コスメとメイクの研究室|すこみみラボ

コスメとメイクの研究室 |すこみみLabo

乾燥肌・肌あれ

シオリスSIORISのミスト化粧水を体験口コミ!使い方や成分は?

siorisのミスト

すこみみ

大人きれいを追求し続ける美容ブロガー/医療専門職/研修講師/広報担当のハイブリッドワーカー。メイクが好きすぎてメイクアップ認定講師まで取得した筋金入りのコスメマニア。髪も肌も目も思うとおりにいかなくなってきた50代を、楽しく・キレイに・軽やかに駆け抜けたい。詳しいプロフィールはこちら




シオリス(SIORIS)は2017年スタートの、まだ新しい韓国発ヴィ―ガンスキンケアブランド。

シンプルなルックスが魅力的で、化粧水からクリーム、シートマスクなど、いろんなアイテムがそろっています。

今回は、このシオリスの二層式ミスト化粧水、Falling into the rose mist を使ってみたので体験口コミします!

化粧品臭さなくて、自然でほのかな香りが気持ちいいミストで、お部屋の香りにも香水っぽいものを使うのが苦手なわたしはとっても気に入ってしまいました。

さっぱりタイプといいながら、使用後の肌はしっとり(でもべたつかない)。そしてメイクの上からでも使えるので、マスクで蒸れた後乾燥してしまう夏の日中ケアにもぴったり。

室長
乾燥肌のわたしでも気持ちよく使えたわ
こんな人におすすめ!
  1. 香りの強い化粧品は苦手
  2. 乾燥もベタベタもきらい
  3. 日中リフレッシュしたい
  4. メイクの乾燥崩れが気になる
  5. 肌にときどきうるおい補給したい
  6. 敏感肌でも使える物が欲しい
しっとりタイプもあるので公式でチェックしてね
すこみみ室長

\ 公式をチェック /

●新規会員登録で500ポイントプレゼント

 

ヴィーガンコスメってどんなもの?

室長
ヴィーガンていうと食べ物のことって思っちゃうけど…?

ココがポイント

ヴィーガンコスメは、ヴィーガンの食生活の定義である、卵、乳製品、ハチミツなどの成分は含まれていないものと同じで、動物由来の成分をいっさい使用していないコスメのことをいいます。

シオリスでは、化粧品の原材料をひとつづつ、流通や生産過程において環境や肌に有害がないかどうか丁寧に確認して、安全性の高い成分だけを使っているそう。もちろんそのぶん手間はかかるようですが「歩みがゆっくりで少しづつの生産でも、正直に創るものをそのままお肌に」という考えで生産しているということで、信頼がおけると感じます。

 

また、新鮮さにもとてもこだわっているようで、「主成分となる果物や花は収穫後すぐ低温減圧工法で抽出」「ほかの原料も原産地や製造日を厳しく管理し、製造後12か月以内の新鮮なもの」としているそうです。

じっさいに、シオリス(SIORIS)の公式ショップの商品ページには、その商品の原料の収穫年月、製造年月、1年以内に製造された原料の含有量の割合を「新鮮度」として記載しているので驚きます。

室長
こだわりを感じるし、信頼がおけるわね

 

シオリス(SIORIS)のミスト化粧水はどんなもの?

シオリス(SIORIS)には「さっぱり」「しっとり」と、2種類のミスト化粧水があり、どちらも「3in1オイルイン美容ミスト」と表示されています。

室長
3in1っていうのはトナー+ミスト+セラム機能ってことらしいわ

つまり、化粧水とミストと美容液の機能を併せ持つってことだと思います。

ミストって、スプレーしてからわりと短時間でカラッと乾いてしまうものも少なくないので、こんな風にスキンケアとしての機能が高そうなものってとても嬉しいですよね。

 

公式サイト をみると、さっぱりとしっとりの違いがよく分かるように説明されていて、その違いは美容オイル成分の割合、そして使っているオイルの種類のようです。

 

さっぱりタイプ”Falling into the rose mist”

3 in 1 オイルイン美容ミスト(さっぱり) Falling into the rose mist

引用元:シオリス公式サイト

 

今回わたしが使ってみたのが、こちらの「さっぱり」タイプ、”Falling into the rose mist ”。

絶妙なバランスの潤い水分と美容オイルとで 肌に素早く潤いを与え健康な肌へと導く美容ミスト。 朝晩の化粧水、外出先の潤い補給やメイク仕上げに。 サラリとした着け心地で華やかなローズの香りに包まれます。 界面活性剤不使用。

引用元:シオリス公式サイト

 

わたしの肌は敏感寄りの乾燥肌なんですけど、こちらはメーカー的には「中性肌」「脂性肌」向きみたい。ちょっとそれが心配だったんですが、使用感はあとで書きますね。

おうちスキンケアでは化粧水として使えて、外出の時には水分補給、さらにメイクをフィックス(固定)するためのミストとしても使える、というのは、こちらのタイプもしっとりタイプも同じのようです。

室長
二層に分離するのは界面活性剤を使っていないからよ

美容オイルは、肌への吸収力が高い植物性スクワランである、アルガンオイルやヒマワリシードオイルなどを使っていて、サラリとした着け心地のものになっています。

 

皮脂の分泌を妨げるシリコン系のオイルは使っておらず、肌の成分に近い植物性オイルなので、肌のオイルバランスを整えるため、脂性肌にも使えるんです。

+ クリックして下さい

チャ葉水、水、ペンチレングリコール、グリセリン、スクワラン、アルガニアスピノサ核油、ヒマワリ種子油、プロパンジオール、アサ種子油、ホホバ種子油、ムラサキ根エキス、香料、ダマスクバラ花ロウ、ダマスクバラ花油、カプリル酸グリセリル、クエン酸、ヒノキ葉エキス、ローズマリー葉エキス

 

ダマスクローズが使われているこちらの香りは「ローズ」となっています。

 

そして、「チャ葉水」や「ヒノキ葉エキス」は皮脂バランスをケアしながら肌の荒れを落ち着かせてくれる役割をしているみたいですね。

pH5.39の弱酸性で、アレルギーを誘発する可能性がある成分を排除。だから敏感肌でも使いやすいですね。

 

しっとりタイプ”TIME IS RUNNING OUT”

3in1オイルイン 美容ミスト(しっとり) TIME IS RUNNING OUT mist

※商品名が誤植になってるみたい… 引用元:シオリス公式サイト

 

中性肌や乾燥肌向きの”TIME IS RUNNING OUT mist ”は、シトラスの香りのミスト。

 

全成分の78%が新鮮な有機栽培のウメ果実水。絶妙なバランスの潤い水分と美容オイルとで、化粧水としても美容ミストとしてもお使いいただけ、肌に素早く潤いを与え、健康な肌へと導きます。洗顔後の化粧水、メイク仕上げのひと吹き、外出先のメイク直しや潤い補給に。

引用元:シオリス公式サイト

 

「お肌の荒れが気になる季節の変わり目から秋冬に溢れるほどの潤いを与えます。」とあるので、夏にはちょっと重いのかな、という感じがします。

室長
逆に、肌が痛くなるくらい乾燥する冬にはこちらを使ってみたい!

ミストって、つけた瞬間は「うるおう~」と思うのに、わりとあっという間に痕跡が消えて乾いてしまうものもあって、かえってつけない方がよかった…という時があるので、これはこれでとても気になります。

+ クリックして下さい

ウメ果実水、グリセリン、カンゾウ根エキス、マカデミア種子油(8%)、アラントイン、ヒマワリ種子油、プロパンジオール、β-グルカン、ニオイテンジクアオイ花油、水、トコフェロール、オレンジ果皮油、ホホバオイル(2%)、オウゴン根エキス、アミリスバルサミフェラ樹皮油、β-カロテン、ボタンエキス

 

もっとも多く入っている「ウメ果実水」は、成分の78%が有機栽培のウメ果実を凝縮したウメウオーターだそう。栄養素とミネラルが豊富で、肌に潤いを与え、紫外線からのダメージを防ぐ役割をしています。

 

それぞれのタイプの成分の役割については、公式にとてもくわしく書かれているので、そちらもごらんくださいね。

 

\ くわしくチェック /

●新規会員登録で500ポイントプレゼント

 

シオリス(SIORIS)のさっぱりタイプミスト”Falling into the rose mist”を体験口コミ

    3 in 1 オイルイン美容ミスト(さっぱり) Falling into the rose mist

ラベルがシンプルでとてもセンスがいい!

室長
使い心地も含めてレポートします

今回わたしが使ってみたのはさっぱりタイプのミスト”Falling into the rose mist ”。使ったのは春から真夏にかけてです。

 

容器やスプレー部分をチェック

ミストが二層になっています

わたしが持っているのは通常サイズの100ml。バッグインにぴったりの30mlもあります。

 

ヴィーガンコスメにぴったりのシンプルな容器で、ラベルもシンプル。とってもおしゃれで、わたし的には気分があがります。

ボトル裏のラベル

二層に分かれた液の色が女子力を感じさせます。好き♡

スプレーのノズルのアップ

スプレーのノズル部分。

 

スプレー部分は、普通のプラスチック製。

 

スプレーした直後の写真なので液体がノズル部分に残っていますが、液だれをすることはなく、わたしはずっと持ち歩いていますが液漏れ・液だれでバックがびしょびしょ…なんていうことはまったく起きませんでした。

 

実際にスプレーするとこんな感じです。

スプレーした時のミスト

見えますか?ミスト。

 

押しにくさやミストの出にくさはありませんでした。わりとたっぷり噴射されます。

 

使いかた


  • 軽く振って混ぜる

    振って混ぜたところ

    軽く振るとオイルと水分の層が混ざります

    上下にボトルを振って、オイル層と水分層を混ぜます。

    全体にピンク色になって、混ざったのがわかります。でも割とすぐにまた分離しはじめるので、すぐに顔にスプレーしましょう


  • スプレーしてパッティング

    ミストをスプレーします

    実際はもっと離した方が均一に、びしょびしょになりません

    顔から少し離し気味にしてミストをスプレーします。

    コツは、あまり近くでスプレーしないこと。このタイプのスプレーなので、近いと水の粒子も大きめになるし、「纏うというより濡れる」感じになってしまうし、パッティングするときにメイクが落ちてしまいそう

    離してスプレーすると、ふわっとローズの自然な良い香りがして、気分もとてもよくなるし、パッティングもやさしく肌を押さえる程度でよくなじみます

 

ココがポイント

ほかに、コットンに含ませてコットンパックする使いかたもあると公式サイトには紹介されています。

 

使用感

室長
香りとちょうどよいしっとり感が気に入ったわ!

夏でも使いやすいちょうどよいしっとり感

まず私の気に入ったところは、夏でも使いやすい、ちょうどよいしっとり感です。

 

ベタベタするくらいのしっとり具合だと、わたしの場合、かえって肌に負担となってかゆみを感じたりしますが、これはそんなこともありませんでした。

メイクも密着、マスクへの汚れ移りは気にならない

かといってさっぱりしすぎることもないので、使ったら使っただけちゃんとしっとりして、メイクも密着します。

 

そしてこれは今ならではですが、ミストをした後すぐにマスクをしても、汚れ移りが気になるようなことはありませんでした

肌から離してスプレーするのがベスト!

上で書いたように、肌に近いところでスプレーすると、ミスト感が減って濡れた感じになってしまいますが、これはこのタイプのスプレーポンプだったら普通ですよね。あと、例えばクラランスのミストだと何回もシュコシュコしないといきわたらないんですが、これは2回くらいで全顔いけるので、効率的に感じます。

室長
ユーザーの使いかたの問題だと思うので、ちゃんと顔から離してスプレーしましょう!

ほんのりローズの香りに癒される

そして香り。

 

濃いローズの香りは、実はわたしは苦手なんです。でも”Falling into the rose mist ”は自然な、ほんのりローズ、という感じの香りなので、とても癒されます。

室長
寝る前にスプレーしたらリラックスできる…うっとり。

 

乾燥肌のわたしがつかっても、時間とともに乾燥が増すようなこともなく、ミスト状化粧水としては、わたしはかなりのお気に入りになりました。

 

春夏、そして残暑の秋口なら、乾燥肌の人も、しっとりタイプの”TIME IS RUNNING OUT mist ”よりも、こちらの”Falling into the rose mist ”のほうがよいのではないでしょうか。そして乾燥がきつくなる季節になったら、”TIME IS RUNNING OUT mist ”も使ってみたいな、と思っています。

\ くわしくチェック /

●新規会員登録で500ポイントプレゼント

 

まとめ|シオリス(SIORIS)の二層式ミスト化粧水、とっても好き!

  • 韓国発のブランド「シオリス(SIORIS)」は、新鮮な材料からすぐに製造したスキンケアアイテムを提供するヴィーガンコスメブランドです。
  • シオリスの二層式ミスト化粧水は「さっぱり」と「しっとり」の2種類あります。
  • 今回乾燥肌のわたしが使ってみたのは「さっぱり」タイプの”Falling into the rose mist ”でしたが、春~秋口はこれで十分と感じる良品でした。
  • 化粧水として、また外出時の水分補給ミストやメイクのフィックスミストとしても重宝するアイテムで、いつもバッグに忍ばせておきたいと思いました。

 

室長
結論をいうと、とっても好き!

今回初めてシオリスを使ってみましたが、製品づくりへのこだわりや使う人への思いが感じられる、素敵なブランドだと思いました。

 

それだけでなく、ちゃんとパッケージにもセンスが感じられて、持ち歩いてもドレッサーの上に置いておいてもおしゃれなので、ほかのアイテムも使ってみたい…

 

安心して使えるブランドだと思うので、気になる人は一度公式をチェックしてみてくださいね。

\ くわしくチェック /

●新規会員登録で500ポイントプレゼント



  • この記事を書いた人

すこみみ

大人きれいを追求し続ける美容ブロガー/医療専門職/研修講師/広報担当のハイブリッドワーカー。メイクが好きすぎてメイクアップ認定講師まで取得した筋金入りのコスメマニア。髪も肌も目も思うとおりにいかなくなってきた50代を、楽しく・キレイに・軽やかに駆け抜けたい。詳しいプロフィールはこちら

-乾燥肌・肌あれ
-

© 2021 コスメとメイクの研究室 |すこみみLabo