アイキャッチ

 

室長のすこみみ(@scomimicosme1)です。

このシリーズでは、深爪で不格好だった私の爪が、育爪ケアによる深爪矯正で、どんな風に変わるのかを追っています。

 

室長室長

今回は3か月ぶりの経過報告!

 

育爪をはじめて6か月経過していますが、

 

  • 私はちゃんとケアを続けているのか
  • 今の爪はどうなっているのか
  • 今後どうするのか

 

画像を比較しながらセルフとサロンでの育爪の効果をまとめます。

 

スポンサーリンク

深爪矯正6か月でやったケアを振り返る

私が深爪矯正、いわゆる育爪をはじめたのは2018年3月のこと。

今が10月になったところなので、ちょうど半年、6か月が経過しました。

 

この間私は、

 

 

 ネイルサロンでの深爪矯正コース

 セルフケア

 

 

をまじめに続けました。

 

室長室長

その内容については過去の記事をご覧くださいね。

 

 

 

 

おかげさまで、サロン通いもセルフケアもきちんと続いています。

サロン通いは爪が変わると同時に徐々に間隔を広げていくので、今は4週間に1度という通いやすいペースに落ち着いています。

 

そしてもちろん、仕事の途中にも使えるネイルリペアセラムと、家庭でのオイルケアは続けています。

 

ネイルリペアセラムの画像

\ 爪でお悩みのアナタも2週間で驚きの効果を実感! /

●今なら毎月オトクな定期で特別価格2000円キャンペーン!

 

 
 
室長室長

とくにネイルリペアセラムは定期配送で届くのでラク!途切れることなくお手入れできます。

 
 
このケアを続けて6カ月後、私の爪はどうなったと思いますか?
 
 

深爪矯正半年経過!開始前後、途中経過の画像比較

 

室長室長

では、さっそく写真を見比べてみましょう!

 

開始したころの私の両手の爪はこんな感じ。

 

爪before①
\開始前左。ピンクの部分が短い…/
右手
\右手の開始前。/

 

そして、6か月後の今の爪がこちら!

 

爪右手

 

上が左手、下が右手の爪です。

 

室長室長

別人みたい!

 

クリアタイプのジェルをのせているので、ぷっくりツヤツヤです。でも大切なのは、爪のピンクの部分がすごく伸びて、もうこれ以上は伸びようがない、というくらいのところまで上がってきていること。そして、フリーエッジとの境目がキレイなカーブを描き、いわゆるスマイルラインが現れていること。

 

特に人差し指と小指は、爪のギリギリのところまで、もう肉が伸びているのでこれでほぼゴール。中指と薬指はあともう少し、オイルやネイルリペアセラムを使ってマッサージをし、育てる必要があります。

 

でももう少しで終わりそうです。

 

室長室長

全く違う人の爪みたいになって、とってもうれしい!

 

まとめ

 

正しいケアを続けていけば、短くて小さく、不格好な爪もこんなに細長い爪になってきます。

 

もうあと少しでケアは終了になり、深爪矯正は卒業になります。でも私の爪はもともと薄いので、この先もクリアジェルをかぶせることは続けるつもりでいます。

 

引き続いて経過をここで紹介していきますね。

 

ネイルリペアセラムの画像

\ 爪でお悩みのアナタも2週間で驚きの効果を実感! /

●今なら毎月オトクな定期で特別価格2000円キャンペーン!

 

 
 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう