スポンサーリンク


コスメとメイクを愛するみなさま、こんにちは。

室長のすこみみです。

 

コスメ大好きのすこみみですが、

当然スキンケア研究にも一所懸命です。

 

特に大好きなコントゥアリングやベーキングは

メイクが厚くなりやすいため、

クレンジングとその後のスキンケアはとっても大切。

 

コントゥアリングやベーキングの注意点についても書いています

化粧崩れを防止するベーキングメイクとは?海外で流行のメイクテクニック?

 

特にクレンジングをきっちりすると

その後のスキンケアの入り具合が違うのですが、

オトナの肌はターンオーバーも遅くなってくるのが悩みどころです。

 

そこで今、私がトライしているの酵素洗顔

今回は、敏感肌にも優しいという酵素洗顔料、こちらの

アクアヴィ クレンジングクリームをモニターで使ってみたので、

酵素洗顔の魅力とともにご紹介します。

アクアヴィ クレンジングクリームの詳細はこちら>>

酵素と酵素洗顔

酵素って何?

酵素洗顔の洗顔料が多くのメーカー、ブランドから出ています。

だけど、

なんとなく肌に良さそう……

という感じるにとどまり、

きちんと説明できるほど理解していませんでした。

 

そこでまずはきちんと酵素について勉強してみました。

酵素とは

酵素は、タンパク質や脂肪の分解、呼吸・代謝など

私たちの身体の中で起こる、あらゆる生体反応を行うために必要な物質。

つまり、食べたものを消化吸収し、

取り込んだ栄養をエネルギーにしてくれるのは

酵素のはたらきによるものです。

消化酵素と代謝酵素

体内で作られる酵素は、

  • 消化酵素
  • 代謝酵素

のふたつに分けられます。

消化酵素

消化を助けるための酵素が消化酵素。

食べ物を消化分解し、吸収するための酵素で、

唾液に含まれ、でんぷんを分解するアミラーゼはその代表です。

このあたりは、高校の生物で習った記憶がありますね。

代謝酵素

吸収された栄養を細胞に届け、

新陳代謝や有害物質除去、免疫力アップに寄与するのが代謝酵素です。

酵素洗顔料に使われている酵素は?

「消化酵素」「代謝酵素」という分類は、酵素の働きによる分類です。

これとは別の分類の仕方で、食べ物に含まれる酵素を「食物酵素」と呼びます。

 

こうした酵素のうち、

酵素洗顔に使われるのは、「消化酵素」と「食物酵素」だそうです。

酵素洗顔とその魅力

「タンパク質や脂肪の分解」が

酵素の役割の一つであるのは先ほど書いた通りです。

 

この役割が、酵素洗顔においても重要です。

 

肌のくすみやざらつきの原因は、古い角質。

その角質は、たんぱく質であるケラチンでほとんどができています。

 

だから、黒ずみやざらつき、そして余分な皮脂をおとすのに、

タンパク質や脂肪の分解をする酵素はぴったりなんですね。

アクアヴィ クレンジングクリームの詳細はこちら>>

アクアヴィクレンジングクリームの特徴

スポンサーリンク


アクアヴィを販売している運営会社、

マルキョウアネット株式会社は、なんと野菜生産メーカーなんです。

 

作っているのは野菜生産メーカー!

野菜生産と化粧品、

素人にはパッと結びつきません。

とても不思議に思ったので、

なぜ化粧品を作るに至ったのか調べてみると、

 

野菜作りを続ける中で土壌のミネラルと酵素に注目した結果、

このアクアヴィというスキンケアシリーズが生まれたのだ

ということがわかりました。

地球上の命があるところには必ず水があり、

命のあるところには酵素があります。 

肌細胞の中にも酵素がありますが、

これらの酵素を循環させるのがミネラルなのです。

アクアヴィは、この「ミネラル」や「酵素」に着目した化粧品。

肌のターンオーバー(循環)を整えることで、

肌そのものを根本から元気にし、モチモチの美肌に導いていきます。

引用元:http://marukyo-a.net/

 

皆様に喜んでいただける良い野菜を研究する中で、

改めて人間と「ミネラル」との重要性を感じさせられました。

そして、食材だけではなく化粧品として

バランスのよい「ミネラル」をお届けする事で、

より多くの方へ、多くのシーンで、

健康へのお手伝いができるのではないか?と考えつくられたのが、

このAQUAVI [アクアヴィ]シリーズです。

引用元:http://aquavi.net/about/origin.html

生産農家の奥さんがアトピーで悩んでいるのを見て、

社長が化粧品づくりをしようと思ったエピソードも出ていました。

 

実は私もひどくはないのですが

子供のころからアトピー体質。

このエピソードにはとても惹かれました。

体の中に入れて安心なものをつくろうとしているメーカーですから、

顔につけるものについてもきちんと作ってくれそうですものね。

アクアヴィクレンジングクリームの特徴

さて、アクアヴィクレンジングクリームの特徴です。

 

こちらは泡立てるタイプのクレンジングクリームです。

泡が、メイクや皮脂などの汚れをくるんで落としてくれるので、

不必要な摩擦を加える必要がなさそうです。 

 

しかも環境への配慮もばっちりで、

これで洗顔した後の排水は、水質もきれいにしてくれるそうです。

使用レポート

使い方

使い方はとても簡単。

  1. まず、ぬるま湯で顔を数回すすぎます
  2. 手のひらに豆一粒大くらいを取ります

    (ちょっと写真は多めになってしまいました)
  3. 泡立てます。
    泡立てネットを使うのがおすすめです。
    泡立てたらこんなにもこもこで、しかもかなりもっちりの泡が!
  4. この泡を顔につけ、
    手ではなく泡でマッサージするように洗います。
  5. すすぎます。

※マスカラのようなしっかりメイクには
 アイメイクリムーバーなどの専用クレンジングを、と書いてあります。

使用感

結論から言うと、とても気持ち良い使用感です。

ポイントは、こんな感じ。

  • 泡がモチモチ!弾力があってとても気持ちいい。
  • そんな泡なので、顔に乗せたときのクッション感たるや!
  • 泡でマッサージ、と書いてあるとおり、
    手は全く肌に触れないままクルクルできます。
  • すすぎやすい。泡切れはスッキリ!

予想以上のしっとり弾力のある泡だったので、

早く肌に乗せてみたい、という感じでした。

そして実際上に書いた通りの使用感だったので、

とても気持ちよくメイクを落とすことができました。

使用後の感想

顔に乗せる前に手で試してみたのですが、

洗い流した後の手がこちら。

とてもすっきり、ちょっとくすみぬけしてる?

という感じでした。

 

自然派というと、

わりとさっぱりするというイメージがあるので

どうなるのかな、と思いました。

それに、ちゃんとメイクが落ちるのかも心配だったのですが……

  • ベースメイク、ちゃんと落ちます!肌残りなし。
  • 水気を切ったあとは、ちょっとキシッとする感じですが、
    カサカサにはなりません。
  • 後のスキンケアの吸い込みがとてもいい。
  • 翌朝しっとり。

という感想を持ちました。

 

 

そう、洗顔後の導入美容液や

愛用のオールインワン美容液、

すべてとても吸い込みが良かったんです。

 

おお、これは翌朝期待できるかも……

 

と思った翌朝。

本当にしっとりでした。

 

クレンジングクリームそのものの効果なのか、

ちゃんと落ちたから、そのあとのスキンケアの効果が上がったのか、

というところはわかりませんが、

とにかく睡眠不足気味だったのに

化粧ノリが良かったのには助かりました。

 

このまましばらく使い続けてみて、

さらにどうなるか確かめてみたいと思います。

アクアヴィ クレンジングクリームの詳細はこちら>>

アクアヴィはこんな人におすすめ!

  • 肌がざらつく
  • メイクのノリが悪い
  • 毛穴の黒ずみがある
  • 肌ぐすみが気になる
  • しつこいアダルトニキビがある
  • 敏感肌
  • 乾燥肌

こうしてみると、

いわゆる「年齢肌」の方にぴったりのようです。

私は「敏感肌」「乾燥肌」が当てはまるので、

これからの効果が楽しみです。

 

使い切ったらまたレポートしたいと思います。

購入方法は?

アクアヴィのシリーズは、公式サイトで購入できるとのこと。

アクアヴィ クレンジングクリームは、120gで通常価格は¥4,104。

少々お高いようにも思いますが、

一本で3か月は持つようです。

しかも定期便なら¥3,244で購入できます。

アクアヴィクレンジングクリームについては、こちらから購入できます>>

まとめ

最新記事:ビューティブレンダーの使い方5選!おすすめ動画もご紹介

 

  • アクアヴィ クレンジングクリームは、野菜生産メーカーが作ったクレンジング
  • 野菜生産にかかわって20年の経験が生かされた、ミネラルコスメ
  • モチモチの泡で洗う、酵素洗顔料
  • 洗った後はスッキリ、後のスキンケアがしっかり入りそう

いかがでしたか。

私は去年からクレンジングジプシーで、

すこしでもいいものを、といろいろ試してみています。

今後も良い商品を見つけたらご紹介していきますね。

スポンサーリンク


 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう