通だからか、

 

海外コスメのコントゥアスティックやクリームやパウダーのパレットのシェード(色)は

比較的はっきりとしたコントラストの組み合わせがメインでした。

 

室長も海外メイク動画で研究したため、

かなり長い間、はっきりと濃いシェーディングカラーとマットで明るいハイライトカラー、

プラス強い輝きのハイライトパウダーの組み合わせでコントゥアリングをしていました。

 

でも、こうしたもともとのコントゥアリングは、私たち日本の女子が好む、

ナチュラル・カジュアル・シンプルファッションのいずれにも強すぎたと思います。

まして職場の制服には、海外メイクに近いコントゥアリングの方法では絶対に似合いません。

 

そんな感じで、室長のコントゥアリングも少しずつ、

コントラストの弱い、ソフトな色合いのものを使うようになっていました。

 

入れ方も、頬骨の下をシャープに削ぐように入れてしまうと、

大人になって痩せてきた顔にはキツすぎて、疲れているように見えかねないので

ふんわりとした入れ方に変えました。

 

この秋メディアで提案されているソフトコントゥアリング(ソフトコントゥアー)も

強いメリハリではなく自然なメリハリがポイント。

 

ソフトなシェードとソフトな入れ方という、

アイテムとメイク方法との組み合わせで作るのがコツです。

 

これなら夏まで挑戦できなかった方でも

チークの延長として気軽に始めることができるのではないでしょうか。

 

この秋、ソフトコントゥアリングにぴったりの新作コスメ

スポンサーリンク

コントゥアリングが日本でも受け入れられるようになったためか、

各ブランドとも安心して?ますます専用コスメの新作を打ち出してきています。

 

そこで今回は、そのうち室長も使ってみたい、あるいはもう買ってみた、

という新作を、デパコス・ミネラル自然派・プチプラから3点ご紹介します。

ヴァリアンブラッセ (コントゥア) / カネボウ

pin

2017年9月8日発売予定

セット価格 5,500円

 本体2,500円 (税抜)

 (別売り)カネボウ フェースカラーコンパクト 2,000円 (税抜)

 (別売り)カネボウ フェースカラーブラシ 1,000円(税抜)

全1色(01 Neutral Shade)

骨格を強調し、メリハリのあるすっきりとした顔立ちへ導くシェイデイング。
やわらかな光を忍び込ませながら、自然なつやと明るさを放つハイライティング。影と光とのコントラストでみせる立体感のある顔立ち。

この秋のカネボウの新製品はどれも魅力的。

なかでもこのヴァリアンブラッセ(コントゥア)は、絶対に試してみたいと思っています。

 

その理由はこの色味。

「ちょうどいい」という言葉がぴったりの絶妙なブラウンカラーと

ギラギラしない、少し弱くなった秋の陽の光のようなハイライトカラー。

まさにソフトコントゥアリングの極みです。

 

海外コスメのコントゥアコスメというと、ど真ん中のカラーはややグレーがかっています。

赤みのある系統のものもありますが、

どちらかというとそれはブロンザー寄りになって、かなりオレンジや赤みが強い感じです。

 

私も海外動画を見て、グレーがかった色が欲しい!と思っていたのですが、

実際に使うとちょっと汚れた感じに見えてしまうんです。

それはおそらく肌の色との相性だと思うのですが……

 

日本で作られたこのコスメは、日本人のためのシェード。

KANEBOブランドは、

自然な血色感を出す赤の色相の中心色である「5R」をコスメに採用しています。

 

引用元:カネボウ公式サイト https://kao-h.assetsadobe3.com/is/image/content/dam/sites/kanebo/www-kanebo-global-com/img/makeup/concept/img_concept_5r.png?fmt=png-alpha&wid=640

 

ですからこのコントゥアパウダーも肌色の延長のようになじみ、

自然なシェーディングとハイライトで輪郭をソフトに引き締めることができるみたい。

 

この秋、私が一番気になっているコントゥアコスメです。

使ったら、必ず使用感を書きますね。

ミネラルシマリングデュオ(ハイ&シェイド) / エトヴォス

エトヴォス(ETVOS)公式ショップ 自由自在に表情を彩り艶やかに演出するチーク/フェイスカラー「ミネラルシマリングデュオ」【etvos】【30日間返品保証】

5g 4,000円

全2色ですが、コントゥアリングとしておすすめなのは、このうちハイ&シェイド

自然なハイライトとシェーディングをいれるのにおすすめのセットです。

 

この商品のとてもよいところはミネラル処方・低刺激処方だというところです。

界面活性剤・シリコン・鉱物油・タルク・タール系色素・

防腐剤・ナノ粒子・香料・紫外線吸収剤はすべて不使用。

 

そして、石鹸とぬるま湯だけで落とせます。

普段のメイクでミネラルファンデーションなどを使っている方には、

コントゥアリングもミネラルでできるというのは、

メイク落としの負担も変わらなくてありがたいですよね。

マットフルールシェーディング / キャンメイク

 

キャンメイク マットフルールシェーディング 01

 

全2色 800円(税抜)

01ナチュラルブラウン

02ダークブラウン

 

こちらもプチプラなのに鉱物油・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤・香料不使用とお肌に優しいタイプ。

 

2色展開で、

01のほうがやや赤みが買ったブラウン、02がやや黄みがかったブラウンですが

どちらもとても柔らかい色合いで主張しすぎないコントゥアパウダーです。

ご自分の肌色に合わせて選べばいいですね。

 

私も早速購入してみましたが、プチプラとは思えない粉質の良さにびっくりしました。

柔らかいんですよね。そして良い意味で発色が抑えられています

ハイライトの白も、実際につけると透明感がでて浮くこともなくきれいです。

初めてコントゥアリングをしてみる、という方にぴったりだと思います。

 

メイク直し用に持ち歩くにも向いている小さいサイズなのですが、

その分、ちょっとブラシに取りにくいところもあります。

ブラシが付属していますが、これも小さめなので、

私はコントゥアリング用のブラシを使っています。

 

この秋も活躍する、ソフトコントゥアリングにおすすめのコスメ

すでにこのシーズン前に発売されているものの中にも

ソフトコントゥアリングにぴったりなものがあるので、2つご紹介します。

シェイディングチークスN / ルナソル 

 

【正規品・送料無料】ルナソル シェイディングチークスN<レフィル+ケース+ブラシ>+真実の鏡

コンパクトとレフィル別売り、セットで5,000円

 

とても自然で淡い濃淡のパウダーコンパクトです。

とくにほかのパウダーと比べてハイライトカラーが白っぽくないところが特徴的

強いメリハリになりすぎないので、ソフトコントゥアリングにぴったりです。

メイベリン フェイス ステュディオ Vフェイス デュオ スティック / メイベリン

 

《メイベリン》フェイスステュディオ Vフェイス デュオスティック(01ライト)

全2色 1,400円

色は 01ライト 02ミディアム の2色展開。

 

繰り出しタイプののスティックで、

ハイライトとシェーディングのダブルエンドになっています。

 

私は2色とも持っていて、もともとはミディアムのほうをよく使っていました。

それでも物足りない感じがして結局海外コスメを使うほうが多かったのですが、

最近はもっぱらこちらの01ライトばかり手に取っています。

 

黄みが強めのシェーディングですが、

肌色との差は大きくなく、その分結構大胆に使っても失敗がありません。

フェイスラインに入れたときに、首との差も出にくいのでとても自然です。

 

シェーディングカラーはソフトコントゥアリングにあっていますが、

ハイライトはパールがやや強めの白に近い色なので、

頬骨の上や鼻の先、唇の山の上など、ポイント的に狭い範囲に使うほうがおすすめです。

 

秋のソフトコントゥアリング おすすめのやり方

耳の穴と口角を結ぶライン、フェイスラインを中心に入れていきます。

面長の人であれば額の生え際にもいれましょう。

 

ソフトにするコツは、シャープなラインにしないこと。

そして耳と口角を結ぶラインはごく短めにすること。さらに、よく境目をぼかすこと。

頬骨の下だけでなく、

頬骨のチークを入れる部分に少しふんわりかぶるくらいにいれてもよいと思います。

 

使うコントゥアブラシは、小さくて毛足の短いものよりも

すこしフラッフィー(ふわふわ)なアングルブラシや

毛足長めのコントゥアブラシが向いていると思います。

コントゥアリングにおすすめの道具はメイクブラシ?動画では?

コントゥアリングにおすすめの道具はメイクブラシ?動画では?
コスメとメイクを愛するみなさま、こんにちは。室長のすこみみです。 メリハリ小顔を演出してくれるコントゥアリングメイクの人気はますます上昇していますね。専...

 

秋のソフトコントゥアリング まとめ

シェーディングとハイライトで小顔になる!コントゥアリング情報まとめ

当研究室のコントゥアリング情報のまとめ記事はこちら。随時更新!

  • 秋のファッションにもぴったりなソフトコントゥアリングについて、おすすめのコスメと入れ方をご紹介しました。
  • 色味の柔らかい影とギラギラしていないハイライトの組み合わせの国産コスメが増えていて、使いやすいと思います。
  • シャープになりすぎないよう、ふんわり短めにいれる、境目をよくぼかすなど、入れ方にも気をつけましょう。

 

写真に写った時、コントゥアリングしているのとしていないのとでは小顔度が違います。

これまでチャレンジしていない方も、この機会にぜひお試しくださいね。

 

いかがでしたか。

 

おそらく今後もコントゥアリングは輪郭メイクとして定着していくと思います。

その中でも、日本では今回ご紹介したソフトなコントゥアリングが定番化するのでは、と室長は予想しています。

今後もコントゥアリングメイクからは目が離せませんね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう