コスメとメイクの研究室|すこみみラボ

コスメとメイクの研究室 |すこみみLabo

乾燥肌・肌あれ

50代乾燥肌の私が「天野メソッド」を実践!正直な感想は?

天野メソッドに挑戦したアイキャッチ




こんにちは、室長のすこみみ(@scomimicosme1)です。

 

すこみみ室長アイコン
室長
今日はわたしが「天野メソッド」に挑戦した感想をお話するわ

 

「天野メソッド」はお肌のエイジングに悩む大人の女性にとっては、飛びつきたくなる美容法で、本も大人気で売れています。

 

けれど、実際に読んでみると、これまでのスキンケアの常識とは反対を行くことが結構多いんですよね。

 

あなたも、試してみたいと思っているけれど、もし失敗して肌荒れしてしまったらと感じて挑戦できていないんじゃないですか?

 

すこみみ室長困惑顔アイコン
室長
わたしも乾燥肌だから心配…だけど、興味もある!

 

ということで、この記事では好奇心が勝ってちょっと挑戦してみたわたしの感想を、天野メソッドのポイントと一緒に、正直に書いていきます。

 

やってみようかどうしようか迷っているあなたは、まずはこれを読んでみてくださいね。

 

ココに注意

スキンケアはじっくり続けることで出てくる効果もあります。今回はわたしが1か月程度試してみた結果であり、肌質も個人差があることをご了解いただいたうえ、お読みください。

 

「何歳からでも美肌になれる」とウワサの天野メソッドとは?

「逆転の美肌術」といわれる天野メソッドは、テレビ番組の「マツコ会議」に出演して、年齢不詳なその美肌が話題になった、小学館「美的GRAND(グラン)」編集長、天野佳代子氏(62歳)が行っている美容法のことです。

 

美的GRANDとは?

かんたんにいうと「美的」のお姉さん版。アンチエイジングを「年齢に抗う」という視点ではなく「自分を変える」というポジティブ視点で提唱している、40代からの美容雑誌です。

 

発売日 年4回発売
判型 A4判
バックナンバー 小学館

 

すこみみ室長アイコン
室長
わたしはその時のマツコ会議を見ていなかったので、ネットで天野さんの美容法を垣間見たのが最初の出会いだったの。

 

そしてそこで天野さんが書かれた美容本「何歳からでも美肌になれる!」を知り、早速購入しました。

 

 

「天野メソッド」のスキンケアはこれまでの常識をくつがえす内容

「天野メソッド」は、天野さんが若い頃無茶してお肌に与えたダメージをお手入れによってなくしてきた経験からまとめた、大人女性のための美容本。

 

室長(真っ青)
室長
わたしも同じバブル世代だからわかる!夏はハワイにテニス、冬はスキー(スノボじゃない)。まさに「SURF&SNOW」(byユーミン)で、肌には申し訳ないことをしていたわ…

 

created by Rinker
ユニバーサル ミュージック (e)

 

そのポイントのいくつかは、これまでわたしたち大人女性が信じてきたスキンケアの基本を衝撃的なほどに覆すものです。

 

 icon-bookmark 天野メソッド よくいわれる常識
「落とす」ことで肌は若返る スキンケアは「保湿」が命
スキンケアは朝しっかり・夜あっさり スキンケアは夜しっかり・朝あっさり
大人だからこそ角質ケアは毎日 大人の肌の角質ケアはほどほどに
化粧品は金額より使い方 化粧品は高価なものほど効きがいい
美容液を使えばシミもシワも巻き戻せる シミやシワは化粧品ではどうにもならない

 

表にあげた5つが「天野メソッド」の主張なんですけど、特にわたしが新しいな、と感じたのは、 icon-check-circle のついている3つ。(4つめの、高価なものをチビチビ使うよりもお手頃価格のものをたっぷり、っていう考え方は結構提唱されていると思うの)

 

だから、この3つについて、ちょっと詳しく説明しますね。

 

すこみみ室長ウィンクアイコン
室長
この記事ではエッセンスをまとめているので、しっかり確認したい方は、もちろん「何歳からでも美肌になれる!」を読んで下さいね。

 

「落とす」ことで肌は若返る

水をはねさせながら顔を洗う外国人の若い女性

「保湿は意味がない」みたいに読み取れるかもしれないけれど、これね、本をちゃんと読めばそうじゃないってわかります。

 

保湿もとても大切だけれど「そもそもちゃんと落としていないと保湿なんてできないよ」ということを言っているようです。

 

「落とす」「洗う」に重点をおく理由として、古い角質を落としたほうが代謝が良くなり、健康な肌が生まれるサイクルができるという皮膚科医の理論があるからです。

引用:天野佳代子「何歳からでも美肌になれる!」p.34

 

たしかに、28日周期と言われる肌の細胞のターンオーバーは年齢とともに遅くなって、40代では約40日周期になってしまうといわれます。

 

そうなるとシミもできやすくなってしまうし、いいことはありません。それを考えると「天野メソッド」が「落とす」スキンケアを真っ先に挙げているのはたしかにわかります。

 

じゃあどうやって「落とす」の?となりますが、それは、たっぷりのクレンジング料でメイクを「落とし」、クレンジング力の高い洗顔料で「洗う」ということ。

 

そうすると肌のトーンが上がって明るくなるから、汗・皮脂、そしてメイクはすべてキチンと落として洗いましょう、というのが「天野メソッド」の最優先事項です。

 

スキンケアは朝しっかり・夜あっさり

ソファーで寛ぎながら女の子がクレイマスクをして鏡を見ている

これはわたし的にはかなり新鮮な考え方。

 

夜はきちんと汚れを落として、美容液からクリームまできちんとお手入れしてから休みましょ、というのがスタンダードですよね?

 

でも「天野メソッド」では、夜はかなりあっさり。マスクや美顔器を使ったお手入れは朝にするほうが実感を感じやすいから、というのがその理由だそう。

 

すこみみ室長ウィンクアイコン
室長
夜にディープなスキンケアをしても、シーツや枕に持っていかれそうだから、とも書いてある。たしかに!

 

大人だからこそ角質ケアは毎日

肌のターンオーバーのイラスト

さっきも書いたとおり、28日周期と言われる肌の細胞のターンオーバーは年齢とともに遅くなって、剥がれ落ちるはずの角質は残ってしまい、厚みを増していってしまいます。

 

すると、シミができたり、くすんできたり…これを防ぐために、自分で剥がれてくれない角質層をお手入れで積極的に剥がすことを「天野メソッド」では提唱しています。

 

天野さん自身は、普段のケア以外に年に数回皮膚科の薬剤を使った角質ケアもするそう。

 

本では、朝の酵素パウダーでの角質落とし、夜のクレンジングバーム&クレイ洗顔での汚れ落としがインパクト大。

 

すこみみ室長困惑顔アイコン
室長
この3つは乾燥肌のわたしにとって、ものすご~く縁遠いアイテムなの。

 

50代乾燥肌の私が「天野メソッド」を試してみるとどうなる?

木のボウルに入った白い粉と木のスプーン

50代とはいっても、わたしの肌はシワやごわつきが目立つ、というほどではなく、くすみもあんまり気になりません。

 

でも、ちょうど今年の夏から9月頭にかけて、いつもはあまり気にならなかった肌のざらつきが、とくに額のあたりに出たんです。

 

かさつき、ざらつきがある状態だから、と思って保湿を一所懸命しても、なんだか入っていかなくて、これは角質が溜まっているのか!?と思ったころに「天野メソッド」と出会ったわけです。

 

室長すこみみのスペック

年齢 50代前半
肌質 乾燥肌、皮膚薄め、やや敏感
悩み たまに肌荒れする程度、わずかにシミ

 

このスペックで、角質を積極的に取るスキンケアが合うのかどうか、ちょっと心配ではあったけれど、「天野メソッド」スキンケアの基本の考え方を取り入れて、アイテムも揃えました。

 

「天野メソッド」でやったこと、使ったもの

自分がもともと持っていたものを活用しながら、これまでまず買ったことのない酵素パウダーやクレイ洗顔料などを購入して挑戦しました。

 

step
1
朝の洗顔、夜のクレンジング・洗顔

これぞ「天野メソッド」の真骨頂。買ったアイテムを紹介しながら使い方を説明します。

 

 

まずは朝の酵素パウダーですが、本当は本でもおすすめのオバジのパウダーにしようと思ったんですけど、たまたま他のアイテムを買いに行ったリサージで発見したのでそのまま購入。お値段はコレのほうがほんのちょっと高めで、まあ大体同じ価格帯といえます。

 

朝はこのパウダーを使って、少量のぬるま湯で泡立て、力を入れずになでるように洗います。石鹸や洗顔フォームと違ってあんまり泡立たないけど、規定量だけで十分です。

 

ココに注意

ここで力を入れてこすったら絶対ダメ!酵素で落とすのであって、力で角質をこそげ落とすのではありません。

 

夜のメイク落としですが、天野さんは長年クレンジングオイル派だったのを、さらにしっかり落とす目的でクレンジングバームに切り替えたそう。わたしも最近はしっとり系のクレンジングオイルだったんですが、たまたまストックのあった、DUOのクレンジングバームを使ってみました。

 

 

クレンジングを流したあとは、本でもおすすめされているリサージのクレイ洗顔料を使って洗顔。

 

 

リサージのミネラルソープはモロッコ産の天然クレイが入っているから色もグレー。これをぬるま湯で泡立てて使います。やっぱりあんまりモコモコしません。

 

これをやっぱりこすることなく、広げていきます。朝も夜も、洗顔料の力で落とすのであって、手で落とすのではない、という感じですね(これは他の洗顔料でやるときも同じ)。

 

ちょっと本で気になったのは「シャワーで洗い流すときは音が出るくらい強めに頬を叩く”ひっぱたきすすぎ”を」というくだり。

 

これはどうかなぁ…肌にハリが出る気がする、とあるけれど、科学的根拠はわかりません。

 

それから、シャワーを直接顔に当てるのはやめたほうがいいです。水圧が案外肌に刺激が強いのと、皮脂の取りすぎ、たるみの原因などが考えられるから。それにお風呂場でのシャワーついでだと、温度が高すぎになっちゃいます。

 

関連する記事

 

step
2
プレ美容液

プレ美容液?とはてなな感じでしたが、つまり導入美容液ですね。

 

角質ケアをしながら次の化粧品の入りを良くするアイテムです。色んなブランドから出ていますが、天野さんの本で紹介されているソフィーナのムースタイプの小さいボトルをたまたま持っていたので、こちらを今回は使いました。

 

 

ムースタイプなので、泡を手のひらにとって、やさしくつぶしてから顔にのばしてなじませます。

 

正直なところ、わたしはこのムースタイプのエッセンスがちょっと苦手でした。ヌルヌルしたテクスチャーが好きじゃない…あなたの場合は、自分にあった導入を使えばいいと思います。

 

すこみみ室長ウィンクアイコン
室長
ヌルヌルが落ち着いて、ちゃんと浸透してから次のステップにいってね。

 

step
3
化粧水orしっかり保湿ならシートマスク

化粧水はとろみのあるもの」が「天野メソッド」のおすすめ。乾燥がひどいときはシートマスクに切り替えて、とあったので、ちょっと乾燥していたわたしは、LDKでもおすすめされていたクオリティファーストのエイジング用シートマスクを使いました。

 

 

すこみみ室長大喜びアイコン
室長
このシートマスクはとってもいい!シートの厚みがちょうどよくて、3分後のお肌はしっとり、モチモチです。

 

ちなみに本では、このクオリティファーストのモイストタイプ「グランモイスト」をおすすめしています。

 

もうこれ以上入らないというくらいまで化粧水を入れ込むという、この段階の「超保湿」が夜まで乾き知らずの肌を作ると書いてあるので、重要ポイントですね。

 

step
4
美容液

シミ・シワ用の美容液をそれぞれ使うのが「天野メソッド」。顔全体に美白美容液、目の周りやほうれい線などにシワ改善美容液をつけます。

 

が、わたしは美白美容液は持っていなかったので、いつも使っているオールインワンタイプのエイジングケアジェルを全体に使った後、目周りにはいつものアイジェルとアイクリームを使いました。

 

関連する記事

 

step
5
クリーム

朝はさくらんぼ大、夜はパール粒大という「天野メソッド」おすすめの量が、やっぱり朝重視のスキンケアだってわかります。

 

とにかく、最後の仕上げはクリームで、とくにハリを求めてリフトアップ効果のあるものを使っている、とありました。

 

わたしは愛用のオバジのリフトアップクリームを使いました。朝にも使っているので、特に問題はありません。

 

 

本にも「肌を引き上げながら塗り込む」とありましたが、わたしもこれは引き上げ塗りをしていて、すると形状記憶されるのでおすすめです!

 

「天野メソッド」を実践した正直な感想は「やっぱりちょっとハードかな?」

お肌の手入れをしている外国人女性

1か月程度、この方法を試してみましたが、正直な感想としては「やっぱりわたしにはちょっとハードなお手入れ方法かな…」というものでした。

 

化粧水をしっかり入れ込むことや、美容液、クリームなどのアイテム使用は、普段のわたしとあまり変わらないので重さを感じることは少なかったのですが、いろいろと問題はありました。

 

ココが苦手だった

  • 酵素パウダーでの洗顔を日常にするのはキツイ!乾燥が進んでしまった。
  • 夜のクレンジングバームは強すぎ。クレンジングオイルがわたしの場合は強さの限界。
  • おすすめのソフィーナの導入美容液はベタついて嫌だった。他の導入ならいけそう。
  • とろみ化粧水やシートマスク、美容液やクリームは問題なし。いつもどおり。
  • ただし、これを全部朝やるって、時間的に無理…

あくまでもわたしの個人的感想です。あなたも肌質やその時の肌の調子で判断してね。

 

わたしの肌の薄さには、どうにもあの酵素パウダーを連日というのはハードすぎました。

 

そもそも酵素パウダーの使用法では、週に1回あたりの頻度がおすすめだったと思うので、わたしにはそのくらいがお似合いかもしれません。

 

ただ、天野さん自身の写真を見ると、本当に美肌!

 

この方法をあみだして、長年続けている天野さんがこのお肌なので、続けることによって変わってくる可能性はありますよね。

 

それから、角質ケア自体はわたしもとても大切だと思っていますから、使うアイテムを替えて、わたしの肌にあったやりかたを見つけて今実践中。これはまた報告しますね。

 

室長
朝、このお手入れをできるくらいのゆとりを持って出かける準備を…がいちばんハードだったりして。

 

 

まとめ|「天野メソッド」を実践するなら、まず考え方を理解しよう!

  • 天野佳代子さんの「何歳からでも美肌になれる!」を読んで「天野メソッド」に挑戦しました。
  • 「天野メソッド」の最大ポイントは「落とす」「朝しっかり」「毎日角質ケア」。
  • 50歳乾燥肌の室長すこみみに、毎日酵素パウダーを使う角質ケアはちょっときつかった。クレンジングバームでのメイク落としも中止しました。
  • ただし、正常なターンオーバーができなくなってくる50代に角質ケアは大切。アイテムや方法を替えて、引き続きやってみるべし!

 

「天野メソッド」自体は本当に目からウロコで、いくつになっても、若い頃どんなに肌を酷使していても美肌を諦める必要はないと、あらためて教えられました。

 

そして、そのままのやりかたやアイテムは中止しましたが、あらためて今の自分にあった方法やアイテムを丁寧にやってみて、わたしの肌の調子も上向きになっています

 

肌質によっては、そっくりそのままの「天野メソッド」がはまる場合もあるでしょう。

 

いずれにしても、大切なのはまずこのメソッドの考え方をよく理解して行動すること。「何歳からでも美肌になれる!」にはこんなメッセージがあります。

 

必要なのは、とりあえずはじめてみる気力と行動力です!

引用:天野佳代子「何歳からでも美肌になれる!」

 

あなたもあきらめず、もういちどきちんと自分の肌に向かい合ってみてくださいね。

 

スポンサーリンク



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

すこみみ

室長のすこみみです。メイクアップ認定講師資格持ってます。 雑誌やYouTubeなどで取り上げられるコスメやメイク、試してはみたもののどうも仕上がりがしっくりこない、オフィスには向かない、そもそも肌の悩みがあってメイクが映えない! 当研究室では、そんな悩みを持つオトナ女子が輝くためのコスメとメイク、そしてスキンケアを研究していきます。詳しいプロフィールはこちら

-乾燥肌・肌あれ

Copyright© コスメとメイクの研究室 |すこみみLabo , 2019 All Rights Reserved.