スポンサーリンク


コスメとメイクを愛するみなさまこんにちは!

室長のすこみみです。

 

アイメイクの上達のカギとなる、

良質なアイシャドウブラシ選び

のシリーズの第3回。

 

前回は中間色用ブラシをご紹介しました。

メイクが変わる!おすすめアイシャドウブラシ|中間色編

今回は、

目元に深みを持たせ、立体感を作る

締め色シャドウのためのおすすめブラシ

について、またまたディープにお送りします。

 

今回も、おすすめブラシそれぞれについて、

  • 価格
  • 特長
  • 評判
  • 海外レビュー動画と要点
  • 私の印象
  • 効果的な使い方

を基本にまとめていきますね。

 

それではまず、

印象的な目元を作る締め色シャドウとそれに適したブラシ

について考えてみましょう!

陰影をつくり、瞳を印象的づけるのが締め色の役割

関連記事:メイクブラシのおすすめブランドは?詳しく紹介!Part1

 

相手に自分を印象づけるのは瞳

前回わたしは

「アイメイクで作りたいのは立体的で大きな目」

「そのために上手に光と影を作ることが大切」

といいました。

 

なぜ立体的で大きな目を作るのでしょうか。

それは、目、とくに瞳の、相手に与える印象はとても強いからです。

 

瞳は、

カラーコンタクトをしない限り、

色を加えたり大きくしたりすることができないところ。

 

だから、

光と影を操り、目元の立体感を強調することによって

瞳をしっかり印象づけるアイメイクが大切なのです。

 

その中で締め色は、

明るいベースやハイライトカラーと対比させることで

彫りを強め、奥行きを出す役割を持っているのです。

彫りを深める締め色に適したアイシャドウブラシとは?

目元に影を作って引き締める締め色シャドウは、

ダークブラウンやダークグレーのような濃い色。

それを上まぶた(時には下まぶたにも)のキワに細く、

あるいは目尻を囲むように、

狭い範囲に深みが出るように入れていきます。

 

それに適したアイシャドウブラシは、

細く面積も小さいものです。

 

一般に、平筆のスマッジブラシ・シェーダーブラシの小さいものや、

鉛筆の先のように少し尖ったペンシルブラシ

もう少し大きい、つくしのような形のつくしブラシ

などがこれにあたります。

また、時にはアイシャドウチップ

少し色を強くいれることもあります。

 

どのような強さ・濃さで締め色を入れるのかによって、

最も適したものを選ぶとよいと思います。

おすすめ締め色用アイシャドウブラシ2選+同タイプ

スポンサーリンク


では実際に私も使っている物から、

締め色に使うのにぴったりな

アイシャドウブラシをご紹介します。

そして、似たタイプのブラシもそれぞれと一緒に書いておきますね。

 

例によってですが、

国内外の各ブランドに似たようなブラシがありますので、

実際には特徴や使い方など参考にしながら、

ご自分が一番気に入るもの、

あるいはご自分の目の大きさや形に一番合うものを選んでくださいね。

(とはいえ、やっぱりここに出てくるブラシは優秀です)

MAC #228 ミニ シェーダー ブラシ

pin

価格 ¥3,672

公式サイトはこち

製品の詳細
  • 素材は天然毛
  • 程よいコシのあるブラシ
  • 毛先は小さく平ら
  • 目のキワなどにシャドウをのせるブラシ
  • 細部にも正確につけることができる
評判・クチコミ
  • ブラシをこれに変えたところ、発色、伸びともに、同じ車道と思えないほどきちんと色が出る
  • 付属チップで塗った時とは比べ物にならないくらい色がしっかり出る
  • このブラシを使い始めてからは、シャドウの減りが少なくなった
  • メイクが綺麗にできるようになった
  • 細かい部分に色をのせるのに便利
  • 毛が柔らかいので敏感肌の人にもおすすめ
  • 引き締め用のラインが引きやすい
  • ラインを太くも細くもでき、ぼかしも適度にできる
  • 締め色や、派手な色味をポイントでのせるときに使っている
  • 濃い締め色をしっかりのせられる
レビュー動画

YouTuberのWomen’s Best Choice Makeup Brushesさんのレビュー動画です。

レビューの要点

  • この動画シリーズにおけるレビューポイント5.0で5つ星
  • 色をのせたいところにきちんと乗せやすい
私の印象

ごめんなさい。

このブラシは持っていないんです。

というか、このブラシの代わりとして、

Sigma E21を買いました。

Sigmaも使いやすいのですが、

本当のところ、このブラシも欲しいと思っています。

同じタイプのブラシ
Sigma E21 – SMUDGE BRUSH

価格 $15.00

上に書いたように、

私がMAC#228の代わりに購入したブラシです。

  • 大きな違いは素材。MACは天然毛、Sigmaは合成毛
  • MACもチクチクしないようですが、
    Sigmaは本当にチクチクしないので敏感肌さんにおすすめ
  • 毛の長さはMACのほうが少し長いように思います。
  • MACのアーティストさんと同じ使い方をして、ほぼ同じような仕上がりが得られます。
効果的な使い方
  • アイラインや締め色シャドウを目尻に太めに入れ、それをぼかすように
    平らな側面を使って小さく動かす
  • 毛先の細い部分を使ってアイライン代わりにシャドウを入れ
  • 以前にも紹介したYouTuberのsasakiasahiさんがMACのアーティストの方に
    パーティメイクを教えてもらっている動画でラインをぼかすのに登場します。実はこの動画、前後編ありますが、私の超お気に入り動画です。このアーティストさんの教えの通りに結婚式のゲストメイクをしました(同じコスメを使って!)が、すごくきれいにできました。
    #228が登場するのは2:28頃から。

MORPHE E36 – DETAIL CREASE

 

価格 $ 4.99

公式サイトはこち

製品の詳細
  • 素材は合成毛
  • ブラシ部分はかなり小さい
  • 毛は密集して植わっていて、先細りのテーパードタイプ
  • クリースに色を入れるときや目尻を囲むようにV字に色をのせるのに適している
評判・クチコミ

日本の方のレビューがほとんどないので、海外のブログを中心にレビューを探してみました。

  • 先が小さいので広げすぎずに色を置くことができる
  • 狭い範囲に色を乗せ、周囲とブレンドするのにぴったり
  • 誰もが持っておくべきブラシ
  • 柄が軽量で持ちやすいので、ブレンドするときに楽
レビュー動画

またまたhitomiさん動画です。E36のレビューは0:25頃から。

レビューの要点
  • 本当に小さいブラシ
  • 細かいところやグラデーションが十分できていないところをぼかすのに使っている
私の印象

これは私も愛用のブラシです。私は

  1. 目尻をV字に囲む
  2. 上下まぶたの際(下は目尻1/3)に締め色を乗せる
  3. アイラインをぼかす
  4. クリースを強調する(グラデーションの最後)

というそれぞれでこのブラシを使っています。

 

小さい小さいブラシです。

ペンシルブラシよりは毛先が丸いのでぼかしに使いやすいです。

短い毛が密集しているのでふわふわというより硬め。

でもちっとも痛くありません。

同じタイプのブラシ
MORPHEのE(EliteⅡ)シリーズ

pin

E36と同じシリーズには同様のタイプが大小さまざまあります。

36が一番小さいと思うのですが、

締め色に使えるのはほかにも

  • E17 – CREASE PRECISION BLENDER(左の写真) 価格 $ 6.99
  • E18 – ROUND CREASE(右の写真) 価格 $ 5.99

がおすすめです。

効果的な使い方
  • 色を強めに出すときは、やや短めに持ってポイントを強めるように色を乗せる
  • ぼかしをきかせるときは柄の先のほうを持って力を抜いて
  • 毛先をポイントに乗せて、くるくるする。(してもチクチクしません)
    この「くるくるする」は海外動画だと‘circular motion’ということばで
    アイメイクのチュートリアル動画によく出てくるのでチェックです!
  • hitomiさんがこれを使って実際にメイクしている動画はこちら(2:39あたりで登場)

締め色アイシャドウにはチップもおすすめ

締め色はやはり強めに色を出したいので、

チップを使って乗せるのもおすすめです。

2つご紹介します。

資生堂 アイカラーチップ・太 202

出典:http://www.shiseido.co.jp/sw/products/SWFG070410.seam?shohin_pl_c_cd=088301

価格 ¥864

公式サイトはこちら

製品の詳細
  • 長さ153mmと柄が長い
  • まぶたの丸みにフィットし、むらなくぼかせる
  • 資生堂のチップには太・細2タイプあり
評判・クチコミ
  • チップはふかふか、色をきれいに乗せやすい
  • しっとり肌触りが良く、アイシャドウが粉飛びしない
  • ぼかしに最適
  • 製品の持ちが良い
  • スポンジクリーナーでお手入れできる
  • 数本持って使いまわししている
私の印象

これは、1992年発売!の永遠の定番商品。

私ももうずーーーっと愛用しています。

藤原美智子さんがよく使っていらっしゃいました。

 

クチコミのまとめにあるように、チップの質が良くて、

しっとりしているので、

ほんとうに粉が綺麗に取れ、乗せることができます。

 

下に書いた通りに使おうとしても、うまくできないチップもあります。

これならバッチリできるんですよね、

だからチップとしては最高に好きです。

効果的な使い方
  • 目のキワに面を使って色を乗せたら、目の幅いっぱいに往復させ、
    徐々に上に向かってワイパー塗りしていくと上手にぼかせます
  • さらに締め色については、チップの先にシャドウを取って、先を立てるようにしてつけます

0:27頃からこのチップを使っています。

ザ・ダイソー アイシャドウチップ ジョイント式

価格 ¥108

製品の詳細
  • 昔懐かしいロケット鉛筆のような形状
  • キャップ+チップ4本がジョイントできて、約10㎝の長さになる
  • 6本ジョイントタイプと2種類売られている
評判・クチコミ
  • キャップがついているのでポーチに入れても汚れない
  • 使い捨てできる値段がうれしい
  • 安いので買い占めている
  • 6本ジョイントのほうはチップがつるつるしていて粉含みが良くない
  • 4本のほうはチップが柔らかすぎる
  • 長さがある分、持ちやすいので気に入っている
  • スポンジ部分も刺激も感じない
私の印象

100均商品でこれはすごく便利で使える子です。

チップの質自体は、値段相応です。

正直なところ、シャドウパレットに付属のチップよりも質が落ちます。

2枚のスポンジを貼り合わせました、という感じのチップなので、

先がその合わせの部分になるわけです。

そこは薄くて硬めになってしまう。

だから細かい作業はしにくいかなー、と。

 

でも、この長さが良いんです。

ジョイントした結果、

資生堂のチップと同じくらいの長さになるので、とても持ちやすい。

 

そして惜しみなく使い捨てできる。

私もお店にあったのをとりあえず買い占めて使っています。

効果的な使い方
  • 平面部分の先に締め色のシャドウを取って、目尻のV字にトントン乗せる
  • ぼかしにはあまり向かないかもしれないので、締め色専用に使うといい(と思います)
  • またまたhitomiさんの動画ですが、締め色に使っています。4:45頃から。

まとめ

メイクが変わる!おすすめアイシャドウブラシ|ベース編

 

  • 締め色は、明るいベースやハイライトカラーと対比させることで彫りを強め、奥行きを出す

  • これに適したブラシは小さめで毛も密集したシェーダーブラシやペンシルブラシ

  • おすすめブラシ① MAC #228 天然毛でコシがあり、細部にも正確に色が乗せられる

  • ①と同じタイプならSigmaE21もおすすめ
  • おすすめブラシ② MORPHE E36はペンシルブラシに近いタイプ。合成毛で扱いやすく、締め色にもクリースワークにも使える
  • ②と同じタイプなら大きさが少しずつ違うMORPHE E17、E18がある
  • 締め色ならアイシャドウチップで乗せるのも手。資生堂アイカラーチップ太202がおすすめ
  • ザ・ダイソーのアイシャドウチップジョイント式は、ロケット鉛筆式で長く、使い勝手が良い

いかがでしたか。

おすすめブラシをシリーズで3回掲載しました。

どこのブラシが良い、ということよりも

そのブラシの何が良いのか、

というところを参考にしていただくと、

他のブランドからも選びやすいと思います。

 

ブラシシリーズ、

近いうちに、今度はコントゥアブラシやチークブラシ、

アイブロウブラシなどもご紹介できればと思っています。

どうぞお楽しみに!

スポンサーリンク


こちらの記事もあわせて読むと、

メイクブラシやスポンジの最新情報がわかります!

選び方・使い方で仕上がりが変わる!メイクブラシ・スポンジ情報まとめ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう