すこちゃんすこちゃん

室長、私パーソナルカラーの自己診断をやってみたんですけど…思ったより難しくて、わからなくなっちゃいました

室長室長

自分のことって案外判断できないのよね。わかるわ。

今、とても流行しているパーソナルカラー診断

 

メイクやファッションを

自分の肌色や髪の色にぴったり合わせたい!

と自己診断にトライした方も多いはず。

 

でも、なんとなく結果に満足できなかったり、

答えに迷ったりして、

難しい…と感じたこと、ありませんか?

 

そこで今回は、

パーソナルカラーの自己診断が難しい原因と、

室長が体験してよくわかった、

プロに頼むとよい理由についてお話しします。

スポンサーリンク

パーソナルカラーの自己診断方法は?これって当たるの?

パーソナルカラーの自己診断は難しい…その5つの理由とは?

関連記事>>2017コスメの流行は?パーソナルカラーや立体メイクが人気?

 

パーソナルカラー診断には

 

パーソナルカラーの自己診断方法
  • 選択肢から選ぶ質問紙
  • カラーシートや布とを使った簡易診断
  • スマホアプリを使った瞳の色による診断

 

といった自己診断方法があります。

 

ネットや雑誌・書籍にこれらのツールが多くみられるようになり、

試しにやってみた方も多いと思います。

 

…というか、

難しい!本当に当たるの?と感じて

ここに来てくださった方がほとんどかもしれませんね。

体験して分かった、自己診断が難しい5つの理由

すこちゃんすこちゃん

どうして自己診断って難しく感じるのかなぁ

室長室長

私が難しいと感じた理由を並べてみるわね

1.診断の準備が不十分だった!

パーソナルカラーを診断するときには、

周りの状況で判断がぶれないように

次のような条件を整えておく必要があります。

 

正しい診断ができる準備・条件
  • 顔にあたる光の色や明るさ
  • 顔はノーメイクのすっぴん
  • 洋服は白、もしくは白いケープをする

 

私が診断するときには

これが十分にできていなかったのです。

 

この条件について、もう少し詳しく見てみましょう。

 

顔にあたる光の色や明るさを整えるのはけっこう難しい

色の見え方は光によって変わってしまいます。

 

蛍光灯と白熱灯、

それぞれの下で鏡に映した顔の色は

違いますよね。

 

特に白熱灯はオレンジがかっているので

正しい肌の色が分かりにくいんです。

 

私の部屋は白熱灯タイプのLED電球を使っているため

夜にやっても正確な判断はできません。

昼間も時間帯や天気に左右されて

安定した明るさでは確認できません。

 

それに蛍光灯だとしても

光源の位置によっては影ができてしまうし、

距離によっても明るさが変わります。

 

明るさが適切なのかどうかわからないまま診断をしても

その結果には自信がもてません。

メイクをしたままだと正確にわからない

はじめのうちは

メイクしたままでやってしまいました。

 

それからついでにいうと、

最初にプロに見てもらったときは

ドレープを当ててもらったものの、

その時もメイクをした状態でした。

(簡易的な診断でした)

 

肌本来の色やクマやシミ、

これらの状態を見極めなければいけないのに

ファンデやチークなどを使っていたら正確な診断はできません。

色のある洋服を着たままでは正確にできない

これはしようと思えばすぐできる準備ですが、

 

白いTシャツでやればよいものを

他の色の普段着でしてしまっていました。

 

 

これでは洋服の色が肌に映ってしまったり

洋服の色が影響したりするため

やるたびに判断がちがってしまいます。

2.質問の答えを見極められない

チェックリスト

 

質問紙タイプの自己診断をしていると

かなり答えに迷ってしまいます。

 

たとえば…

 

答えに迷ってしまう選択肢の例
  • 髪 ⇒ やや赤みのこげ茶かソフトな黒/橙がかったこげ茶か緑がかった焦茶、など
  • 唇 ⇒ 橙がかったピンク/赤みが少ないか茶がかった赤紫、など
  • 瞳 ⇒ 赤みのこげ茶かグレイッシュな黒/緑がかったこげ茶、など
  • 服 ⇒ 黒やグレーが合う/茶やキャメルが合う、など

 

こういった質問が多いですよね。

 

これを見てわかるのが、

選択肢の色の表現がかなり細かくて高度。

っていうことです。

 

これでもかなり真剣に

鏡とにらめっこして考えるのですが、

素人がこんな微妙な色の判定、

客観的にできるわけがありません。

 

髪などヘアカラーをしているので

元々の色なんてわからなくなっているのでなおさらです。

 

そして服の色。

 

好きな色は似合って見えてしまうことがあるので、

これはかなり間違えてしまいそうです。

 

これらの質問に

客観性をもって答えられるなら

かなり自分のことを知っている方です。

 

日本人は

基本的にダークカラーの髪や瞳、

そして黄みのある肌を共通して持っています。

 

そして

肌の黄みや青み

そして髪の色調がはっきりしている人もいますが、

中間タイプの人もいるんですよね。

 

こんな微妙な違いの判断はプロでなければかなり難しいのではないでしょうか。

3.アプリがエラーを繰り返して信じられない

アプリで目の色を読んでもらおうとすると、

何度も何度もエラーになってしまいました。

 

結局は正解でしたけれど、

そんな苦労をして出てきた結果は

ちょっとにわかには信じられなかったです。

 

そして何度もやりなおすのが

結構面倒でした。

 

おそらくは

部屋の光の加減とか

顔とスマホカメラの距離とかの影響と思うので

きちんと撮れた方は問題ないと思いますが、

さらに精度が上がってくれるといいなとも思います。

4.ひとりでやるとわかりにくい

前のほうで書いた通り、

 

判断の難しい質問の回答を

一人きりで行うというのには少し無理があるかもしれません。

 

主観、しかも迷ってグラグラな主観で考えてしまうからです。

 

求めたい答えは客観的な事実なので

1にあげた条件を整えたうえで

冷静に判断しないといけないですね。

5.好きな色じゃないから信じたくない

思い込みや好みは目を曇らせてしまいます。

 

黒が好きだからいつも着ている

という人は、

それが似合うカラーグループだといいな、

と思うことでしょう。

 

そンな思い込みが自己診断を鈍らせる可能性は

十分にあります。

 

本当は

好きで着ている色が似あう色とは限らないのです。

 

本当に難しいですね。

カラーシートや布を使う自己診断は正確?

書籍についてくるカラーシートや

手持ちの色布で

手の色を判断する方法はどうでしょうか。

 

たしかに同じ人間の肌なので

簡単な判断は可能でしょうが、

日焼けしやすい手で判断しきれるのか、

ちょっと自信が持てません。

 

そう、

手と顔が同じ色かどうかよりも、

この「ちょっと自信が持てない」

というのが問題ですね。

 

でも

 

グッズと自分のパーツを使って実際に見てみる方法は

質問だけで答えを考えるよりはわかりやすいと思います。

室長が体験して分かった、やっぱりプロがいい理由

すこちゃんすこちゃん

ということは、やっぱり自己診断には限界があるんでしょうか

室長室長

あくまでも簡易的に知る、とわかったうえでならいいけれどね

自己診断が難しい!

という理由を考えてみたところで、

今度はプロにお願いするとなぜ良いのか、

プロにお願いするメリットについて、私の体験をもとに考えます。

プロにお願いした室長が感じたメリット

せっかくお願いするのだからと、

私はパーソナルカラー診断に加えて

ファッションアドバイスもお願いしました。

 

実際にかかった時間は

パーソナルカラー診断に2時間、

そしてファッションアドバイスに1時間程度。

 

こんなに時間がかかるんです!

 

なぜこんなに時間がかかるのかというと、

診断前の問診やパーソナルカラーの考え方などの説明、

実際にドレープやファンデーションのカラーチャートを当てての診断、

そして診断後の解説をとても丁寧にしてくださるからです。

 

私の受けたプロの方は、

けっして説得することはなく、

クライアントが心から納得できるまで

何度もドレープを当てて比較して説明してくださいました。

 

お聞きすると、

気になって診断を受けに来るクライアントには

何かしら悩みがあったり、

これまで受けた診断に納得がいっていなかったりすることが多いそう。

 

また、

好きな色と診断されたカラーグループが違うことも多いので、

心から納得して、

幸せな気持ちで帰ってほしいと思っているということでした。

 

こうしたカウンセリングは

プロとの対面でないとできないことですよね。

 

さらに私の伺ったサロンには、

 

肌色が正確に診断できるという、

午前10時ころの晴れた日の明るさを再現できる、

特別な光源が備えられていました。

 

これも自宅では再現できないことです。

 

メイクやファッションアドバイス、

ショッピング同行や断捨離指導までしてくれる方も多いですし、

このサロンのオプションにもありました。

 

自分一人で診断すると、

先ほども書いた通り、

どうしても自分の好きな色にひっぱられます。

 

プロに客観的に見ていただくことで、

そうしたバイアスがかからずに

本当に自分に似合う色を見つけられる。

 

これは大きなメリットです。

 

私はプロの方にしていただいて、

これまでの疑問も一気に吹き飛びましたし、

洋服選びやメイクもとても自信をもってできるようになりました。

過去の診断が間違っていた友人

私はその後、

過去の診断に納得がいっていない、

という友人も連れて行きました。

 

すると!

イエベと思いこんでいた友人は実はサマーだったのです。

 

とても丁寧なカウンセリングを

事前事後にしてくださり、

しかもしてくださったメイクがすごく似合っていたので

友人は大満足していました。

 

すでに思い込んでいる場合、

客観的な判断がないと気づけない場合も多いと思います。

実際にドレープを当てると顔の明るさでよくわかる!

ドレープを当てての診断は、

イエベとブルべのドレープを当て比べたり、

同じイエベでもスプリングとオータムを当て比べたりして

本当に顔色が明るく見えるのはどのグループなのか見ていきます。

 

これが本当に納得いきやすい方法なんです。

 

合わない色を当てると、頬骨の下に色が変に反射したり、

目の下にクマが出てしまったりします。

 

逆に似合う色だとクマが消えて、

頬にハイライトを入れたみたいな輝きが現れます。

 

友人の診断を見ていて気付いたのですが、

似合う色を当てられると、

無意識なのですが、眉間がパッと開くというか、

ものすごく明るい表情になるんですね。

 

自分はまな板の上のコイ状態なのですが、

一人であれこれ悩まずに安心してゆだねられる

というのも

プロにお任せする良いところだと思いますし、

友達と一緒に受ければ第三者の意見も聞けるので

すごく納得がいくと思いました。

結論はやっぱりプロ

自己診断(しかも何回も何パタンも!)、

アプリ、そして簡易的なプロの診断。

 

これらをすべて受けてきた私の結論としては、

明らかに診断しやすい色を持っている人なら別ですが、

やはりプロにお願いするのが一番なように思います。

 

また、

プロの診断の後でなら、

今流行の書籍もさらに有効活用できます。

 

 

プロの診断は一度だけでOK。けっして無駄な投資にはなりません。

 

ではどこでお願いする?プロの探し方はこちら

まとめ

パーソナルカラー診断とは?

 

条件をそろえたうえで自分を客観的に判断する…

パーソナルカラーを自己診断するのは案外難しいもの。

パーソナルカラーは一生変わりません。

この機会に、プロにお任せして、正確に見てもらってはいかがでしょうか。

 

関連記事>>パーソナルカラー診断が安いサロンや無料の方法は?春夏秋冬の芸能人って?

室長室長

見てもらえる場所もいろいろ。ぜひチェックしてくださいね

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう